即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継
お知らせ
●携帯端末で即時更新しています。
●後から写真を貼り付けていきます(なるべく翌日朝までに)。
●月別アーカイブ、カレンダーの日付けから入っていただくと、記事を古い方から順にお読みいただけます。
コメントについてのおことわり

 | ホーム |  次の頁→

DSC09995.jpg
国道306号を快走して南下してきました。国道23号に出て、津の市街地を通り過ぎつつあります。
ここまで来ると、昼食に何を食べようかというと先ず思い浮かぶのは伊勢うどんです。ところが、朝が早く軽かったので、もう空腹も限界という感じでした。また伊勢うどんはそもそも大した食べ物でないというのもあります。これは牛丼屋でも出現したら入ってしまうか、と思っていたところ、大型ショッピングモールの一角に安価な蕎麦屋を見付けたので吸い込まれました。屋号は鐘庵で、安さと雰囲気からしてチェーン店のようですが、少なくとも東京では見たことがありません。

偶然にも開店直後の11時3分に入店したのですが、既に十人もの先客がいて驚きました。そして私が食べている間にテーブルが全て埋まるという大盛況です。家族連れが多い日曜らしい客層ではあるものの、午前中からこうとは、地元で人気なのでしょう。

DSC09996.jpg
かけ蕎麦と牛丼小のセットで640円です。特筆すべき点はないものの欠点もなく、例えて言うなら、職場の近くにあったなら週に一度は来たくなる店です。大手牛丼チェーン店とは少し違った柔らかい味の牛丼も印象的でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
朝を軽くした理由とはこれでした。敦賀ヨーロッパ軒でソースカツ丼をいただきます。

DSC09976.jpg
実は敦賀の町に着いたのが十時で、これは十一時の開店までに間が空いてしまうから諦めることになるのか、と思っていました。ところが敦賀港駅の鉄道資料館が無料で見応えも十分という僥倖により、ちょうど上手く時間が噛み合った次第です。
ところがちょっとした事件が起きました。開店一番で本店に乗り込んだのですが、目の前で三十人程の集団が店に入っていったのです。それも、車で乗り付けたというなら分かるのですが、何処からかぞろぞろと歩いて来たのです。これは一体どういう現象なのか。鬱陶しいというより気味が悪かったです。
目の前で集団に入られてなかなかカツ丼にありつけない心配よりも、この得体の知れない連中と同席したくないという気持ちになりました。そこで咄嗟に駅前店に鞍替えしたのですが、こちらは地元客だけで三割の入りという誠に健全な状態でした。

DSC09977.jpg
そんな紆余曲折を経て久々に味わったソースカツ丼は絶品でした。揚げたて熱々のカツ、酸味が香るソース、絶妙な炊き加減のご飯にソースが染み込み、これらが渾然一体となった味わいは無二のものです。
ご飯も一合はあろうかという盛りの多さで食べ応えも十分過ぎる程。この重量感、満足感こそカツ丼の魅力そのものです。ごちそう様でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09730.jpg
山梨市駅の近くにあるのんきばぁ~ばという店を訪ねます。店では滅多に食べられない、手打ちのほうとうが食べられる店です。昼に食べたい少々重いものとはこれのことでした。

いざ来てみるとやや俗っぽい雰囲気で品数もとても多く、意表を突かれました。しかしそれを逆手に取れば、酒も良心的な価格の一品料理も多種用意されているので、明らかに居酒屋使いが出来ます。

DSC09731.jpg
今日のところはそれはともかくとして、このほうとうは絶品です。汁、具、麺、付け合わせの漬け物に至るまで全てが美味です。
しかし、1,200円というのは結構な値段です。そして分量がかなり多い。もし半分の量で600円、いや700円でもいいから出してくれれば山梨に来る度に通うのですが…
まあでも、旅の道中で郷土料理の本当に美味なものに出会えたことに感謝します。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
試合までにまだ時間がありますが、早めに横浜に来たのはここで食べるためでした。ラーメン二郎の横浜関内店です。
球場直行なら一度も乗り換えをせずに行けるというのに、ここへ来るためにわざわざ横浜で根岸線に乗り換えたのです(笑)

DSC09666.jpg
横浜での野球観戦の前にここで食べるのは昔からの慣行でしたが、久し振りの訪問となりました。開店の45分前に着いたのですが、既に30人程の先客が列を作っていました。相変わらず大した人気です。
…と思いきや、既に営業が始まっていて驚きました。何ともいい加減ですが、二郎らしいと言えばらしいです。

DSC09667.jpg
普段は麺少なめを注文するのですが、今日は酷く腹が減っていたので小をたのみました。もちろん豚増しで麺はいつも通り硬め、野菜ニンニクカラカラです。
麺やスープは言ってしまえば何処ででも食べられるようなものですが、この店の魅力は何といっても豚の美味さに尽きます。ここまで美味いチャーシューを出す店が果たして全国に幾つあるのだろうかと思う程です。あとは良くも悪くも随所に古き良き二郎らしさを残しているところでしょうか。
近年豚Wの売り切れが常態化しているのが惜しいですが、久々の味わいは格別です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
二軒目へ移行します。
…と言いたいところですが、事はそう簡単ではありません。昨日に続いて朝一番からのラーメン屋の混雑が大きな障壁です。開店前から行列が出来ていた坂内食堂や一平はもちろん論外。昨日訪ねた麺や玄は、はっきり言ってまた食べたい程の味ではありません。

