即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継
お知らせ
●携帯端末で即時更新しています。
●後から写真を貼り付けていきます(なるべく翌日朝までに)。
●月別アーカイブ、カレンダーの日付けから入っていただくと、記事を古い方から順にお読みいただけます。
コメントについてのおことわり

 | ホーム |  次の頁→

DSC03190.jpg
自分としては異例の第二の昼食をいただくのは昨日と同じ流れです。ただし方針は大きく変わりました。初めは同じように二軒目にインデアンを訪ね、今日はインデアンカツカレーを食べようと思っていました。しかし「鶴橋」の豚丼が変化球だったことから、もう一度正統派の豚丼を食べたいという思いが徐々に強くなってきたのです。
そこに通りかがりに目に留まったのがこちらの店でした。屋号を見てまず思い出したのは「レストハウスかしわ」です。あの店と関係があるのかないのか。関係あるとすれば味は悪くない筈です。真相はともかくとして、咄嗟に飛び込んだのは簡潔で豚丼専門店を謳う佇まいが良かったからです。

DSC03189_201907171639174ec.jpg
品書きは豚丼の他にはサラダがあるのみで、とにかく豚丼の大きさを選ぶというたいへんな潔さです。全て味噌汁が付き、小780円、中980円、大1,250円、特大1,550円とあります。小でもよかったのですが、丼ものというのはえてして大きさが変わると完成度も変わるものです。折角の機会なので中を注文しました。
肉が厚く柔らかく香ばしく、たいへん美味です。そして正統派の豚丼を食べたいという願いがまさしく叶えられました。タレが若干弱く力強さが足りないような気もしますが、好みの差の範囲内です。場所は音更の国道241号沿い。道の駅おとふけのすぐ近くです。立地も含め、覚えておいて損はない店です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03183.jpg
朝食を軽くして十勝平野の景色の良いところを走り、昼を待たずして豚丼の店を訪ねるというのは昨日と全く同じ流れです。それがよいのです。やって来たのは鶴橋です。店の前に立っただけで何とも良い匂いが漂います。

DSC03184_201907171637303d7.jpg
当店の豚丼の特徴は何といってもタレの色が濃いことです。さながら黒い丼です。味はそこから想像される通りのもので、絶妙な渋味、苦味が伴う美味さは他店とは一線を画します。ご飯は一粒一粒がぱらりとやや硬めに炊き上げてあってこれも絶妙。そのご飯にもタレがたっぷりと染み込ませてあって、絶品です。
ただし肉は薄めで、食感、食べ応えという点ではやや物足りないです。しかしその見た目といい、他とは違う個性的な味わいといい、一度は訪ねて損はない店です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03167_20190716153205a88.jpg
初めは豚丼のはしごを考えていました。しかしよく考えるとそれでは印象がぼやけてしまいます。そして十勝では他にも食べねばならないものがあります。ならば同日にはそれらを一つずついただいた方がいいでしょう。直球とスライダーはそれぞれ交互に投げてこそ威力を発揮するのです。
前回学んだのは、外国人観光客が大挙する帯広駅近くのまちなか店だけは訪ねてはいけないということです。地元客ばかりの他の店舗は何処でもほぼ同じと言えます。今回はみなみ野店にしました。席に着いて注文をすると、直後に入ってきた主婦と思しき若い女性がインデアンルーのみ四人前を持ち帰りで買っていきました。素晴らしい光景です。

DSC03168_20190716153206c7b.jpg
前回もう一つ学んだのは、三種類あるルーと具材の組み合わせについて、店側が提唱しているものが必ずしも的を射てはいないということです。良い意味で特徴のないインデアンルーに対して、私がより好きなのがベーシックルー。とろみがあり、香辛料の香りが前面に出て、玉葱が入る昔ながらの洋食屋風です。少なくともハンバーグカレーにはインデアンルーよりもこのベーシックルーの方が合うと思っていたのですが、やはりその通りの素晴らしい取り合わせです。
そして感心するのは提供の早さです。店内用も持ち帰り用も、恐るべき早さで目の前に出されます。美味くて、安くて、提供も早い。具材とルーの色々な組み合わせも楽しめる。地元に根差し市民に深く愛されるこれが帯広の味。次回の狙いはインデアンカツです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03157_20190716152844ca6.jpg
十勝の豚丼をいただくのも二年振りのことです。まずは手堅い選択として、前回食べて美味と思ったぶたいち本店を再訪しました。開店を待ち構えて11時ちょうどに入りましたが、他に先に三組もが開店を待っていたのに驚きました。しかしそれだけで、混雑するわけでもなく店内は落ち着いています。この店の最大の美点は観光客がおらず地元客しか来ないことです。

