即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC09495.jpg
おはようございます。昨日は山形県の北端、グリーンバレー神室キャンプ場でテント泊しました。ここは前回の日本一周でも泊まったところです。到着したのはまだ日も高い午後四時。もう少し南へ駒を進めたいところでしたが、この先には他にこれといったテント泊出来そうな場所が見当たらなかったのです。
前回に続いて消極的な理由からここを選んだわけですが、べつにこのキャンプ場に不満があるわけではありません。

DSC09496.jpg
ここは一泊400円かかりますが、場内にある風呂が300円と安いので、利用料と風呂代の合計で700円と考えれば全く高くありません。何も無い山の中だけに、風呂が併設されていてむしろありがたいと考えるべきでしょう。トイレをはじめ諸設備はきちんと手入れされていて清潔です。有料だから当たり前といえば当たり前ですが。
一日200円という考え方なので、二泊するなら600円、三泊なら800円となります。とはいっても旅でここに連泊する人がいるとはよもや思えませんが、まあそれはそれとして…
食べる物は予め早めに買ってから行かないと後悔します。秋田側から南下して来るなら雄勝で、南から行くのであれば新庄の町で買い出しをしていくことが必須となります。

あとは冒頭の写真からもお分かりいただける通り、芝生のサイトなのですが何故かバイクや車が乗り入れ可なのです。便利でありがたいからいいのですが。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
グリーンバレー神室キャンプ場は山の中とはいえ、岩木山の桜林公園や岩手山の焼走り国際交流村程に標高が高いわけでもなく、むしろ南下してきて暖かさを感じられるのではないかとすら思っていました。ところがこれが大間違いでした。
山の方からテントサイトに風が吹いてくる、とはいっても微風なのですが、この風が思いのほか冷たくて驚きました。朝方も寒く、寝袋を頭まで被って寝ました。

花見の旅も無事終わって先を急ぐ理由は一つもなくなったというのに、こうしてどんどん南下しているのは、実は寒さが理由でもあるのです。東北はまだテント泊をするには寒いのです。テントの中に籠って晩酌するしかなく、火も使えないし、寝袋二枚重ねで寝るのも、慣れたとはいえこれらはやはり窮屈であることに変わりありません。
昨日この事に触れようかと思っていたのですが、まさかすぐにそれを実感することになろうとは思いませんでした。やはり引き続き南下を続けるのが正解のようです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09499.jpg
DSC09498.jpg
グリーンバレー神室キャンプ場は前述の通りスーパーこそ近隣にありませんが、国道13号に出て南へ走るとすぐにコンビニが現れます。そこで本日の朝食をいただきます。

それにしても今日も朝から雲一つない快晴です。大型連休の頭がこの天候となれば各地の人出もかなりのものでしょう。少なくとも今の私にとっては大型連休は厄介なだけの存在ですが、ともかく周りの車の運転にはいつも以上に注意したいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
国道13号のような交通量の多い幹線よりも、時間はかかっても車の少ない田舎道を行きたくなるのが原付の旅であり、殆どの場面で実行しています。

DSC09501.jpg
まず国道344号を西へ走り、県道35号、国道458号、県道30号、県道306号、県道36号と複雑に走り継ぎ、それでも着実に南へ進んでいます。今は蕎麦で有名な大石田町次年子で休憩中です。
目論見通りほぼ全ての区間で車が全くいなくて快適そのものです。やはりカブにはこれが似合います。そしてそれが許される時間の余裕を作ることが旅では肝要なのです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
ちょうど休憩に頃合いというところで、十日前にテント泊した道の駅おおえに立ち寄ります。十日前が遠い昔の事のように感じられます。

DSC09502.jpg
あの時と同じ場所にカブを停めて一枚写真でも、と思いましたがとても叶いません。駐車場が一杯で通路にまで車が溢れているのです。敷地の一角は即売会やその他の催しで大賑わいです。連休らしい光景です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
福島県へと入るのに、大峠経由で行くか、それとも白布峠を越えて行くか、迷いました。この間通った大峠を戻るよりも白布峠経由の方が面白いのは明らかです。この快晴なら磐梯山の素晴らしい眺望も楽しめるでしょう。

DSC09503.jpg
しかし、迷った末に大峠経由を選びました。大峠道路は安楽な道ですが、荷物満載のカブで東北最高所、標高1,400メートルの白布峠を越えるのは一仕事です。
それはいいのですが、時間はまだ十分に早いものの、今日は朝からずっと走り詰めで既に疲れているのが大きな理由です。あとは裏磐梯の道は車が多そうだという懸念もありました。これが普段の平日だったら白布峠を選んでいたでしょうね。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
大峠を越えて会津に入ったとあれば当然の流れですが、日中線記念館を再訪しました。驚いたのは、十日前は咲いていなかった桜が葉桜になりつつあることです。

DSC09508.jpg
DSC09504.jpg
十日前を大昔のように感じるなどと言いましたが、季節の移ろいと駆け足で散ってゆく東北の桜の儚さを実感する一幕です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。