即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継
お知らせ
●携帯端末で即時更新しています。
●後から写真を貼り付けていきます(なるべく翌日朝までに)。
●月別アーカイブ、カレンダーの日付けから入っていただくと、記事を古い方から順にお読みいただけます。
コメントについてのおことわり

 | ホーム |  次の頁→

DSC00965.jpg
本日の昼食は、ここしかないと決めてやって来た長尾中華そばです。花見の旅で初めて訪れて美味さに感動して以来の再訪です。この時を楽しみにしていました。
いくら日曜日とはいえ、正午を待たずに既に九割の客入り、私の直後に入った六人の家族連れは空席待ちとなりました。凄い盛況です。

DSC00966.jpg
前回は初めてということで、最も基本のあっさりスープとちぢれ麺の組み合わせでいただきました。今日はこれと対照的に、こく煮干しスープと手打ち太麺の組み合わせです。前回と同様に250円足して豚バラチャーシューを追加しました。
同じ煮干し出汁でありながらまるで違う仕上げのスープですが、こちらも素晴らしい美味。本当に美味いスープです。ただし手打ち太麺は表面がつるつるの仕上げでスープが絡まないので、他の麺との組み合わせも要検証です。チャーシューも絶品。

あっさりとこく煮干しが半々のあっこくスープも大いに気になるし、他にも何種類かのスープがあります。この店ならきっとどれも美味いのでしょう。全部試してみたいです。青森に来る度に欠かさず食べたくなる、至高のラーメン店です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00963.jpg
青森の市街地に入りました。具合よくヤマダ電機が現れたので、SDカードを購入します。
宿毛で予備のSDカードを購入し、佐渡島で前のカードを使い切って切り替え、それ以降約二週間予備のカードがない状態でしたが、これが解消されました。

DSC00964.jpg
しかもちょうど求めていた16Gのカードが日替わりの特価品で売られているという僥倖です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00962.jpg
ただのスーパーでした(笑)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00961.jpg
夏泊半島を反時計回りに周回しています。北端の大島には橋が架かっていて歩いて渡ることが出来ますが、ただそれだけ。何もない寂しいところです。
海上は霞が濃く、津軽半島も下北半島も見えないのが残念です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00960.jpg
北へ走って野辺地まで来ました。駅を訪ねます。
かつての風情はどこへやら。南部縦貫鉄道のホームは既に姿を消し、発着するのは張りぼてのような安物の車両ばかりです。防雪林が健在なのが唯一の救いです。

DSC00959.jpg
一方で駅蕎麦が営業していました。こうと分かっていればコンビニなどで食べなかったのですがorz

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00957.jpg
今日も今日とて朝食はコンビニの世話になります。キャンプ場を出発してすぐにローソン東北町上野店が現れたのでここで弁当を買いました。

DSC00958.jpg
ところでコンビニではこうして壁を背にして食べることが習慣になって久しいですが、こうすると換気扇から出る匂いを浴びせられることも多いです。今日はただでさえ朝にしては味の濃いものを選んでしまった上、胸焼けするような揚げ物の匂いの中でいただきます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
小川原湖公園キャンプ場の近辺には安価に入浴出来る温泉が幾つもあります。となると何処に入るか迷うところですが、八年振りの再訪なので昨日は手堅く前回入って感動した玉勝温泉にしました。

DSC00956.jpg
町の古い銭湯で、料金は安く、完全放流式の本物の温泉です。塩素系の薬剤は使わず、毎日湯を全部抜いて清掃しているそうです。まさに完璧。温泉に求められるものの全てがあります。
浴室は広く、湯屋造りで天井が高く、明るいです。湯量が豊富なので浴槽が広いのです。コの字に浴槽を取り囲む洗い場は26箇所もあり、一つ一つに鏡に地元の商店の広告が付きます。浴槽の広さを上回る湯量で、縁から溢れ出た湯で洗い場の足元は常に湯が流れているような状態です。湯舟に身を沈めると流れる湯で体が洗われているような感覚になります。これで入浴料は何と210円です。もう一度言いますが、まさに完璧です。

ちなみにここはキャンプ場からバイクで三分くらいの距離ですが、もっと近く、バイクなら一分もかからない距離に道の駅に併設されて温泉があります。こちらも300円で入れるそうです。こんな土地に住んでいる人達が羨ましいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
おはようございます。昨日は小川原湖公園キャンプ場でテント泊しました。ここもまた前回の日本一周でも泊まったところです。

DSC00954.jpg
まさに湖畔、絵に描いたようなキャンプ場です。しかし500円かかります。自分のテントを張って寝るだけなのに500円はいかにも高いですが、問題は清掃協力金を謳っているのに炊事場やトイレが全然きれいに清掃されていないことです。炊事場の流しには枯れ葉が溜まっているし、トイレは虫が多い。ただ利用料とすればいいものを、清掃協力金を謳うものだから却って印象が悪いです。こういうのを浅はかと言うのです。

