即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継
お知らせ
●携帯端末で即時更新しています。
●後から写真を貼り付けていきます(なるべく翌日朝までに)。
●月別アーカイブ、カレンダーの日付けから入っていただくと、記事を古い方から順にお読みいただけます。
コメントについてのおことわり

 | ホーム |  次の頁→

ラッキーピエロ巡りもこれで最後だなどと言いましたが、昨日の今日でこの言を撤回します。実は今日はHAKOYAを再訪するつもりでいました。しかし幾つかの理由により取り止めました。
まず、平日でも開店前から行列が出来るような店です。連休の頭の土曜日の混みようは推して知るべし。これが煩わしく思えてきたのです。また、鮮度抜群で格安の海鮮丼は北海道ならではのものではありますが、函館でしか食べられない個性には欠けます。それから、HAKOYAは五稜郭の近くなのでカブに乗って行かねばなりません。しかし函館の最後を飾るのは、旧市街の歩いて行ける店の方が相応しいと感じたのです。

DSC04569.jpg
DSC04570.jpg
では代わりにどこを訪ねるかですが、比較的迷いなくここを選びました。ラッキーピエロのマリーナ末広店です。当店の特徴は、何といっても規模が大きいことです。周辺は函館で最も低俗な観光地ですが、圧倒的な収容力と客捌きの早さによりその事が煩わしく感じられない程なのです。余りに客席が広い故、席を決めた後番号を書いてレジカウンターに渡しに行かねばなりません。

DSC04571_201909141325107aa.jpg
そしていただくのは十字街銀座店にはないハンバーグステーキ、これが今日の目当てです。目玉焼きの乗ったエッグハンバーグステーキを注文しました。ラッキーチーズバーガーの中身とほぼ同じものを、バンズに挟むのではなく別皿にご飯を添えてハンバーグライスとしたものがその正体です。しかし値段に対する満足度の高さでハンバーガーを大きく凌ぎます。

ハンバーガー類は一つだと少々物足りなくて、どうしても二つということになってしまいます。しかしこのハンバーグステーキはご飯が気前良く盛られているので一皿で腹一杯です。ハンバーグの下にはたっぷりの玉葱が敷かれ、フライドポテトとオニオンリングまで乗ります。これでハンバーグステーキ470円、エッグハンバーグステーキ540円は格安です。鉄板に乗ってくるから最後まで熱々で食べられるし、口や手を汚さないから女性にもおすすめ。まさに至れり尽くせりです。
このような商品を提供するとは天晴れ、流石はラッキーピエロです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04545_20190913185657521.jpg
レッドバロンの真向かいがラッキーピエロとくれば、本日の昼食は選択の余地もありません。その昭和店に入りました。さて、オイル交換を明日から今日に繰り上げたのはこのラキピ昭和店が絡んできます。先日もらった10%割引券がまだ沢山あるのですが、平日しか使えないのです。オイル交換とラッキーピエロが必然的に組み合わさってくるならば、どうせなら平日に来た方が良いというわけです。

DSC04546_201909131856567bf.jpg
さて、ラッキーピエロ通いも恐らくこれが最後です。何を食べるか大いに迷うところです。一昨日食べたばかりとはいえ、それでもチャイチキカレーが食べたいし、もう一度ハンバーガーも捨て難い。また昭和店は満足度に対して割安なハンバーグステーキを出す店でもあります。迷いに迷い、決められません。そこで禁じ手を繰り出すことにしました。チャイチキカレーに加えさらにラッキーバーガーも注文してしまいました。
少々量が多過ぎますが、これにはある思いがありました。次に函館に来られるのが一体いつになるか分からないのです。飛行機に乗れない私にとって、福岡から北海道は余りに遠いです。大好きな函館の町ですからまた来られるように努力はしますが、何年先の事になるか分かりません。名残りを惜しむためのチャイニーズチキンカレーとラッキーバーガーという超豪華献立です。

