即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継
お知らせ
●携帯端末で即時更新しています。
●後から写真を貼り付けていきます(なるべく翌日朝までに)。
●月別アーカイブ、カレンダーの日付けから入っていただくと、記事を古い方から順にお読みいただけます。
コメントについてのおことわり

 | ホーム |  次の頁→

DSC01624.jpg
本日の昼は利尻島の海鮮でもなくセコマでもなく、意表を突いてラーメンです。訪ねるは沓形の町中にある味楽です。
日曜であることは離島において関係あるのか、13時を過ぎているというのに満席の盛況です。とはいえ行列という程ではなく、相席の了解をとった上ですぐに席に通されました。

DSC01625.jpg
注文はこの店一番のおすすめである焼き醤油ラーメンです。利尻昆布の中でも最高級品をたっぷり出汁に使っているというのが売りらしいのですが、まさにその通りの素晴らしい味です。
昆布の濃厚なコクと甘味が香り、醤油味は柔らかく控えめです。昆布の旨味を前面に出した味わいながらわざとらしさやバランスの悪さは全くなく、あくまでも上品。絶品のスープです。醤油ラーメンで850円はやや高いかと思ったのですが、これならば納得です。五人もの店員が忙しく働く様も離島とは思えぬ賑わい。これぞ利尻の名店です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01545.jpg
DSC01546.jpg
昼時に音威子府に着くというのは理想的な流れです。近年は食事時を外したり定休日と重なったりと不運が続いていましたが、久方ぶりに音威子府の駅蕎麦を味わうことが出来ます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01492.jpg
二軒目へ移行します。旭川のラーメン店では久しぶりの新規開拓です。やって来たのはほうりゅうです。

DSC01494.jpg
醤油スープでありながら赤茶色で、微かな甘味と酸味が香るのは悪くはないのですが、深みが足りません。極細ながら味が乗った麺は美味です。チャーシューは全く煮込まれておらずごりごりに固いもので、残念でした。
ラーメン激戦区旭川で良店と呼ぶには足りないというのが正直な感想です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01490.jpg
もちろん朝昼兼で旭川市内でラーメンをいただきます。本当は味乃やまびこに行きたかったのですが、よりにもよって水曜が定休日でした。そこで、空腹も限界なので他の店よりやや早く開くということもあって毎度お馴染みの蜂屋へ。ここは旭川でも特に好きな店なので、こちらを再訪するのもまったく悪くありません。

DSC01491.jpg
焼き干しの風味とコクに焦がしラードの香りが合わさったスープはまさに至高。完成された味わいです。今回も変わらぬ美味さを堪能しました。ごちそう様でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01469.jpg
岩見沢の名物格安食堂、かまだ屋で昼食をいただきます。予て気になっていたのですが初めて来ることが出来ました。岩見沢市内に五店舗あるようなのですが、本日訪ねたのは志文店です。

DSC01470.jpg
もっとも高い、天麩羅、揚げ、玉子が乗ったそば3Sでも390円という驚きの安さです。味も悪くない。天麩羅はどうしようもないですが、揚げ、つゆ、蕎麦は美味いです。客層は作業着姿が中心で、濃いめの味付けは働く男達のためのものでしょう。
さらに小ぶりの丼に盛られた半カレーは140円で、思わずこちらも所望してしまいました。それでも全部で530円です。極めてとろみが強い昔ながらの立ち食い蕎麦屋や学食風のカレーで、懐かしい味わいです。
そして何より、正午を待たずに地元客が次々とやって来ては席を埋め、回転が良いので満席になるでもなく常に程よい賑やかさが保たれている様子が素晴らしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
予想外に札幌滞在が延びていますが、こうなると一回くらいはラーメンを食べたいところです。札幌はラーメンの激戦区ですが、名店が建ち並ぶのはやはりすすきのから札幌駅にかけてです。しかし今日においてはそんな事は関係ありません。雨の中傘を差して歩いて行くからには、店選びの基準はとにかく近いところになるのです。

DSC01455.jpg
そうしてやって来たのは昨日に続いて東光ストア、その中のフードコートにあるラーメン屋福八東光ストア豊平店です。こちらで朝昼兼の味噌ラーメンをいただきます。大型スーパーのフードコートなどといかにも安直な感じがしますが、札幌市内に他にも幾つか店があって創業45年の老舗ということです。

