即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継
お知らせ
●携帯端末で即時更新しています。
●後から写真を貼り付けていきます(なるべく翌日朝までに)。
●月別アーカイブ、カレンダーの日付けから入っていただくと、記事を古い方から順にお読みいただけます。
コメントについてのおことわり

 | ホーム |  次の頁→

DSC05534.jpg
ゆいレールを小禄で下車し、そのまま駅に直結しているイオンの中に吸い込まれました。もしかしたら県下最大の商業施設はここではないかと推察します。目的地もこの一角にあるのです。が、その前に遅い昼食というか夜までの軽い繋ぎをいただきます。イオンの中のフードコートで食べるなどまるで本意ではありませんが、今日は用事ありきなのでここは割り切ります。

DSC05529.jpg
DSC05530.jpg
品書きの中で最も安い亀そばの小480円也を注文しました。一般的な三枚肉数個分にあたる塊状の三枚肉に加え、これも大きなソーキが乗って500円を割るとは太っ腹です。柔らかく煮込まれて味も良し。
店の雰囲気を味わうという楽しみが一切ないフードコートで食べるのは確かに片手落ちだし興醒めです。しかしそこに目をつぶってこのそばだけを評価するなら、大いに満足でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC05522.jpg
今日は本来は自炊をすべき日ですが、とにかく朝一番で病院に行きたかったのでこれを放棄しました。そして病院のすぐ近くが「キロ弁」という絶好の条件です。しかし今日は敢えてこれを見送り、キロ弁はまたしても保留となりました。何故かというと、キロ弁は大盛り挑戦、話のネタの気配が濃いのです。面倒な事が続き気分が塞いでいる今、とてもそういった気分になれませんでした。今は腹を満たせればそれだけで十分です。

そのようなわけでとまりんの中のマーミヤかまぼこで弁当を買いました。二回目の利用です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC05516.jpg
久しぶりにランチマップを活用しての昼食です。前回この店を訪ねた時の印象は、悪くはないけれど是非再訪したいという程ではない、というものでした。それでも今日再びやって来たのは、眼科の目の前にあるからです。そして前回は大晦日だったため蕎麦が出てくるという変化球でしたが、今日は本来の記載の通りのうどんです。温かいものと冷たいものを選んでくれと言われ、即答で冷たいうどんを所望しました。

DSC05517.jpg
讃岐うどんの店を謳っているのですが、その割には随分と細い麺です。見た目だけで言うなら琴平の名店「おがわうどん」を思い起こさせます。が、あの芸術品の如き細切りうどんには遠く及びません。しかしランチマップ利用に限って言うなら主役は牛すき丼の方なので、この点余り気にならないとも言えます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC05510.jpg
昨日予告した通りです。今日は弁当屋を利用します。「キロ弁」はまたもお預けになってしまいました。右目の眼帯は昨日でとったのですが、薬を塗っているせいかまだ視界がやや滲み、完治には遠い状態です。余計な距離を歩き回りたくないのです。そこでわかさ弁当の再登場となりました。

DSC05511.jpg
DSC05513.jpg
炒飯の上に唐揚げと茹で玉子が乗った弁当も非常に魅力的で、大いに迷ったのですが、弁当といえばやはり胡麻の乗った白いご飯により惹かれます。今日は白身魚のフライを主菜とし、野菜の方は人参と卵を炒ったものと、もやしと玉葱の炒め物です。小さなハンバーグやマカロニサラダは前回と同じです。スープは前回と少し違い、玉子スープでした。そして八年前の記憶が正しければ、このスープは沖縄そばになる時もあった筈です。繰り返しますが、この内容と量で300円は破格としか言いようがなく、秀逸です。

