即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継
お知らせ
●携帯端末で即時更新しています。
●後から写真を貼り付けていきます(なるべく翌日朝までに)。
●月別アーカイブ、カレンダーの日付けから入っていただくと、記事を古い方から順にお読みいただけます。
コメントについてのおことわり

 | ホーム |  次の頁→

DSC00477_2019010917201144d.jpg
これまで居酒屋の二軒目にはひたすら焼き鳥屋の良店を探し求めてきましたが、本当はそれよりも大事な仕事がありました。福岡名物の一つであるもつ鍋を食べることです。早いところ一度食べてみたいと思いつつここまで引き延ばしたのは単純な理由からです。殆どの店でもつ鍋は二人前からの注文となっていて、独酌には肩身が狭い、というか食べようがなかったのです。

DSC00585_20190109153906fa0.jpg
しかし全てが全てではありません。調べてみれば一人前から出してくれる店も少ないながらあります。博多駅の周辺に多いようで、今日こそは好機です。訪ねた店は博多駅と直結のビルの地下二階、階段の目の前にある店の暖簾をくぐってすぐの所が仕切りを設けた一人客用のカウンターになっていました。有り難いと思うのと同時にここまでやられると味気なさ過ぎて虚しくも感じましたが、今日のところはとにかくもつ鍋を食べることが目的なので余計な事は考えずに席に着きました。

DSC00586_201901091539086d3.jpg
もつ鍋というからにはとにかくこれでもかというくらいもつを食らいたいところですが、主役たるもつはそう多くなく、物足りなさが先行します。しかし食べ進めるうちに徐々に評価が変わってきました。まず野菜がとても美味なのです。韮もキャベツも牛蒡も、そして野菜だけでなく葛切りやえのきも絶品です。スープもうっとりするくらい美味い。スープの香りが余りに良いものだから、初めはそのつもりは全くなかったのに締めの麺を所望してしまいました。
ここから分かってきたのは、一応もつが主役と謳っているものの、総合的な鍋料理として楽しまれているのだろうということです。もう一つ興味深いのは、こちらではもつ鍋は各家庭で日常的に食べられていることです。スーパーの店頭に行けば、もつ鍋用と称したもつ、野菜類、スープの元などが沢山売られています。家庭毎に味があり、専門店に行けば一段上の本格的なものが味わえ、どちらにも良さがあるという点では、カレーライスのようなものなのでしょう。一度一般家庭のもつ鍋をいただいてみたいものです。その機会はまずなさそうですが…

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00503_2018123012050225e.jpg
有名店、大規模チェーン店は不味い店という先入観は誰もが持っていると思いますし、私もそうです。しかし必ず当てはまるとは限りません。福岡の豚骨ラーメン店も大手チェーンは益体もない店が多いですが、その中でかつて良いと思っていた店がありました。大名にあった「一幸舎」です。博多駅の中に入る一幸舎はまるで大したことありませんが、大名の店舗は美味かったのです。ところが今回福岡に来たらその大名の一幸舎がなくなっていましたorz

DSC00504_20181230120504e21.jpg
皮肉なことに居抜きで同じ豚骨ラーメンの店が入っていました。それが表題の店で、物は試しと入ってみました。この店のラーメンには大きな特徴があります。魚介の風味が加えてあるのです。即座に思い出したのが正統派の豚骨スープに海老の脂を加えた那覇の「麺や偶もとなり」です。あの店のラーメンは微かな辛みをもって全体の味わいをまとめた意欲的な作でした。残念ながらここくまちゃんらぁめんはそれには及ばず、魚介の臭みが加わっているだけで素の豚骨ラーメンより美味くはなっていません。
少なくとも次回は、一幸舎のようなてらいなき正統派の豚骨ラーメンを食べさせてくれる店の暖簾をくぐりたいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
多くのラーメン店が密集している様を見ていたら、折角長浜まで来たのだからここで締めのラーメンを食べていきたいという気持ちが強くなりました。長浜といえば屋台という印象ですが、大きく様変わりした風景を見て愕然としました。遠い記憶の中にあった長浜の風景は、港近くに多くの屋台が建ち並び、雑然とした中にも独特の活気と賑わいがあるというものでした。

DSC00401_201812090836458a0.jpg
しかし今や、新しくも窓が一切ないビルの巨大な壁というどうにも殺風景なところに、三軒の屋台が寂しく明かりを灯すというものです。これを見て屋台で食べる気が失せてしまいましたorz

DSC00400_201812090836433c8.jpg
ではどこに入るかです。店を構えているラーメン屋も沢山ありますが、どれも直感的に閃くものがありません。結局は自分でもこれでいいのだろうかと疑問に思いつつも、有名店の長浜ナンバーワンに落ち着いてしまいました。しかし良い意味で裏切られました。

