即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC00277.jpg
DSC00279.jpg
DSC00281.jpg
DSC00282.jpg
おはようございます。今日はまずはバイクをホテルに置いたまま歩いて出ます。週末には人が多過ぎて辟易する高山ですが、平日の早朝に歩けるという最高の贅沢です。

DSC00284.jpg
DSC00287.jpg
DSC00288.jpg
DSC00289.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00274.jpg
DSC00275.jpg
DSC00276.jpg
古都の川辺で開かれる朝市は実に風情があります。その宮川朝市の只中にあるかじばし食堂で朝定食をいただきます。生卵に海苔、煮野菜。旅先の朝市で食べる実質本位の朝定食に旅情が高まります。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00272.jpg
DSC00273.jpg
DSC00283.jpg
DSC00290.jpg
高山の美しい町並みを歩いて、昨日から感じていたことがあります。保存だけに凝り固まって生活感が感じられずただの見世物と化した古い町並みではなく、きちんと生活の匂いと活気がある。それでいながらどこまでも整然と美しい。
これは素晴らしいことです。他にこんな所は思い浮かばず、似たような例えを言いようもありません。こういうのを無二と言うのでしょう。

が、少々引っ掛かります。本当に他にないのか。どこかで見たことがあるような…
これまでの旅の情景を次々と思い浮かべては、高山と似た風景の記憶を辿りました。そうしたら実に簡単な、それでいて最も重要な場所を忘れていたことに気付いたのです。
それこそが京都に他なりません。漸くこれに気付いた時、苦笑してしまいました。小京都という表現が余りに陳腐で、且つ乱用されるが故に、この呼称が頭の中で空気のような存在になっていたのです。

DSC00291.jpg
DSC00293.jpg
DSC00294.jpg
しかし高山こそは小京都だと、自分の足で歩いてそう得心しました。旅の素晴らしさを噛みしめるひと時です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00256.jpg
昨日はちょっと不思議な名前のこちらのビジネスホテルに泊まりました。今回もまたじゃらんでとにかく安いところを探したのですが、やれ駐車代だ入湯税だと加算されるうちに結局4,850円になってしまいました。しかしそれでも納得出来る良いホテルでした。
とにかくホテルの人の対応が良かったです。昨日はやや早めに高山に着いてしまいました。チェックインの時刻より一時間近くも早い二時過ぎに訪ね、バイクだけ先に置かせてもらえないかと言うと、もう準備が出来ているからどうぞと部屋に案内されました。非常にありがたかったです。何故なら、洗濯をしたかったからです。

洗濯というのはとにかく時間がかかるもの。45分早く始められるだけでも大きく違います。樽平に口開けで入れたのもここから繋がっているのです。会員以外は16時までチェックインさせないなどという横暴をしている某大手チェーンに爪の垢を煎じて飲ませてやりたいです。
建物はそれなりに古いですが、ユニットバスをはじめ各所が効果的に改装されているので清潔感があり、快適に過ごせました。

DSC00260.jpg
DSC00259.jpg
特に大浴場が非常に清潔で素晴らしかったです。聞けば大浴場だけ去年新設されたそうで、大いに納得しました。

難点を挙げるなら、バイクも車と同じように500円の駐車代を取られてしまうことです。しかしこのホテルは構造上、原付一台だったとしても駐車場の一区画を使って停めるしかないのです。これは仕方がないこと、初めからそういうものだと思いましょう。ちなみに屋根の下に停めることも出来ません。

DSC00270.jpg
DSC00271.jpg
二軒隣りはこの佇まいの旅館でした。流石は高山です。
駅から歩いても五分程、目当ての居酒屋群まで至近という立地は最高でした。以後汽車旅で高山へ来ることがあるならば、間違いなくまたここに泊まります。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
ホテルに戻ってカブに乗って出発し、国道158号を東へひた走り。山を登って登って平湯まで来ました。

DSC00295.jpg
快晴の空の下、残雪の北アルプスを望みます。空の青、新緑の緑、雪山の白が互いを引き立てて映えます。最高の景色です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00296.jpg
DSC00298.jpg
標高1,790m、安房峠まで来ました。依然として快晴で、残雪の焼岳を目の前に望む絶景です。そして行き交う車も殆どなく、ごく静かな峠の風情が秀逸です。響くのはカッコウの声と熊笹が風に揺れる音だけ。この山道を昼夜を問わず大型バスが行き来したのも今は昔です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00299.jpg
今度は山を下って下って平地まで下りてきました。松電の終着駅新島々で休憩中です。旧島々駅舎が健在で素晴らしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
松本の市街地まで来ました。花見の旅以来、約二ヶ月ぶりの松本ですが、前回と対照的なのは昼食をいただくということです。

DSC00300.jpg
やって来たのは言わずもがな、もう四半世紀も通い続けているカリー専門店のメーヤウです。とはいっても昔はバイキング形式の桐店の方を愛用していました。ところが値上げに加えて内容が落ちるという残念な変化により、近年はこちらの信大前店の方が主役になりました。

DSC00301.jpg
イエローカリーとブラックカリーのセット、822円です。
私は元々辛いものが大好きです。しかし、旅に出て以来辛い食べ物をほぼ全く食べていないことに気付きました。久し振りに訪問出来た嬉しさ、変わらぬカリーの美味さに加え、久々に味わう辛さに食欲が刺激されたのか、ライスを一皿おかわりしてしまいました。それも、半量の追加も出来るのですが全量です。
昼にこんなに食べるのは珍しいことで、すっかり腹一杯です。ごちそうさまでした。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
今日は写真が大量ですが、全て貼り付けました。高山の美しい町並みです。よろしければ改めてご覧下さい。
(今日の記事だけを古い方から読むにはこちら)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。