DSC05512.jpg
そして今日は屋上でいただきます。実に気持ちがいいです。皿を沢山使う自炊の朝食では屋上で食べることは事実上無理です。まさに場所を問わずに食べられる弁当の利が大いに活かされていると言えるでしょう。今後も天気が良い日は弁当ならば屋上で食べるのがよさそうです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
再び米を炊かなければならない日が巡って来ました。そこで今日はまた弁当屋巡りとしました。いよいよ「キロ弁」へ、とも思ったのですが、この店はゲームに例えるなら「ラスボス」のようなものなので、もう少し温存することにしました。けらまから最も近い弁当屋、文字通り目と鼻の先にある春さん弁当を訪ねます。

DSC05492.jpg
営業しているのかどうかよく分からない薄暗い雰囲気に、角地建築のマンションビルの一階に入る雰囲気が実に良いです。そしてここもまた沖縄の弁当屋の典型でした。大きな卓の上に既に出来上がった弁当がずらりと並び、それぞれの弁当に特に名前は付いておらず、一通り見渡してその場で選びます。そして小さい方が350円、大きい方が450円という安さです。快活で人当たりの良いおばちゃんに迎えられ、このおばちゃんが調理したものかと思うと美味さが増す気がします。

DSC05493.jpg
350円の小弁当の中から、ご飯を覆い尽くす野菜炒め、チキンカツ、ポークに玉子焼きが乗ったものを選びました。甲乙つけ難いという言葉は沖縄の弁当屋群のためにあるのだと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC05476.jpg
DSC05477.jpg
一軒目、二軒目ともに目当ての店に入れないと戦績は振るわないものの、久し振りに居酒屋巡りに出られた喜びは大きいものです。その結果つい羽目を外してしまいました。締めのラーメンをいただきます。やって来たのは二回目の訪問となるラーメン鬼蔵、夜でもランチマップが使えるのは嬉しいところです。そしてこのスープはやはり絶品です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC05463.jpg
今日は再び米を炊かなければならない日です。そして昨日でヨーグルトやポークなど、複数の食材が切れました。そこで今朝は再び弁当屋巡りとしました。そして真打ちが登場です。けらまのすぐ近くにして不動の人気を誇るわかさ弁当です。

これぞ沖縄の弁当屋、特に名前が付いておらず一つ一つ少しずつ内容の違う弁当が、ずらりと並べられています。そして小さい方が300円、大きい方が400円。300円の小弁当でも内容、量ともに十分過ぎる程で、驚くべき安さです。この価格でさらにスープまで付いてきます。目の前に並んだ弁当をざっと眺めて気に入ったものを選ぶのが沖縄式、それも、余り深追いせず即決するのが肝です。

DSC05464.jpg
今日選んだ300円弁当はカツに小さなハンバーグ、キャベツ炒めに野菜の付け合せがもう一種、マカロニサラダに香の物です。ご飯の盛りも十分で腹一杯です。やはり沖縄の弁当屋は秀逸です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC05459.jpg
散髪を終えたところで床屋のすぐ近くにランチマップの対象店があったため飛び込みました。麺や堂幻というラーメン店です。三時近くなどと、こんな中途半端な時刻に食事をするのは好きではないのですが、今日は特別です。ランチマップ対象店がどうのとか空腹感がどうのとか、そんな事よりも、自由に歩き回って活動的に過ごせることをとにかく満喫したかったのです。

DSC05460.jpg
DSC05461.jpg
魚介つけ麺、濃厚鶏そば、塩そばに醤油ラーメンと様々な味がありますが、ランチマップにより選べる味が絞られるので却って迷わずに済んで楽です。いただくのは木桶生醤油そばです。
てらいのないこれぞ醤油ラーメンらしい醤油ラーメンです。微かに酸味の香るスープがとにかく上品。そのスープと麺や他の具材との相性も良く、そしてスープに象徴されるように全体を通してとにかく調理が丁寧です。店主の気概と気合が伝わってくる美味な一杯でした。ここはまた来たいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
三日に一度、今日は米を炊かなければいけない日です。また、昨日で卵が切れました。さらに腰痛が治まって自由に出歩けるようになったという条件も加わり、こうなれば外で食べる好機です。そして食堂巡りだけでなく、もう一つ大事な仕事がありました。それが弁当屋巡りです。

