即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継
お知らせ
●2019年10月27日、955日目で日本一周完結しました。
●現在は日常ブログを更新中です。http://kuda61.blog137.fc2.com/
●月別アーカイブ、カレンダーの日付けから入っていただくと、記事を古い方から順にお読みいただけます。
コメントについてのおことわり

←前の頁  | ホーム |  次の頁→

乾燥待ちの間に朝食を食べるというのは我ながら良い手でしたが、それでも洗濯というのは時間がかかるものです。出発が八時半にもなってしまいましたが、一つめの大船越郵便局に九時三分前に着きました。結果としては絶妙です。

DSC01464_2019051416164278a.jpg
そしてこの大船越郵便局の風情がまた素晴らしいです。こちらも軽自動車しか入れない裏路地を進んで行った先にあります。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01462.jpg
DSC01463_20190514161640e2d.jpg
コインランドリーの近くにほっともっとがあり、且つ七時から開いているというのは絶妙な展開でした。乾燥待ちの間に朝食を済ませられて一石二鳥です。コインランドリー内に椅子があったのも幸いでした。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01461_201905140658207bb.jpg
DSC01460_20190514065819c19.jpg
起床してすぐさまコインランドリーにやって来ました。よかったのは、バイクなら宿からすぐの所にコインランドリーを予め見付けておいたことです。最近のコインランドリーは洗剤が自動で投入されるところが殆どで、便利になった反面乾燥まで含めると千円近くかかってしまうところもあり、高いです。ここはひとまず洗濯機が五百円。看板に低料金の文字がありますが、これでも安い方ということなのでしょう。両替機がきちんと置かれているのが好印象です。場所は対馬南警察署の向かいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
おはようございます。昨日で着替えがなくなり、今日は洗濯をしなければなりません。それが済み次第直ちに朝食をとり、食べたらすぐに出発します。そして対馬の南半分、残り14の郵便局を巡っていきます。昨日は23局つぶしたので順調にいけば余裕が持てる筈です。が、のんびりしている暇はありません。今日も忙しい一日になりそうです。まずは洗濯です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
話が前後しますが、小船越郵便局を訪ねる少し前、いよいよ本日の局活動も佳境というところで腑に落ちない出来事が起こりました。鴨居瀬郵便局を訪ねた際の事です。
貯金を願い出ると、若手の局員氏がやや焦った様子で少しお待ち下さいと。見れば、機械が何か込み入った作業をしているようでした。そして彼は次に、預け入れだけATMでやらせて下さい、局名印は押しますと言うのです。私は即座に、何か変わりますか、と問いました。すると何も変わらないとの返答です。ところが返された通帳にはしっかりと「通帳」の文字が印字されてしまっていますorz

DSC01456_20190513180232469.jpg
何も変わらないという返答は無知が故だったのか、それとも不誠実か。何れにせよ問題です。この時時刻は15時45分。何事もなく進めばあと一局は行ける筈でした。事情を察して局員氏が機転を利かせてくれた、と初めは思ったのですが、もしかしたら本来は16時を待ってから始めなければならない作業を見切りでやっていたのではないか。そのせいでこのような事態になったのではないか。このような疑念が生じてきました。何せ、これまで四半世紀以上にわたり四千を超える郵便局を訪ね歩いてきましたが、こんな事は初めてだったからです。

