即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継
お知らせ
●携帯端末で即時更新しています。
●後から写真を貼り付けていきます(なるべく翌日朝までに)。
●月別アーカイブ、カレンダーの日付けから入っていただくと、記事を古い方から順にお読みいただけます。
コメントについてのおことわり

 | ホーム |  次の頁→

DSC04398.jpg
昨日ラーメン小金太を訪ねたからには、今日は勿論のり一です。簡潔な品書きに、厨房とカウンターを仕切って雷紋の赤い暖簾が掛かるなど、これぞラーメン専門店という明快な雰囲気が素晴らしいです。ラーメン中が500円、大が550円という価格も魅力的ですが、以前はもう百円安かったのです。そして昼の時間帯はさらに百円安く、中は300円という破格だったのですが、久し振りにやって来たら値上げの上に食券制が導入されていました。この店も時代の流れとは無縁でいられなかったようです。

DSC04400.jpg
ここのラーメンの特徴は、何といっても白いことです。透明な塩スープにもやしが乗り、麺も真っ白なものだからまさに白い丼です。その外見から想像される通りに薄味で、飲んだ後のしめにすいすいと入ります。やや太めでもっちりした麺も絶品。
飲んだ後のラーメンというと、調子に乗ってつい濃いものを食べてしまうという背徳感が味わいの半分だと言っても過言ではありませんが、ここは違います。本当の意味で飲んだ後にこれ程合っている一杯はありません。店内の雰囲気も含めて、です。多少の変化はともかくとして、健在であったことを何より嬉しく思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04362.jpg
鹿児島のラーメンといえば何といっても「のり一」と「小金太」です。どちらでもよかったのですが、通り掛かって程よくまとまった空席が見えたので今夜は小金太に吸い込まれました。

DSC04363.jpg
久し振りに味わってみて、改めてその美味さに唸りました。とにかくスープが美味い。甘味さえ感じる程の濃厚なコクがありながら、くどさや余分な脂は一切なく、まさしく完成された味わいです。細麺との相性も抜群、チャーシューも良い。本当に美味いラーメンです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04265.jpg
都城の市街地でちょうど昼時です。ここを逃したら一生チキン南蛮を食べる機会はないかも知れません。初心者なので初めは手堅く有名店の「おぐら」といきたいところでしたが、都城にはおぐらがありません。そこで町の古い食堂である天花を訪ねました。

DSC04266.jpg
目の前に運ばれてきたチキン南蛮を見て、その巨大さに度肝を抜かれました。しかし量が多いだけではありません。衣が薄く軽い味わいに揚がっていて、甘酢ソース、タルタルソースも美味い。そしてこれらが三位一体となって完成された味わいです。キャベツが甘酢ソースに浸っているところもたまりません。あっという間に完食してしまいました。
チキン南蛮の美味さだけでなく、気前の良い盛りで地元で愛される食堂の雰囲気が実に良いです。人気はチキン南蛮定食よりも50円安い730円のカツカレーのようです。これまたかなりの盛りで、気になって仕方ありません。都城を訪れる機会がまたあるかどうか分かりませんが、この店は忘れずに覚えておきたいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04156.jpg
前述の通り、私は福岡のコシが全くないうどんを特に好きというわけではありません。本日の朝食もまたぞろ牛丼屋も視野に入れていたのですが、次に福岡に来られるのはいつになるか分からないという今朝に限っては、流石にそれは無粋というものでしょう。大好きな福岡への別れの挨拶代わりにウエストでうどんをいただいていきます。

DSC04157.jpg
かき揚げうどんを注文しました。揚げたてで巨大なかき揚げが別添えで来るのがウエスト式です。海老や貝柱がたっぷり入って食べ応えも十分。葱と天かすが好みで盛り放題というのも良いです。これでたったの450円というのは天晴れです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
福岡での朝食は、いくつかの候補がありました。まずは博多駅ホームのかしわうどん。ただしこれは朝から列車に乗る時に限られます。それから博多駅の地下街には安価に朝定食が食べられる店が何軒かあり、これもよく利用していました。豚骨ラーメン食べたさに11時まで待って朝昼兼とする時もありましたし、牛丼屋で済ませることもありました。

DSC04091.jpg
DSC04092.jpg
そしてもう一つの有力な候補がウエストのうどんです。今日はウエストにしました。洗濯以外にも色々と忙しく、こんな時間になってしまいました。となれば朝昼兼にしてしっかりいただきます。天麩羅二種と玉子が乗った天得うどん590円が水曜日限定の割引品ということで、こちらにしました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04045.jpg
本日の朝食は、これしかないという店がありました。近くに24時間営業の資さんうどんがあったのです。福岡ならばウエストか牧のうどんですが、北九州はこの風変わりな名前の資さんうどんです。初めて訪ねたのですが、良くも悪くも大衆的。うどんの注文は席に取りに来てくれるのに、おでんは自分で取るというのが面白いです。品数豊富で朝定食や酒のあての小鉢、持ち帰り用の弁当まであります。朝から飲んでいる人もいます。