しかし、それでもここに泊まりたい理由がありました。近隣の温泉が素晴らしいからです。
ちなみに、昨夜は乱痴気騒ぎをする若者の集団が近くに来て酷い状態でした。22時にはぴたりと止めて静かになったのがせめて救いでしたが、週末には二度と来ません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
既報の通り、バスと接触して後ろの荷台に載せている箱に傷が付いてしまいました。いや正確には「バスに接触されて傷を付けられてしまった」と言うのが正しいです。私はカブを駐車している状態で、動いていたのはバスの方だけ。そして一方的に接触されてしまったのです。

DSC00930.jpg
国道沿いの駐車帯で休憩していたのです。そして後からバスが入って来て、少しした後、縦向きに停めていた私のカブのすぐ後ろ、本当にぎりぎり近くを通って行きました。バスは駐車帯から右折で国道に出ようとしていたので、出来るだけ車体を左に振りたいという事情があったようです。
しかし余りに近くを通るものだから、目の前で見ていておいおい大丈夫かよ、と不安になりました。そして案の定箱の後ろ側を擦られてしまったのです。

DSC00928.jpg
DSC00935.jpg
このように鉄の車体で擦られて、箱の下の方に傷が付いてしまいました。それから写真では伝わらないと思いますが、この他にも細かい擦り傷と、バスの車体の塗装の赤色が細い線のように付着してしまいました。しかし、ご覧いただいて分かる通り傷はごく軽微なものです。

DSC00931.jpg
そして、ちょうど進んで行く経路上にこのバスの営業所があったので自ら訪ねていきました。その場で直接補償について話をした方がいいからです。所長が待ち構えていて、先ずは深く頭を下げてお詫びをされました。
結論を言いますと、被害者たる私の方が恐縮するくらい誠実な対応をしていただきました。

最初は、旅を終えて帰宅した後に同じ箱を購入し、それをもって箱の代金を賠償するという話でした。一般的にはそれが当たり前でしょう。
しかし今の私にとって、そんな対応をされても何の賠償にもなりません。まず、傷が軽微であることを考えると、仮に旅を終えた後もこの箱を使い続けるとしても、新しい物に買い直すことは考えづらいです。そして私にとって何よりの損害は、まだ新しくて真っ白な箱に傷を付けられてしまったこと、そしてまだ旅の序盤である三ヶ月目にこんな傷を付けられて、それでこの先もこの箱で旅を続けなければいけないという精神的な苦痛に他なりません。
相手方の物腰、物言いから信頼出来ると思ったので、私はこの気持ちをそのまま伝えました。そして、事後ではなくこの場で賠償をして欲しい、となれば金額をどうするかという話になるが、その拠り所として箱の代金を参考としたいと付け加えました。それから、箱を購入したエスケーワイのHPを見せて、また箱を買った時に領収書が添えられていたので、この会社に問い合わせれば確かに私が購入したことを証言してくれる筈だとも言いました。

DSC00955.jpg
その結果がこれです。その場で現金で賠償してくれた上に、箱の価格を三千円も上回る三万円です。迷惑をかけたこと、時間をとらせたことのお詫びも含めて、との所長の言でした。
箱に付いた傷が軽微だったことを考えると、この事故のせいで正味二時間を浪費したこと、いくら経路上だったとはいえわざわざこちらから足を運んだことを加えて考えても、これは釣りが出る程の十分すぎる賠償です。少なくとも私はそう思いました。

流石は地域の輸送を一手に預かるバス会社です。加害者がそこいらの小さな運送屋などではなくて不幸中の幸いでした。もっとも、そういうきちんとした会社のバス運転手ならそもそも事故を起こすな、と思いますが…
それにしてもこの日本というやつは法の後進国だから、被害者ばかりが損をする社会です。北海道に渡る前に箱に傷を付けられてしまったのは残念でなりませんが、そんな中でこのように誠意ある対応をしてもらえてせめて救いでした。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00951.jpg
DSC00952.jpg
七戸からは東へ進んでその名も東北町まで来ました。行く手に現れた上北町駅に立ち寄っていきます。際立った特徴のない駅舎ですが、片側がそのまま本屋側ホームの屋根を兼ねる大きな切妻屋根や、そこに乗る重厚な落雪止めが北国らしい姿です。待合室は広く、中には造り付けの木のベンチに煙突、地元の中学生の習字が張られるなど素晴らしい雰囲気です。そして長いホームがかつての大幹線の在りし日の姿を伝えます。

DSC00953.jpg
煉瓦積みのランプ小屋が残っているのもたまりません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。