いや、一つだけこれよりも酷い出来事がありました。もう二十年も前の事でしょうか。岩手県の海沿いの簡易郵便局での話です。平日の貯金取り扱いの時間帯に訪ねたにもかかわらず、機械を操作出来る人間が今不在だから貯金を受け付けられないと言われたのです。これは明らかな違反行為。
とにかく起きてしまった残念な結果には変わりません。鴨居瀬郵便局のせいでこうして嫌な事まで思い出してしまったではありませんか。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01457_20190513180233621.jpg
現在地は小船越郵便局、上対馬と下対馬の間のくびれにあたる所です。そして時刻は16時57分です。次の局までは9km以上あり、三分以内に行くのは絶対に不可能、ここで本日の活動は打ち切りです。厳原の市街より北にある国道382号筋の局を全てつぶせるかと思っていたのですが、あと一歩及びませんでした。対馬空港の東にある大船越郵便局が残ってしまいました。この結果、明日もそこまで足を延ばさなければなりません。
残りの局数と走るべき距離を考えれば、明日も九時から活動を始めれば十分余裕を持って終わる筈です。しかし、また今日も対馬の広さが身に染みる一日となりました。そして明日は出発前に朝一番で洗濯もしなければなりません。明日も忙しい一日になりそうです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01453_2019051318022987e.jpg
腹が減ってきましたが、沿道には道の駅のような施設はおろか公園すらも現れません。そこで田舎道の路側帯にカブを停め、座席に横向きに腰掛けていただきます。森を背にした木陰という良い場所が見付かりました。こういうのも気持ちがいいものです。

DSC01454_20190513180230f25.jpg
昼食は軽くする主義とはいえ、朝が早かったこともありサンドイッチ一つでは流石に足りません。が、ここに一重簡易郵便局でご厚意でいただいた煎餅が加わります。まさに完璧な布陣と言えるでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01451_20190513180226179.jpg
DSC01452_20190513180227f58.jpg
対馬の漁村で見られる特徴的な小屋があります。これまでも何度か見てきたのですが、鰐浦漁港にはこれが大量に建ち並んでいます。簡素な板張りにやや不似合いな立派な切妻屋根を構え、瓦も葺かれます。そして真ん中に両開きの扉が付いています。大きさや形、扉の位置などから国鉄型の有蓋車を連想させますが、床が高いのが目を引きます。
これは恐らく漁具を入れるためのもの、というか他には考えられないのですが、鰐浦郵便局の局員氏に話を聞いたところ、果たしてその通りでした。以前は一軒が一つずつこの小屋を持っていたそうで、ならばこれだけの数が建ち並んでいるのも頷けます。ただし、今はもう使われていないものも多いとのこと。その割には荒れたものは見当たりませんでしたが。床が高い理由は漁師に聞いてみないと分からないと言われました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
細長い島の北へ行く程何もない田舎になるというのはどこか沖縄本島に通ずるものがあって、昨日は辺土名、奥、安田といったヤンバルの地名を懐かしく思い出しながら走っていました。しかし対馬が沖縄本島と違うのは、北端の比田勝が町として賑わっているところです。それを象徴するのがコンビニがあることです。

DSC01450_20190513180007fc4.jpg
この先再び何もない田舎になるので、ポプラで昼食を仕入れていきます。ポプラといえばポプ弁ですが、ここは簡易的な店舗のようでポプ弁がありません。あったところで私には量が多過ぎるし、そもそも今すぐ食べるわけではありません。そこでサンドイッチと野菜ジュースを買いました。どこか景色の良いところででもいただきます。
店の前には何人もの韓国人がたむろしています。厳原の町でもあちこちで見られる光景です。容姿は日本人とそっくりですが、いい大人が所構わずたむろするのですぐにそれと分かります。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01447.jpg
DSC01449_20190513180005710.jpg
ただひたすらに局活動のみというわけではありません。比田勝まで来たところで港を訪ねます。釜山への高速船が出る国際ターミナルは町の中心部にあり、建物も立派なものですが、博多港行きフェリー乗り場は町外れにあってひっそりしています。

DSC01448.jpg
壱岐では印通寺港に上陸し、郷ノ浦港から出発しました。このようになるべく違う港を利用するのがよいので、対馬から本土に戻る際はこの比田勝航路に乗りたかったのです。ところが博多港に夜の九時に着くダイヤではどうしようもありません。九州郵船の他にもう一社、壱岐対馬フェリーという会社も運航しているのですが、こちらは深夜便のみで論外です。これらに対して厳原港発の便は朝九時前の出港と理想的です。選択の余地もなく復路はこれに乗ることになります。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。