一つ残念だったのは、十字街銀座店にはあるカレールウに加えて辛味を増すソースが、この店では置かれていなかったことです。これでは折角の美味が画竜点睛を欠きます。それから印象的な光景に出会いました。身だしなみに隙がない若い女性が一人で、ハンバーグステーキを食べていたのです。一時的とはいえソースで口の周りが汚れるハンバーガー類は彼女にとってあり得ない選択でしょう。男に生まれてよかったと思える一幕です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04540_20190912153900889.jpg
今日の昼はたつみ食堂の再訪です。函館山まで歩いて往復し、かなりの空腹になったところでこの店を訪ねるのは良い流れです。間隔を空けての訪問だとどうしてもミックスA定食になってしまいますが、今日は別のものを食べる好機です。かつ丼を注文しました。

DSC04541_20190912153845a9c.jpg
一般的なものより一回り大きい丼からしてかなり迫力がありますが、見た目に負けない分量と食べ応えです。それもその筈で、大きなジャーから丼へおばちゃんがしゃもじで三度もご飯をよそって、それだけでも多いのに、私の方をちらっと見たかと思うとさらにご飯を少し足したのです。大衆食堂はやはりこうでなくては。むろんかつも大盛りのご飯に見合うだけの破壊力があります。40円高いミックスA定食を食べ応えでは凌ぎます。豪快な食べ応えと満足感がかつ丼の身上であるなら、これぞ手本です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04519.jpg
本日の昼食は昨日に続いてのラッキーピエロです。ただし昨日とは意味合いが違います。やって来たのは十字街銀座店、いただくのはチャイニーズチキンカレーです。

傍若無人な大集団に二回続けて店が占拠されていました。席が空くのを多少待つのは構わないのです。混んでいる時はお互い様です。しかし問題は、一度に大量の人数で押し掛けるものだから店が機能不全の混乱に陥ることです。その結果作り置きのチキンとやや冷めたルウという不味いカレーを食べる羽目になってしまいました。
やり直さないわけにはいきません。何故なら、十字街銀座店の二階客席でチャイニーズチキンカレーを食べるというのは、私にとって函館にいる喜びを静かにしみじみ実感する一番の、とびきりの時間だからです。しかし今回もまた大集団に占領されているようなら諦めなければなりません。恐る恐る店に近付くと、果たしてレジ前に先客はなし、二階客席も一人客が二人だけで静かです。漸く叶いました。そう思っていたらまたしても後から小学生の集団が現れました。油断も隙もありませんが、後から来る分には何の問題もありません。雪辱は果たせました。

DSC04518.jpg
何度食べても本当に美味い料理です。とにかくこのチャイニーズチキンとカレールウの相性が素晴らしいのです。カレーに合う具材というのは多くの人の興味の対象であり、一部の料理人にとっては心血注いだ研究の対象でもあるでしょう。この独特の甘みある衣のチキンは、間違いなく一つの理想的な解答だと言い切れます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
駒場車庫前から十字街方面の電車に乗ってさらに来た道を戻ります。そして柏木町電停で下車しました。この電停を利用するのは恐らく初めてです。

DSC04492_201909101512098ce.jpg
目当てはラキピの松陰店です。今日の昼はここしかないと決めていました。小学生の大集団や外国人観光客が大挙して混雑するようなことがない、地元客しか来ないような店舗。そして電停から歩ける場所にあること。これらの条件を満たすのがこの松陰店なのです。おまけに松陰店は平日は珈琲が半額です。ならばハンバーガーでしょう。チャイチキカレーの食べ直しも大事ですが、一回はハンバーガーを食べる日も必要と思っていたのでまさに好機です。

DSC04493.jpg
DSC04494.jpg
一つは勿論ラッキーチーズバーガー、そして相方に今日は普通のハンバーガーを注文しました。よく考えたら食べたことがなかったように思います。簡潔なハンバーガーを食べてみて改めて思ったのは、パティがこうも厚かったかということです。全てのハンバーガーに胡麻がたっぷりあしらわれたバンズが使われているのも良く、モスのハンバーガーと比べても食べ応えが違います。ケチャップが足りずやや力が足りないですが、この素朴な味わいも悪くはありません。