DSC03158_2019071615284614f.jpg
注文はやはりこれも手堅く、基本のロース豚丼900円にしました。素晴らしい味わいです。肉は惜しげもなくたっぷりと乗り、丼を覆い尽くします。普通盛りで十分過ぎるくらいです。味、食感、香ばしさともに良く、ご飯の炊き具合も絶妙です。さらに感心すべきは味噌汁もとても美味いことです。まさに非の打ち所なし。少なくともこの店で一度でも食べた人は、人気店に行列するなど二度としないでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03076_20190713172306be1.jpg
ラーメン専門店、らい久で昼をいただきます。素晴らしい店でした。味噌の他に醤油と塩もあり、バターラーメンと野菜バターラーメンが同じ値段など少々解読の難しい品書きですが、組み合わせは自在ということなのでしょう。解説を読むと、炭鉱が栄えていた時代に炭鉱夫からの要望で具沢山のラーメンを出すようになったとあります。一体創業何年なのでしょうか。
その品書きが書かれるのは様々な色を使いながら不思議と下品でない大きな看板。阿吽の呼吸のご夫婦と人情味ある接客、若干腰が曲がった大女将がそれを手伝う様など秀逸です。

DSC03077.jpg
味噌バター野菜ラーメンを注文しました。濃厚で玄妙な味わいを辛味が引き締める味噌スープはたいへん美味で、かなり大きなバターが乗ります。沢山の野菜の下に潜むは黄色い縮れ麺です。大きな丼にたっぷり盛られて食べ応えは十分です。これぞ北海道のラーメン。
11時40分に入店したのですが、直後に次々と来客があってあっという間に空席待ちに。しかもその殆どが地元客です。それも納得です。岩見沢駅近くの古い町並みの一角に、是非とも再訪したい名店がありました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03045_20190712150859e37.jpg
道の駅で焼き立てのパンを売っていていかにも美味そうだったので、昼食に即決しました。じゃがいもパンとピザを選びました。じゃがいもを潰さずに殆どそのまま入っています。しかも皮付き。食感も風味も素晴らしく、北海道ならではの美味です。ピザはパプリカの苦味がとても合っていてこれも美味。これら二つで350円とは秀逸です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
久し振りの札幌となればやはりここになってしまいます。毎度お馴染みサッポロビール園です。ところが今回は誤算がありました。何度もかけて予約の電話がやっと繋がったと思ったら、ビアガーデンは満席、ジンギスカンの食べ放題とビール飲み放題の提供がないレストランしか空いていないとの非情な答えですorz

DSC03003_20190711064258f47.jpg
DSC03004.jpg
DSC03005_20190711064301b07.jpg
DSC03007_20190711064302372.jpg
DSC03008.jpg
しかし同様のものが楽しめるところが他にあるのが救いです。サッポロファクトリーの中にある、その名もビヤケラー札幌開拓使です。ここの建物も素晴らしいもので前から気になっていたし、より中心部に近く道庁から苦もなく歩いて来られるという利もありました。そしてここは133年前に開拓使麦酒醸造所が開かれた由緒正しき場所であり、この巨大な煉瓦造りも築112年のたいへん貴重なものです。むしろもっと早く訪れるべきところでした。サッポロビール園という固定観念を崩してくれて怪我の功名でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC02858_201907051805397fa.jpg
こちらも大分訪問が遅くなってしまいました。本日の昼食は小いけのカレーをいただきます。これまでは他所ではなかなか食べられないハンバーグカレーばかりたのんできましたが、気分を変えてカツカレーにしてみました。