DSC00399_201812090836420d2.jpg
かつて博多駅だったか祇園だったか、別の店舗で食べた際、味も接客も店内の雰囲気も駄目で、これは益体も無い店だと思ったのです。ところがこの一杯は実に美味でした。豚骨ラーメンはスープが命ですが、後味に独特の甘味とコクを感じるスープが絶品です。
天下一品や坂内食堂のように、各地に店舗を構える有名店でありながら本店とその他の店でまるで味が違うところもあるものです。長浜ナンバーワンもどうやらそれに当てはまるようです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00384_20181208105651345.jpg
土曜日の朝にのんびり外食するのはいいものですが、吉野家で食べるのが習慣化してきました。今日もそのつもりで株主優待券を携えて行ったのですが、ウエストの看板が視界に入り、咄嗟にそちらに吸い込まれました。吉野家も流石に飽きてきたこと、とにかく寒いのでうどんで体を温めたかったことの二つの理由からです。

DSC00385_20181208105652075.jpg
730円のうどんとかき揚げ丼のセットを注文しました。うどんには卓上から葱と天かすを好きなだけ入れられます。私はうどんといえば讃岐うどんで、コシがない福岡のうどんは大して好きではありません。しかしその柔らかさ故に喉の奥に熱いうどんが張り付くのは讃岐うどんにはない食感であり、悪くはありません。夏よりも冬の方が美味く感じられる食べ物という印象を持ちました。
そしてかき揚げ丼です。注文を受けてから揚げるので熱々で食感も最高、とにかく大きく厚く、惜しげもなく具がたっぷりなので大満足です。このセットは私には量が多過ぎました。かき揚げ丼の単品ならこの内容で580円です。うどん発祥の地の人気チェーン店の面目躍如といったところでしょうか。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00305_20181124081004347.jpg
豚骨ラーメン発祥の地に来たからには、最後にラーメンをいただかないわけにはいきません。豚骨ラーメンだけではありません。福岡には全国の屋台の四割があると言われていますが、屋台の発祥も久留米だと聞いたことがあります。福岡以上に焼き鳥屋がやたら多いのも久留米です。ここはチェッカーズや松田聖子を輩出した町でもあります。新しいものを生み出す力は何処に宿っているのか、その歴史的な背景は何であるのか。さらに勉強が必要なようです。

DSC00303_20181124081001809.jpg
DSC00304_2018112408100487b.jpg
西鉄久留米駅の周辺は賑やかな繁華街ですが、鹿児島本線の久留米駅の周辺は殺伐として寒々しい雰囲気です。そんな久留米の駅前にぽつんと明かりを灯すその名も来福軒を訪ねます。
てらいのない、これぞ豚骨ラーメンという一杯です。好き嫌いが分かれそうな独特の香りに、濃いコクのあるスープ、それでいながら後味はさっぱりしています。麺も美味い。唯一辛子高菜が置かれていないのが残念ですが、一杯570円という、他店に比べてやや良心的な設定です。創業64年の歴史は伊達ではないと思わせる名店です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00244.jpg
福岡であちこちを訪ね歩くようになって発見したことがもう一つあります。ラーメン店が、一杯600円台程度の標準的な価格帯のものと、一杯300円台の格安店に大別されることです。これまでこのような格安店に入ったことは一度もありませんでしたが、このあたりで試してみるのも一興と思いました。

DSC00245_20181118113039ee5.jpg
一杯360円のラーメンは流石にスープにコク、深みがない味わいです。しかし微々たる差だとも言えます。そしてこの店は胡麻を自分で好きなように入れられます。ラーメンには胡麻をたっぷり入れるのが好きだと言いましたが、そうするとそれらしい味になり、これで十分とも思えるのです。辛子高菜が置かれていなくて着色された紅生姜のみだったのは残念ですが、この価格でこの内容の奮闘ぶりには拍手を送りたいものです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00196.jpg
先日、三社参りの一社目に筥崎宮を訪ねたわけですが、すぐ目の前にある店がずっと気になっていました。プレハブにも通ずる素っ気ない仮設の佇まいでありながら、やけに大きいという不思議な建物です。そして硝子戸の向こうにラーメンと書かれた暖簾や提灯が置かれているのが見えました。開店したらどのような店になるのだろうと、忘れられなかったのです。その花山を漸く訪ねました。
概ね想像していた通りの雰囲気でしたが、とにかく大きく、そして明るいです。それでいて下品なところがない。これは期待が高まります。

DSC00198_20181112063907d64.jpg
この建物の中に屋台が入っていました。それでいながら各所はぴかぴかにきれいで、しっかりした建物です。つまりこの屋台は演出なのですが、ある事にすぐ気付きました。筥崎宮の目の前という極上の立地、古めかしい屋号、建物の中に敢えて屋台を忍ばせる演出…ここも先日訪ねた「本家藤よし」と同じように、元は筥崎宮の参道の屋台から始まった老舗と見て間違いないでしょう。