DSC04458_20190910151153498.jpg
DSC04496_201909101512095f2.jpg
先日人見店でもらった10%割引券も発動し、本来930円のところが729円。店内は期待通り地元客だけで静かで落ち着いており、ゆっくり味わうことが出来ました。何から何まで大満足です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04461_20190909155343816.jpg
DSC04459_201909091553433e2.jpg
随分と出番が遅くなってしまいましたが、漸くたつみ食堂を訪ねました。ここを抜きにして函館は語れません。少しでも間が空けば、注文はやはりミックスA定食です。大ぶりな唐揚げ二つにカツ、クリームコロッケ、目玉焼き、優に一合はあるご飯と味噌汁、これで640円は天晴れです。安くて量が多いだけでなく、古き良き大衆食堂の鑑というべき雰囲気が秀逸です。壁には令和三年の冬には連続無休営業が一万日に達すると書かれていました。

実は今日は本当は、ラッキーピエロに行くつもりでした。昨日とんでもない量の鶏の唐揚げを食べたばかりで、ミックスA定食の主役も唐揚げ、あとはカツにコロッケ、どれも揚げ物です。ところがまたしても小学生の大集団に占拠されていました。11時半を待たずしてです。連日こんな事ばかりではうんざりします。
席数の限られた小さな店に大挙して、他の客の利用の余地がないくらいに埋め尽くす。やっている事は中国人と変わりません。修学旅行だか社会科見学だか知りませんが、この行いが教育の一環だとでも言うのでしょうか。嘆かわしい話です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04439_20190908163839d42.jpg
今日も暑くなってきました。予定の通りカブで活動します。その前にまずは昼食をいただいていきます。たつみ食堂の出番は一体いつ来るのか。自分でもそう思うのですが、目指す方向のほぼ経路上にある気になる店の情報を得たとなれば、またとない機会です。それが表題の店です。

DSC04442.jpg
DSC04440_20190908163842261.jpg
意外な程に明るく小ぎれいな店でした。お姉さんの接客も快活です。驚くべきは品書きの表紙に書かれた「ご飯おかわり100杯まで無料」の文字です。一見するとごく普通の食堂に見えますが、こんな事を書くのは尋常でないです。初めてなので当店の看板である唐揚げ定食を。スタミナ塩、和風醤油、スパイシーカレーと三種の味がある中から無難に醤油味にしました。この漢字でまんぷく食堂という屋号が好ましいですが、すぐにそんなことを言っている場合ではないことを思い知ります。

DSC04441_20190908163843068.jpg
運ばれてきた唐揚げ定食を見て私は目が点になりました。余りにも量が多過ぎるのです。一つずつが一般的な唐揚げの三倍から四倍程もあるやつが六個も、文字通り山のように積み上げられているのです。780円というのは私の見間違いで、実は1,780円ではないのかと思った程ですが、そんなことはなく780円です。

まず思ったのは、全部食べきれるだろうかということ。私は食べ物を残すのは大嫌い、というか許されない罪悪だと思っていますが、持ち帰り容器の存在に勇気と安心感が得られます。すると、私よりやや遅れて同じ醤油味の唐揚げ定食を注文した男が、私より先にご飯のおかわりに立ちました。驚いていると、次に入ってきた男はおかず大盛りを注文しました。このおかずをさらに大盛りにして一体何をしようというのか。やはりここは手練れの集う店のようです。
揚げたての熱々というのも猫舌の私にとって大変でしたが、唐揚げが少し冷めてきた後半戦は快調に唐揚げを減らしていき、結局は三膳のご飯と共に完食となりました。これも味が良いからでしょう。私はもう行きたいと思いませんが、健啖家を自任する向きは一度は訪ねるべきとおすすめします。店を出る頃には正午を待たずに地元客で八割が埋まる盛況でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04431.jpg
函館は今日も昼に食い倒れる町です。ラッキーピエロ、小いけときたので今日はたつみ食堂しかないだろうと思っていたのですが、またも思わぬ誘いを受けました。かつきちというとんかつ屋に車で行くので一緒にどうかと。只今千円のところが690円になっている品があるとのこと、有り難く同行させてもらいました。
漁火通の愛称を持つ国道278号の海側、目の前は津軽海峡という絶景です。とんかつ以外の業態の飲食店も手掛けている企業が経営する店、こう聞いて想像される通りのものでした。店内は広くて快適、味はまさに可もなく不可もなしというものでした。