DSC02859_2019070518054098c.jpg
この店のカレーの良いところは、しっかりと辛いことです。辛いものが苦手な人や子供は恐らく食べられない辛さです。とろみがあり、香辛料と炒められたカレー粉が香り、具には大ぶりに切られた玉葱。たいへん美味です。カツはごく薄い衣を付けて揚げられています。カツの専門店ならばもっと厚い衣を付け、パン粉のさくさくした食感も併せて楽しみます。そういったカツを使ったカツカレーも悪くないのですが、この薄い衣のカツとルウとの相性が抜群です。
味だけではありません。ステンレスの水ポットに二連の薬味入れ、ナプキンに包まれて出てくるスプーンとフォーク。全てが古き良き洋食店の佇まいです。そしてこれがまた大事なのですが、こういう店が長く続いているところがいかにも函館らしいのです。

ただし一つだけ残念な事もありました。またしても魔法のランプのようなポットでカレーが出てくることが叶わなかったのです。前回、大盛りにすると魔法のランプなのではないかという仮説を立てたのですが、すっかり忘れていましたorz
実際のところ、私の直後に大カツカレーを注文した御仁には魔法のランプが供されていました。分量としては普通盛りで十分なのですが、魔法のランプのためなら百円足して大盛りにすべきでしょう。今後の宿題とします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC02820_20190704150123d75.jpg
函館駅前から谷地頭行に乗り込み、宝来町で下車しました。カツ丼にハンバーガーの三割引きとたたみかけられてラッキーピエロの訪問がやけに増え、また丸亀製麺が割り込んできたりして随分と遅くなってしまいましたが、漸くここを訪ねました。たつみです。昼食には早い時間ですが、却って好都合でした。今日は昼を軽くしたい事情があるのですが、たつみは量が売りの店です。しかしこの時間に食べるのならば大丈夫というわけです。

DSC02821.jpg
創業46年、15年前から無休営業を続け、今年の三月に連続営業九千日を達成。再来年には一万日に達するそうです。常時営業の是非が物議を醸している当今ですが、ここまで徹すればもう尊く、偉大でしかありません。いつ行っても必ず開いているというのは絶大な価値であり、大きな安心を与えてくれます。

DSC02822_201907041501250d2.jpg
久し振りの訪問ですから注文はミックスA定食しかありません。鶏の唐揚げ二個にカツにコロッケ、目玉焼き、それに丼に大盛りのご飯と味噌汁。これで640円という有り難い価格です。唐揚げは一つ一つがかなり大きく、柔らかくてジューシー。カツも柔らかくて美味です。安くて美味くて盛りが多い、いつ来ても必ず開いている。こここそは函館の良心、末永く続いて欲しいと願うとともに、今回訪問が遅くなって失礼なことをしてしまいました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC02765_20190704061011ca0.jpg
昨日に続いて今日までラッキーピエロの一部店舗でハンバーガーが三割引きです。タイヤ交換の作業が約一時間、レッドバロンの道を挟んで向かいがラッキーピエロ昭和店、昭和店が三割引き実施店舗と、条件が揃いも揃いました。まさに一石二鳥です。

DSC02766_2019070406101270e.jpg
昨日はスペシャル生ベーコンエッグバーガーとフィッシュバーガーを食べました。今日はお待ちかねのラッキーバーガーと、それから函館スノーバーガーを初めて試してみました。ホワイトソースがかかったハンバーガー、それ自体は大して惹かれなかったのですが、このスノーバーガーは少々変わり種で、皿にポテトとオニオンフライが添えられているのです。ポテトも一緒に三割引きになるというわけでたいへんお得、これが目当てです。

DSC02767_20190704061013e61.jpg
ナイフとフォークで切って食べる珍しいハンバーガーです。かぶりつく快感は得られないものの、その代わり手が汚れないのが良いです。ラッキーバーガーは安定の美味です。今日もホットコーヒーをたのみましたが、平日半額は松陰店だけだったようで、これがなかったのは少々残念でした。しかしラッキーピエロは店毎に細かい違いがあることは承知していて、それが楽しくもあります。昨日半額だったことが予想外の幸運だったのです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。