DSC00199_20181112063908be7.jpg
そして印象的だったのは、ラーメン店を謳っているものの完全に居酒屋だったことです。それが証拠に、席に着くと即座に店員に「お飲み物は?」と訊かれたのです。実は居酒屋二軒をはしごした後で、ラーメンだけをいただくつもりだったのです。しかし初見だしここはこの店の流儀に従うべきだろうと思い、反射的にハイボールを所望してしまいました。
ラーメンは際立った特徴のないものです。しかしこれはむしろ褒め言葉と捉えて下さい。白濁して濃厚なコクのある豚骨スープ、真っ直ぐな細麺、白胡麻にキクラゲ、福岡のラーメンの手本のような一杯です。他の屋台料理も気になるところで、締めのラーメンには小盛りが用意されているのもありがたいところ。次は是非とも二軒目として来てみたいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00100_20181027132207d79.jpg
DSC00101_20181027132209359.jpg
その後も歩きに歩いたのでまだ正午ながら十分に空腹です。本日の昼食はウエストでいただきます。うどんと天麩羅が別皿で提供されるのがこの店の特徴ですが、こうなると最後まで別々に食べるのか、それともいきなりうどんの上に乗せてしまうのか、地元ではどういう食べ方が主流なのか気になってきます。両隣は私と同じ男の一人客、これは観察するに丁度よいです。ところが右隣の男はうどんと天麩羅を別々に、左隣の男は上に乗せて食べているではありませんか(笑)

結局はかき揚げの三分の一程を別皿の状態のまま食べ、途中からうどんの上に乗せるという、面白くも何ともない結末です。これこそは各々の好みでしかないのでしょう。そんな事はともかくとして、これだけ大ぶりで具沢山で美味なかき揚げが乗ったうどんが450円とは変わらず良心的です。待ち客が出る盛況、地元で広く愛されるのも当然と言えるでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00082.jpg
大分昼が遅くなってしまいました。そして先日も食べたばかりの博多駅ホームのうどんをいただきます。望んでこうしたわけではありません。消去法、というか選択肢が次々と奪われてこうなってしまったのです。

初めは太宰府詣でを終えたところで昼食を食べようとしたのです。とはいっても参道や駅周辺には観光客をあてこんだ俗な飲食店を絵に描いたような店しかありません。ならばもう少し先に進んでから、とも思いましたが、腹具合も時刻も頃合いで、この先にこれといったあてもありません。この際だからチェーン店の「一蘭」のラーメンでもいいかと思い、太宰府駅の目の前にある店舗に入ろうとしたその時です。旗を掲げた添乗員を先頭にした三、四十人程の中国人の団体に、僅かの差で先を越されてしまったのです。あっという間に店先は埋め尽くされてしまい、近付くことも出来ません。この人数でそう大きくない店に飛び込みで入ろうという、その発想が恐ろしい。
ともかく一蘭に入ることは不可能になってしまいました。大宰府から二日市までの電車はがらがらに空いていることは確実だったので、コンビニでおにぎりを買って車内で食べるという案が次に浮かびました。ところが太宰府駅の向かいのコンビニは、こちらも店内が大勢の客でごった返している様子が見えました。これでは煩わしい上に電車に乗り遅れる可能性があります。仕方ないので空腹を我慢して電車に乗り、移動しました。二日市の駅前には何かあるだろうと思ったからです。しかし何もありませんでしたorz
空腹が過ぎて辛くなってきたところで漸く列車が博多駅に着き、何を考える余裕もなくまっすぐうどん屋に向かったという顛末です。

DSC00081_201810251651390d7.jpg
ここではいつもかしわうどんと決まっていましたが、流石に先日食べたばかりなので趣向を変えて430円の平天うどんを注文しました。少量ながらこれにもかしわが入り、かしわうどんより10円高いだけで両方味わえるという点ではお得です。平天も立ち食いスタンドのものとは思えない美味で、大いに満足しました。ここは終わり良ければ総て良しということにしておきましょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
ちょうど昼時、具合の良い時間に博多駅に着いたものです。とはいっても前述の通り朝食が結構重くて、さらには東京で暴飲暴食が過ぎたので節制したい思いがあります。しかし今日はこれからが忙しく動き回らねばなりません。燃料切れを起こさないためにも敢えてしっかり昼食を食べておきます。

DSC00005.jpg
そしてこの展開ならばこれしかありません。福岡に戻って来た挨拶代わりに、博多駅3、4番線ホームのうどん屋でかしわうどんをいただきます。

DSC00006_201810201547495d4.jpg
甘めの味付けやコシの無いうどんが福岡を感じさせてくれます。食べている間にホームに885系電車が入ってくるのだからたまりません。1、2番線ホームと5、6番線ホームはラーメン、間に挟まれて真ん中のホームがうどんというのも面白いです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。