DSC09551.jpg
ところが、この問題が昨日一気に解決したのです。ひさじ屋の入り口に何やら張り紙がしてあると思ったら、本来は十時開店のところ日曜祝日に限って朝七時開店を始めたという知らせでした。今日も七時に開けるということを面と向かっても確認しました。これで何も迷う必要はありません。そして満を持してやって来ました。
二軒目へ回したのは言うまでもなく混雑の可能性がないからです。実はあの後大みなと味平もあれよあれよという間に大混雑になったのです。単に開店五分前の到着が奏功しただけのことでした。

昨日の昼に食べたものと全く同じですが、そんな事はまるで問題ではありません。それ程までにここのチャーシューは美味いのです。次に喜多方へ来た時にも必ず訪ねたいものです。ごちそうさまでした。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
朝食は言うまでもなくラーメンです(笑)

DSC09548.jpg
七時開店の幾つかの店の中でもさほど混雑はしないだろうと見込んで、ちょっと不思議な屋号の「元祖大みなと味平」へ。開店五分前に着くと既に店は開いており、沢山の人が着席していました。改めて大型連休の凄さを実感しますが、朝っぱらから店外まで行列しているようなばかばかしい混雑ではありません。

DSC09550.jpg
喜多方ラーメンの見本のような仕上がりで美味いです。スープがやや弱い気もしますが、チャーシューの柔らかさと麺の食感は抜群です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
意表を突いて喜多方の町へ舞い戻って来ました。どうしても行きたいところがあったからです。それが「ひさじ屋」です。

DSC09543.jpg
長いこと会津に通い続け、喜多方でラーメンを食べ続けてきましたが、所謂人気店、有名店でないのに本当に美味いラーメン店はここに止めを刺します。中でもチャーシューの美味さは飛び抜けています。
味の沁み具合も煮込み加減も絶妙、しっかりと形を保っていながら、端の部分だけが舌の上で溶けます。舌の上で溶けるだなどと言うと観念的な表現と思われるかも知れませんが、この店のチャーシューは本当に溶けるのです。

DSC09544.jpg
表通り沿いのラーメン店はどこも列が出来ていました。ところがひさじ屋の暖簾をくぐると、奥の座敷にこそ先客はいますが手前のテーブル席には誰もいません。こうも美味いのに連休中の昼の12時台にこれでは、流石にありがたいなどと言っていられません。
相も変わらずの客入りに心配になりますが、そうやって心配しながら通い続けて四半世紀です。きっとこの先も大丈夫なのでしょう。ならば足腰と胃が丈夫なうちは通い続けるのみです。あとはどうか味を落とさないことを願うばかりです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
朝食は言うまでもなくラーメンです(笑)
本当は再び坂内食堂の肉そばを食べたいところですが、この連休のさ中、開店一番から大混雑なのは確実。これは過去の経験からも間違いありません。
それは開店前の一平の前を通りかかり、行列が出来ていたのを見た時に確信に変わったのですが、むしろ興味が湧いてきて坂内の前を通ってみました。果たして数十人が長蛇の列を作っていました。その前をもちろん素通りしてやって来たのが坂内のすぐ近くの「麺や玄」です。

DSC09510.jpg
お馴染み老麺会発行のラーメン店マップを見たところ、近年開店したと思われる新しい店の中で朝七時に開ける店がここだったのです。それなりに人は入っていたのですが空席は十分にあり、カウンターの何処に座ろうか迷った程です。これでは流石に有名店に行列するのはばかばかしいというものでしょう。

DSC09511.jpg
前置きが長くなってしまいました。なるほど、ここのラーメンを食べて、老舗の人気店には確かに一日の長があるのだなと思えてしまうのが正直なところです。しかしチャーシューを形が崩れるまで煮込むなど実直な仕事ぶりが伺えます。店員も皆若く、この店はこれからどんどん進化していくのでしょう。
何より今日のところは、連休のさ中に待つことなく朝ラーメンが食べられたことに感謝します。
ちなみに食べ終えて外に出ると、この店の前にも二十人程の行列が出来ていました。おそらく有名店の長過ぎる行列に辟易した人が流れて来たのでしょう。最初からここと定めて真っ直ぐやって来たのは正解でした。そして大型連休を舐めてはいけないと思いましたね。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09481.jpg
朝食に昨日に続いて白龍分店のじゃじゃ麺をいただきます。全く同じ店というのはまるで芸がありません。白龍以外の店を試す絶好の機会であり、私もそうしたかったのです。しかしじゃじゃ麺が食べられる店を調べたところ11時に開店するところが殆どで、この時間から食べられるのはここしかありませんでしたorz

DSC09482.jpg
しかし、美味くて安くて体も温まる最高の一皿であることには変わりません。わざわざやって来たくらいですから、またこれを食べられたことに素直に感謝しましょう。
開店一番でいきなりカウンターが埋まる盛況ぶりは流石です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
少し早い昼食をいただきます。そして盛岡で昼食といったらやはりここ、白龍のじゃじゃ麺です。

DSC09461.jpg
DSC09462.jpg
本店はまだ開店前なので今日は分店の方へ。変わらぬ美味さ、中盛りとちいたんたんで600円という良心的な価格、やはり最高です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。