即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム |  次の頁→

おはようございます。昨日は岩木山の麓にある桜林キャンプ場でテント泊しました。

DSC09279.jpg
静かな山の中にある、最低限の設備のキャンプ場です。しかし旅人にとってはむしろ心地が好いです。そして無料で自由に使えます。しかし、使い勝手が良いかというとそうとも言い切れません。
まず、サイト全体が傾斜しているので、敷地が広い割には何処に張ったらいいものやら迷ってしまいます。また、駐車場はありません。周囲には何もないので、車の人は皆路駐をしていました。バイクも同様です(もちろんサイトの周りの道路に駐車禁止の標識などありません)。

DSC09282.jpg
サイトが道路から一段高くなっているので横付けは出来ないのですが、私は先客に倣ってこのように道路際ぎりぎりの所に張りました。こうすれば事実上の横付けです。
また、周辺には店が何も無いので、予め食料を買い出ししてから行くことが必須となります。温泉は近くです。昨日お伝えしました通り、百沢温泉までバイクなら三分です。キャンプ場の最寄りの温泉がまっとうな温泉の対象施設で無料で入れたなんて、まさに一石二鳥の僥倖でした。但しこのキャンプ場は延々と坂を登って行った所にあるので、自転車の人にはかなり厳しいかと思います。トイレはとても清潔でよかったです。

何より参ったのは寒さでした。この旅での最も寒い夜を更新しました。もちろん寝袋二枚重ね、二枚とも首元をしっかり絞って寝たのですが、それでもいまひとつ熟睡出来ませんでした。それもその筈で、サイトにはちらほら雪が残っているのです。冒頭で岩木山の麓と言いましたが、このように坂をずっと登って行った先にあるので、これはもはや中腹と言ってもいいかも知れません。反対に夏は気持ちが良いのではないでしょうか。
最後に。ここに至る道がとても分かり辛く、案内の標識も的外れで迷いました。ツーリングマップルの縮尺では厳しいものがあります。岩木山神社や百沢温泉を目印にしてはいけません。いわき荘という宿泊施設を目指して行き、その前を通り過ぎてさらにどんどん坂を登って行けばこのキャンプ場です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09284.jpg
DSC09285.jpg
昨日に続いて弘前城へやって来ました。実は当初は、桜林公園キャンプ場に連泊するつもりでいたのです。しかし前述の通りのあの寒さではとても無理です。テントを撤収して出発したのですが、何とかこの時間に弘前城に着くことが出来ました。

DSC09287.jpg
DSC09291.jpg
朝七時より前に来れば天守に無料で入れるのです。七時二分前に何とか滑り込みました。二の丸の広さを昨日以上に実感する一幕でした(笑)
まず天守を気の済むまで楽しみます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09292.jpg
DSC09293.jpg
DSC09294.jpg
朝一番で慌ただしく弘前城に駆け付けたのは、何もたかが310円の入場料を渋ったからだけではありません。

DSC09297.jpg
DSC09298.jpg
まず、朝の柔らかい日差しに照らされた桜の美しさです。しかも昨日とは違って快晴です。本当にこの条件に感謝します。
そして何より人が少ないのが最大の美点です。まあ朝七時でこれだけの人がいれば大したものではありますが、傍若無人で目障り、耳障りな団体客がいないのがとにかく良いのです。静かな城址で、昨日出来なかった色々な写真の撮り方が出来ています。
まさに良い事尽くしです。ここでこれまでに散々語られてきた陳腐な一言を繰り返しましょう。
「観光地は早朝に限る」

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09303.jpg
かように文句なしの最高の条件で本丸に入ったのですが、一時間も居ないで出ました。快晴で人も少ないので極めて順調に撮影が進んだというのもあるのですが、朝食を食べる間もなく駆け付けたのでいい加減空腹に耐えられなくなったからです。
あと十分早く着いていれば城址の目の前にあるローソンで弁当なりおにぎりを買い、それを本丸で食べるという贅沢な時間を過ごせたのですが、それを言っても仕方ありません。今朝はフライシートもドカシーも乾いていて、撤収はかなり速かったのです。

そのローソンへひとまず行ったのですが、こうなればどうせならコンビニ弁当よりもゆっくり食べられる所へ行った方がよいと思いました。そこでこの時間でも開いている最寄りの飲食店を探した結果、それが吉野家だったのです(笑)

DSC09304.jpg
ところがいざ来てみて驚きました。吉野家が営業する蕎麦屋だったのです。二日続けて牛丼を食べるより朝食に温かい蕎麦が食べられるとは好都合です。お得な390円の朝食セットの中から納豆朝そばセットを注文しました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
城址に戻りがてら中央弘前駅に寄っていきます。

DSC09305.jpg
DSC09306.jpg
DSC09308.jpg
相変わらずの素晴らしい佇まい、中の雰囲気も最高です。また、奥羽本線の弘前駅に対して立地がとても良いのです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09312.jpg
DSC09318.jpg
DSC09319.jpg
見事な青空が続いています。昨日のように雲の動きに一喜一憂する必要もなく、文字通りの快晴です。順光で見れば満開の桜が目に眩しく、逆光で見れば風に舞う花びらがきらきらと光ります。まさに今日が最高の時でしょう。

DSC09323.jpg
DSC09320.jpg
DSC09321.jpg
DSC09330.jpg
思い返せば桜前線を追うこの旅、無為に二週間も足踏みするという最悪の出だしでした。しかし晴天で見頃の吉野山を訪ねることが出来て、前半戦は通して見ればそこそこの戦果でした。
そして今、旅路の果てに辿り着いた弘前で、こうして最高の桜をのんびりと眺めるというこの上ない歓喜を味わっています。
終わり良ければ全て良し、この言葉はまさに今日のためにあるのだと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09329.jpg
弘前城は桜ばかりではありません。樹高32メートルの大銀杏、この威容、迫力は写真ではなかなか伝えられないかと思います。秋にはどんな姿を見せてくれるのでしょうか。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
本丸以外の所を一通り見て回り、十時半に切り上げました。そして市街の西へ出ました。

DSC09333.jpg
通称アップルロードと呼ばれる広域農道を走っています。その名の通りに見渡す限りのリンゴ畑が広がり、その向こうに岩木山を望む絶景の道です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09334.jpg
DSC09336.jpg
DSC09337.jpg
岩木山神社を訪ねます。ここは凄いです。雪を戴いた岩木山へ向かって石畳の参道が真っ直ぐ続き、その向こうに鎮座する楼門や社殿は重厚、豪壮、荘厳、そんな言葉がぴったりです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
岩木山の南麓、県道3号の世界一の桜並木という区間を走ります。このような大仰な自称は格好悪くて好かないのですが、それはともかくとして、残念ながら花はまだ全く咲いていません。蕾が色づいてすらいない木が殆どです。
弘前の市街から距離にすれば大して離れていないのですが、山からの冷たい風が吹き下すここでは、見頃は半月は先でしようか。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。