DSC04046.jpg
初心者なので奇をてらわず、550円のかしわうどんを注文しました。肉の脂が溶け出して甘くなった出汁は、これぞかしわうどんという味わいです。卓上に置かれた天かすととろろ昆布は好みで盛り放題です。福岡のうどんはコシが全く無くて柔らかいのが特徴ですが、こちらは弱いながらもコシがあるのが印象的です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03905.jpg
本日の朝食は、これしかないというものがありました。シクロの家の目の前、今治駅に駅弁を卸している二葉という店がこんな時間からすでに開いていて、朝定食が食べられるのです。

DSC03906.jpg
620円の朝定食は騒ぎ立てる程美味というわけではないのですが、具の玉葱の甘味が出た味噌汁や美味い焼き鯖、柔らかいご飯など、画一的なチェーン店の食事とは一味違います。また、付け合わせなど一部駅弁に入っているのと同じものがあるかと思うと、鉄道好きにとっては味わい深いものがあります。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03781.jpg
図らずも八幡浜で昼時になりました。しかし残念だったのは、八幡浜駅に併設された良心的な値段の食堂が定休日だったことです。となれば南予名物のちゃんぽんでしょう。とはいってもこれといった目当ても事前の情報もないので、今回は手堅くツーリングマップルや駅の地図にも載っている老舗の丸山ちゃんぽんにしました。古い商店街の狭い路地に建つ様が良いです。

DSC03782.jpg
普通のちゃんぽんが550円、特製ちゃんぽんが650円だったのでほぼ迷わず特製ちゃんぽんを注文しました。違いは具の量とのことだったので、野菜や魚介がどっさり乗っているものを想像していたのですが、意外にもそっけないものでした。しかし値段を考えれば相応とも思えます。
そして特筆するような美味でもないというのは、宇和島一の人気店とも言われる菊屋で食べた時の感想と変わりません。しかし良心的な価格で地元の人の日々の食事となっている大衆食堂の雰囲気は捨て難いものがあります。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03738.jpg
古町から市内電車に乗って市駅まで来ました。銀天街の煌びやかなアーケードを歩いて、目指すは鍋焼きうどんです。ところが目当ての「ことり」にはまさかの臨時休業の張り紙が。すぐ近くの同業「アサヒ」へ行ってみると、空席待ちをしています。

もとより並んでまで食べたいと思う程のものではない上に、甘みの強いアサヒよりも穏やかな味付けのことりの方が好きなのです。こうなると無理をして食べるなどあり得ません。では昼食をどうするかというところですが、すぐ近くに見過ごせないものを発見しました。赤乃れんという甘味処の店頭に、小さく「本日のランチ、チキンカレー300円」と掲げられているのを偶然見付けたのです。

DSC03737.jpg
じゃがいも、人参、玉葱が沢山入った家庭のカレーの味。下手に凝ったカレーよりもむしろ大歓迎です。そして皿が運ばれてきた瞬間にあることを確信しました。おばちゃんがご飯の盛りをかなり多めにしてくれたのです。私の他はおばあさんばかりで、皆カレーを食べていますが、おばあさん達の皿と私の皿で明らかに違うのです。

これがたったの300円で食べられてしまうとは。何より腹だけでなく心が満たされました。おばちゃんに礼を言って店を出ました。それにしても、甘いものが大の苦手の私がまさか甘味処に入ることになるとは不思議な縁です。旅先での良い出会いでした。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。

DSC03675.jpg
松山市駅まで戻って来たところで、駅前にある松山の名物店でゅえっとを訪ねます。驚いたのは、開店間もない11時過ぎだというのに満席だということです。以前から噂は聞いていたものの、ここまでの人気店とは思いませんでした。しかしこのために朝から飲まず食わずで耐えてきました、このまま引き下がるわけにはいきません。幸い間口は狭いけれど店は奥に広く、回転も良いので、数分と待たずに席に通されました。

注文するのは言うまでもなく名物のミートソーススパゲティです。とんでもない量と聞いていたので、当然小を所望しようと思っていました。ところが空席を待っている間にカウンターで食べている人の様子がよく見えました。普通盛りと小盛りをそれぞれよく見た結果、普通盛りでもいけそうだったので普通盛りを注文しました。ちなみに普通盛り900円、小盛りは700円です。

DSC03676.jpg
普通盛りで優に三人前か、それを超える量があるでしょうか。しかし麺が細めなこともあり、特に苦もなく食べ切れました。
それより、量よりも問題な事があります。味が大して美味くないのです。ミートソースは甘めの味付けで、香り高いわけでもなく深いコクがあるでもなく、凡庸な味わいでした。量が多いこともあり、せめて味を変えるために卓上にタバスコやチーズを置いてくれればいいものを、これがないのも残念でした。決して不味いわけではないのですが、また来たいとは思えません。色々と期待外れの店でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。