沖縄は個人営業の弁当屋が非常に充実していて、それぞれ個性的で魅力的な弁当屋が沢山あります。しかしまずは食堂ということで、ここまで遅くなってしまいました。
最初はけらまのすぐ近くにある名物店「わかさ弁当」といきたいところでしたが今日は休みでした。もう一つずっと気になっている「キロ弁」という物騒な店があるのですが、少々遠く、腹が減ってそこまで我慢出来ませんでした。そのようなわけで栄えある先発を務めるのは離島航路が発着する泊港の旅客ターミナル、とまりんの中に入るマーミヤかまぼこです。

DSC05442.jpg
港の建物の中に入る店と聞いて安直な選択という印象を持たれるならば、それは間違いです。これぞ沖縄の弁当屋らしい弁当屋です。
沖縄の弁当屋に共通する特徴は、とにかく安く、量も多く、内容も濃いということに尽きます。この点競争力において明らかに食堂を上回っており、食堂の脅威になっていることは間違いありません。それでも息の長い食堂もまた多いというのは、顧客の棲み分けが出来ているということなのでしょうか。

DSC05444.jpg
マーミヤかまぼこの弁当も多分に漏れません。この量と内容で360円とは驚くべき安さです。そして内容がとにかく濃い。野菜分は僅かで、その代わりにハンバーグ、串カツ、焼肉、目玉焼き、さらに焼きそばまで入るというくどさです。肉体労働者か運動部の高校生あたりが想定顧客だとしか思えません。

DSC05443.jpg
また弁当の種類が膨大でまさしく選り取り見取り、即決するのは至難の業です。あれこれ眺めては迷うのが楽しいのです。このような弁当屋が他に幾つもあるのですからそれを思うと今からわくわくしてきます。食堂巡りと並んで、弁当屋巡りは那覇滞在の大きな楽しみの一つなのです。
一つ気になったのは、このマーミヤかまぼこではロッキー弁当なる名前の弁当が多数あることです。そうはいっても同じ名前が冠されていながら中身は様々で、何がロッキーなのか皆目見当がつきません。沖縄の弁当屋の恐るべき奥深さを垣間見た気がします。そしてロッキー弁当とは一体何であるのか、いきなりレジのお姉さんに訊ねたりはしません。時間をかけてじっくり謎を解き明かすのが楽しいのです(笑)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC05409.jpg
DSC05408.jpg
今日は再びみかどを訪ねて、やはりちゃんぽんをいただきました。昨日はハイウェイ食堂のちゃんぽんとこのみかどのちゃんぽんを比較したわけですが、みかどの直接の好敵手はむしろ三笠です。すぐ近くに建っていることといい、品書きの構成や価格、店内の造り、おばちゃん衆が横並びで調理をする様など、何から何までよく似ています。

だから今日は三笠のちゃんぽんを初めて試してみようと思っていました。しかし店の目の前まで行って止めました。三笠では入口に掲げられている看板に、幾つかの人気料理について写真入りで解説が書かれているのですが、その中にちゃんぽんもありました。そしてこのような内容だったのです。当店のちゃんぽんは一般的な沖縄風ちゃんぽんとは少し違います、みじん切りの玉葱とひき肉を玉子で閉じただけの簡潔な料理です、と。これはこれで美味そうですが、目下連日のようにちゃんぽんばかりを食べている理由は一つ、様々な野菜と玉子が使われていて療養食として良いと思うからです。今日のところは玉葱とひき肉の三笠風ちゃんぽんは見送って、またも野菜たっぷりのみかどのちゃんぽんを選んだのです。
三笠のちゃんぽんは完全に回復した後の楽しみにとっておきます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。