DSC04432.jpg
対象の品はチーズフォンデュとんかつ定食という変化球で、残念ながらチーズなしのそのままの方がよいのでは、と思いました。しかし不味くはありません。キャベツとご飯が美味で、ご飯はおかわり自由なのも嬉しく、白飯をがつがつと頬張る快感を久々に味わわせてもらいました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04425.jpg
函館での最大の楽しみは昼食だと言っておきながら、三日目にして漸く始動出来た感じです。今日は元祖小いけにやって来ました。昨日の今日でまたカレーかと思われるでしょうか。昨日カレーで消化不良な思いをしたからこそ今日カレーが食べたかったのです。そしてカレーの美味さに満足しただけでなく、今日は次から次へと印象的な場面が展開しました。

前回立てた仮説が、魔法のランプのような容器でルウが供されるのは大盛りを注文した時ではないか、というものでした。そこで今日は大カツカレーを注文しました。するとここで幸運が。私の直後に入って来て近くの席に着いた人が、普通盛りのカツカレーを注文したのです。願ってもない展開です。

DSC04424_20190906132857120.jpg
果たして遂に念願の魔法のランプが私の目の前に運ばれてきました。ランプだけでなく、ステンレスの水ポットや薬味入れ、ナプキンに巻かれた食器などと一緒になると一層絵になります。そしてやはり普通盛りのカツカレーは初めからカレーをかけた状態で出されていました。恐らく大盛りに初めからルウをかけると皿の縁ぎりぎりになってしまうからなのでしょう。とにかく仮説は正しかったことになります。

当店のカレーの特徴は、何といってもちゃんと辛いことです。やはりカレー専門店ならばこうでないといけません。ココ壱のカレーの3辛くらいなので、辛いものが苦手な人は無理でしょう。辛いものが好物の私でも額から汗が噴き出てきます。
すると驚いたことに、小学生くらいの子供の四人連れが入って来ました。これも昨日見掛けたのと同じような修学旅行生なのでしょう。こんな辛いカレーを子供が食べられるのだろうか、と思っているとさらに驚いたことが。店員のお姉さんが厨房に注文を伝える元気な声が響くのですが、「カレー、ルウ別で一枚」と言うではありませんか。大盛りを食べずして魔法のランプだけ得ようとは不届き者ですが(笑)、秘密を解き明かした今、次の機会には私も普通盛りのルウ別を注文するかも知れません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
お待ちかねの時間がやって来ました。今回も函館での一番の楽しみは昼食です。まずはラッキーピエロかたつみ食堂か、それとも小いけのカレーかというところですが、前回は函館入りした時にちょうど三割引きをやっていたという理由から、ラキピはラキピでもまさかのカツ丼から入るという意外な展開でした。そして今回も同様です。

DSC04399_20190904122332117.jpg
人見店はラッキーピエロの中で唯一ラーメンと餃子を出す変わった店舗ですが、水曜日にはラーメンが三割引きになるのです。いくら割引きとはいえ、流石にラキピでラーメンもなかろうと思っていたのですが、車で行くから一緒にどうかと誘われたなら乗らない手はありません。

DSC04401_2019090412233283a.jpg
DSC04402_20190904122333a45.jpg
DSC04400_201909041223100b7.jpg
人見店を初訪問出来たのも収穫でした。そして平日は餃子も半額ということで、塩ラーメンと餃子を注文。二つ合わせて581円は安いです。それにしてもまさかラッキーピエロでラーメンと餃子を食べることになるとは思いませんでした。味の方はラーメンはそこそこ、餃子はやや残念でした。しかしラッキーピエロの面白さをまた一つ知れたという意味では貴重な経験となりました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。