即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

←前の頁  | ホーム | 

DSC08425.jpg
宇和島の町から県道274号線を北上してきたところ、素晴らしい景色と出会いました。吉田町の南、国道56号と合流する直前です。宇和海の湾を一望する峠が桜の道になっているのです。眼下に桜と海を見渡してて、そこへ向かって走っていくのです。

DSC08424.jpg
DSC08426_20180813104404cb2.jpg
DSC08428.jpg
通る車も殆どない鄙びた県道です。そして狭くつづら折りの線形だからこその景色でしょう。幹線道路だったらこの景色は成り立たなかった筈です。
不意にこのような絶景と出くわす、天気は残念ですが旅の大きな喜びを味わうことが出来ました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08430_20180813104452fcd.jpg
野福峠までやって来ました。峠道の所々を彩る桜もさることながら、大きく開けた視界に宇和海を一望する大展望が素晴らしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08432_20180813104455235.jpg
DSC08431_20180813104453bc9.jpg
宇和島の町の外れ、須賀川ダムの桜の美しさに思わずバイクを停めました。出発前に調べてきた桜の名所も、結構ダムは多いのです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
結局今日は一日本降りの雨に打たれ続け、そして走り続けました。走行距離も140kmに達し、我ながらよく頑張ったと思います。足留め、停滞の無為な日々にいかに鬱積していたかがよく表れていると言っていいでしょう。

さらに今日はこれからテント泊を敢行しようとしています。もちろん雨が降り続いているならこれはやろうと思わなかったです。16時頃にはあらかた止み、予報でも天気は回復に向かうとあるからです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
無為な日々と決別して本格的な旅が始まることは、言うまでもなく嬉しいことです。ですが、今回長いこと滞在した中村の町に礼を言うことも忘れてはなりません。

DSC08304.jpg
四万十川の河原のキャンプ場は無料で、さらに町が近くて便利でした。私はテント泊には合理しか求めないので、買い出しと風呂が近くないのは論外です。この条件を満たして且つ無料のキャンプ場ということで、四国南部で滞在するならここ以外にはあり得ませんでした。それにしても宿毛でのビジネスホテル泊を間に挟みつつ、延べ12泊もすることになろうとは思いませんでしたが。

DSC08189.jpg
DSC08300.jpg
風呂は言うまでもなく毎日中村温泉。番台のおばちゃんとはすっかり顔馴染みになってしまいました。結果論ですが、12回入ったわけですから回数券を買っておけばよかったです(笑)

DSC08188.jpg
買い物は主に中村温泉の近くのFujiでしました。中村は町の規模の割にスーパーが多くて、尚便利でした。それも、どこも明るくて品揃えも良い今時のスーパーです。
むろんキャンプ場にも欠点が無いわけではありません。雨や風を遮る物が何も無いので、雨が降れば雨ざらし、風が吹けば吹きさらしです。汲み取り式のトイレは夜には真っ暗闇で、炊事場は無く手で蛇口を押さえている間しか水が出ない小さな水道が二つあるだけでした。

しかしそれでも、望まなかった誤算とはいえ、四国南部で快適に滞在出来のは本当に有り難いことでした。そして宿毛と並んで中村が全国でも思い入れの強い土地の一つになりました。
惜しまれるのは、結局中村の居酒屋で飲めなかったこと、名残りを惜しむ間もなく飛び出すように出発してしまったことです。いつか機会があったらまた中村を必ず訪ねたいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。