即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継
お知らせ
●2019年10月27日、955日目で日本一周完結しました。
●現在は日常ブログを更新中です。http://kuda61.blog137.fc2.com/
●月別アーカイブ、カレンダーの日付けから入っていただくと、記事を古い方から順にお読みいただけます。
コメントについてのおことわり

←前の頁  | ホーム |  次の頁→

DSC09889_20181010075606ea8.jpg
DSC09891_201810100756091f2.jpg
DSC09890_2018101007560786a.jpg
加部島でまず表題の場所にやって来ました。絶景です。たった今渡ったばかりの呼子大橋は目の前、複雑な海岸線と島々が折り重なる周囲の素晴らしい景色も一望します。糸島を遠望すれば、いよいよ福岡も目前という実感が湧きます。手前の小島の向こうにその姿の一部が見えるだけですが、ここまで来ると壱岐がこんなに近く見えることにも驚きました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09888_2018101007560442a.jpg
呼子大橋を渡って加部島に渡ります。加部島の側だけが斜張橋になっていて、九州本土側は橋脚に支えられてカーブを描きながら高度を上げていきます。全体がコンクリートの打ちっ放しで無塗装、この橋の姿形によく合っています。非対称で美しい橋の典型、現代的な佇まいが良い橋の典型、これも傑作です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09886_20181010075601bbe.jpg
さらに北へ進んで呼子まで来ました。呼子といえば有名なのは朝市、そして烏賊でしょう。しかし常々述べていますが、昼に食べ物で贅沢をすることに関心がありません。折角の土地の美味いものならば、夜に酒と一緒に楽しまなければ却って勿体ないというものです。そして福岡で本当に美味い呼子の烏賊を出してくれる居酒屋も知っています。こうなれば今日も安さと早さこそが昼食の正義です。セブンイレブンの弁当をいただきます。

DSC09887_20181010075603691.jpg
普段コンビニの駐車場で食べるとなると、壁を背に出来る場所や日陰の場所を見付けるのに苦労することも少なくないです。しかし今日は向かいが敷地の広い道の駅という好条件です。風通しの良いテーブルでゆっくりといただくことが出来ました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
鷹島肥前大橋を引き返してまた長崎県から佐賀県です。昨日から両県の間をまさに行ったり来たりしています。国道204号を北上し、浜野浦の棚田までやって来ました。

DSC09883_20181010075421a8f.jpg
DSC09884_201810100754229b4.jpg
細く急な谷の斜面に棚田が作られ、その向こうに湾を望むという絵に描いたような風景です。高圧線が気になって写真に撮るには決まり切った構図でしか切り取れず、また若干俗な観光地化している嫌いもあります。
ただし一つ興味深い点に気付きました。この谷が真西を向いているのです。田が水鏡になる季節、晴天、夕暮れ時と三つの条件が揃ったならば、もしかしたら神秘的な絶景になるかも知れません。想像を掻き立てられます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09882_2018101007542022c.jpg
DSC09881_2018101007541887b.jpg
今度は鷹島の北側にやって来ました。鷹島郵便局に続いて阿翁浦簡易郵便局で貯金をしていきます。名前も良ければ雰囲気も秀逸。小さな漁港の簡易郵便局というのは全国を旅していても最も好きな風景の一つです。ごく狭い路地の行き止まりのような途中のような、そんな場所に建つ様が最高です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09879_201810100754159a7.jpg
DSC09880_201810100754168bc.jpg
鷹島の西端、船唐津漁港まで来ました。昨日走った松浦の海岸線と巨大な火力発電所を一望します。そして地名が素晴らしいです。港では祭りが行われていて、さらに御厨からのフェリーも入ってきました。偶然の幸運で印象的な光景と出会うことが出来ました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09877_20181010075046e0f.jpg
DSC09878_20181010075047b69.jpg
福島に続いて橋を渡って佐賀県から再び長崎県に入りました。鷹島肥前大橋は豪快さと軽快さを併せ持つ素晴らしい斜張橋です。手前の展望広場から全容を俯瞰する眺めも秀逸です。名前に旧国名を冠するのは駅ではよくある事ですが、橋ではごく珍しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
福島の道はきわめて分かり辛く、何度も迷って時間だけを空費し、苛々しました。どうにか福島大橋を引き返して佐賀県に戻り、北へ進んできたところで大浦の棚田を訪ねます。

DSC09876_20181010075044920.jpg
開けた谷の斜面一杯に棚田が広がり、その向こうに多島海と港。景色は素晴らしいのですが、如何せん展望台の位置がいまひとつで散漫な眺めになってしまうのが惜しいところです。展望台よりも百メートル程高い所にある脇道からの眺めの方が良いと個人的には思いました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09872_20181010075043088.jpg
DSC09870_20181010075041202.jpg
福島のほぼ真ん中にある大山展望所にやって来ました。残念ながら周囲の森とさほど標高が変わらず、眺望が開けているわけではありません。立派な展望所が建てられている割に拍子抜けでした。ただし多島海と物々しい造船所の取り合わせなど、それなりの景色を楽しむことは出来ます。時間があるなら立ち寄るのも一興というところでしょうか。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09869.jpg
福島一周道路を半周したところで土谷棚田を訪ねます。棚田の向こうに多島海という眺めが実に良く、長崎県らしい風景です。朝の柔らかな日差し、順光という好条件ですが、逆光の夕暮れ時もきっと絶景でしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。