DSC01456.jpg
何よりラーメンが美味いです。甘味、辛味、酸味が絶妙に同居する味噌スープが絶品。煮込まれておらず固いチャーシューが唯一残念ではありますが、これぞ味噌ラーメンの魅力そのものです。スープ一滴残さず飲み干しました。しかし近年は歳のせいか、こういういかにも札幌らしい味の濃い味噌ラーメンを食べると疲れてしまうようになりました。そして札幌ラーメンは寒い冬に食べてこそ美味いという説は改めて正しいと思いますね。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01450.jpg
予定の通りサッポロビール園にやって来ました。ここにはこれまでにもう何十回も来ています。陳腐ですし、近年以前に増して観光地化してより俗な雰囲気になっていることも否めません。しかし、生ビール飲み放題にジンギスカン食べ放題が四千円台なのですから、合理的に考えても良い所であるのは間違いないのです。そして広く天井の高いホールでこれを味わえるのはまさに無二です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01428.jpg
DSC01430.jpg
これは第二の朝食と言うべきか、それとも早過ぎる昼食か。10時に食事をするというのはかくも中途半端ですが、そんな事はともかくとして、レッドバロンから環状通りをそのまま真っ直ぐ走ってみよしの環状光星店にやって来ました。札幌の名物店ですが、実は初めてなのです。

DSC01429.jpg
初めてなので二大看板のカレーと餃子に漬け物が添えられた最も基本のみよしのセットを注文しました。これで470円という驚愕の安さです。味ははっきり言って冷凍の餃子とレトルトカレーを買ってくれば簡単に再現出来てしまいます。しかしここではそれは問題ではありません。地域の住人の日々の食事を安価にまかなう商売の存在に意義があるのです。
大盛りカレーに直接六個もの餃子が乗り、玉子まで落とされて597円のみよしの盛カレーも大いに気になるところです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01418.jpg
DSC01419.jpg
札幌は言わずと知れたラーメンの激戦区です。質の高いラーメン店が立ち並ぶ中で敢えて二郎に行くことを疑問に思われるかも知れません。が、二郎は私にとって完全な「別枠」なのです。いつかは全店制覇してみたいと思っていて、これまでに仙台店や新潟店なども訪ねています。

L字のカウンターは15席もあり、二郎にしては広い店です。隣との間隔や背後も広く、落ち着いて食べられます。客はほぼ全てが学生で、客の平均年齢が二十歳くらいではないかという恐ろしい店です。
極太麺はしっかりとコシがあって味もよく乗っていて、実に美味いです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
昼に食い倒れる町函館のトリを飾るのは、これまででも最も破壊力のある店です。とはいっても函館ならではのものというわけではなく全国展開している店なので、変化球といえば変化球です。それが情熱食堂なのですが、では何故そんな店に足を運ぼうと思ったかというと、クーポンに理由があります。

DSC01084.jpg
DSC01085.jpg
よくある無料の地域情報誌ですが、幾つかの飲食店で使えるクーポンが掲載されています。その殆どは飲み物一品が無料であるとか会計から百円引きなどといった大したことのない内容なのですが、情熱食堂は何と1,150円の定食がほぼ半額の590円という大盤振る舞いなのです。これは全国展開がどうのと言っている場合ではありません。

DSC01150.jpg
DSC01151.jpg
そしてここはパチンコ屋の中の食堂という変わり種です。外見はただのパチンコ屋で道を走っていても食堂の存在を示すものは何も見えず、これはそうと知らなければ来られません。

DSC01153.jpg
その名もスタミナ焼肉無双定食です。味は大したことありませんが、むろんそれは大事なことではありません。とにかく凄い盛りです。さらにはご飯の中盛、大盛も無料という太っ腹で、大盛は何と450gもあります。

DSC01152.jpg
そしてそれだけではないのです。そもそもこれだけの肉にせよご飯450gにせよ、食べ切れると思っていません。それでも迷わず大盛りを注文したのは、店内に食べ切れなかった分を持ち帰る容器、輪ゴム、ビニール袋までご丁寧に用意されているからです。即ち、初めから二食分にするつもりで来たのです。
二食で590円ですからこんなにお得なクーポンは滅多にないでしょう。最強の破壊力と言ったのは焼き肉それだけではなかったということです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。