即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

おはようございます。昨日は昼間に少し雨が降って一旦止み、それから旅において朝に次いで降って欲しくない夕方に再び雨になりました。ライハ連泊はまさに正解でした。
そして少し昼寝もしました。休養日らしく過ごせてよかったです。

それはいいのですが、西日本から甲信までが梅雨入りしました。いよいよ気が重い季節に突入です。
今は曇ってはいますが雲は厚くはなく、方角によっては晴れ間も見えています。しかし予報を見る限りでは、行く先の何処でいつ雨に降られてもおかしくない状況です。加えて、荷物満載のカブにとって雨と同じくらい厄介な強風が吹いています。決して良い条件とは言えません。
ですが、いつまでこんな事を言っていてもきりがありません。梅雨に入ったからこそ余程の事がない限り歩を進めるべきでしょう。風が止んだら。今日は意を決してライダーハウスを出発します。風が止んだら。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00315.jpg
DSC00318.jpg
二晩世話になったライダーハウスゆずを出発します。ここは本当に素晴らしいところです。いつか必ず再訪したいですね。そして次こそは松本の居酒屋へ(笑)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
松本の市街地を南から北へ縦断し、国道143号で青木峠を越えて上田方面へ向かっています。今は道の駅あおきの向かいに気持ちのよい公園があったので、そこで休憩中です。

一般的には松本から上田の方へ向かうのにここを通って行く人などいません。間違いなく国道254号、三才山トンネル経由です。しかしこちらの経路はカブには辛い条件が揃っています。
大型車を含め交通量は多く、延々と続く山道で道幅も狭く、おまけにトンネル区間は長い急勾配です。

DSC00319.jpg
一方で国道143号は国道を名乗ってはいるものの未整備で狭くつづら折りの坂道です。その代わり峠越えの区間では前後に車など一台もいません。実に走り易く、やはり時間がかかってもカブにはこちらの方が似合っています。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00321.jpg
上田の市街地までやって来ました。ここで南海部品に立ち寄ってグローブを新調していきます。

DSC00320.jpg
実は一週間くらい前から左手の人差し指の部分がこの有様だったのです。
松本の市街地にバイク用品店があったなら昨日行っていたのですが、ありませんでした。しかしこうして今日寄り道と言えない程の僅かな寄り道、ほぼ経路上に店があり、且つ開店時刻と同時に着くとは良い流れです。

DSC00322.jpg
これといった安売り品もなく、五千円弱と結構な出費になってしまいましたが、この先も旅は続くので用品メーカーのきちんとした物を買いました。
それにしても長野県で南海部品の店舗はここだけなのです。長野市や松本市に無くて上田市だけにあるのは何故なのか、謎です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00324.jpg
交通量も信号も無い国道144号を気持ちよく走って東へ進んできました。鳥居峠を越えて群馬県に入り、大笹宿を過ぎたところで右手に広大な駐車場を構えるセブンイレブンが現れました。ここで本日の昼食とします。

DSC00323.jpg
カレー味のカップラーメンと野菜ジュースを買い、昨日の残りのバターロールと一緒にいただきます。
コンビニでの昼食は四日ぶり、カップラーメンはいつ以来か覚えていません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00325.jpg
DSC00328.jpg
吾妻線の終着駅大前を訪ねます。大半の列車が一つ手前の万座・鹿沢口止まりで、一日に五本の列車しかやって来ないという謎の終着駅です。

DSC00327.jpg
DSC00326.jpg
国道から駅へ向かう道には案内も無く、ホーム上に簡素な待合室があるだけ。周辺に何も無い所です。それでも寂しさが漂わないのは、ホームの拡張部分や待合室が真新しいこと、電化されていることが理由でしょうか。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00329.jpg
続いて隣の万座・鹿沢口駅に来ました。駅前の広いバス乗り場やタクシー待機所など、こちらは周辺観光の拠点としての立派な構えです。

DSC00330.jpg
しかし上野から直通の特急も今やここまで来なくなり、駅周辺の雰囲気からも斜陽化した様子が伺えます。むしろ寂しさを感じるのはこちらの方です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
東進を続けて中之条まで来ています。
私は群馬県は高崎の生まれです。高崎には母の実家があり、小学生の頃には毎年夏休みの大半をそこで過ごしていました。亡き祖父はたいへんな車好きで、私をあちこちに連れていってくれました。だから群馬の道はとりわけよく知っているし、どこも見慣れた風景です。

この辺りまで来ると標識に高崎の字が見られたり、周りの車も皆群馬ナンバーです。また、高崎からなら実家がある埼玉県南までカブでも数時間で着くことが出来ます。これらの事から、この辺りを走っていると妙に落ち着きます。心穏やかに進む上州の旅路です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00332.jpg
DSC00333.jpg
DSC00331.jpg
県道53号で峠道を走っていると、日本一の大モミの字が目に留まりました。細い急坂の農道にそれて上っていくと、樹齢800年だという樅が待っていました。
訪れる人も行き交う車も全くない静かな山の中に巨木が佇む様が素晴らしいです。

DSC00335.jpg
中は完全に空洞になってしまっていて、裏側に回ると半身のような姿なのですが、それがまた大迫力です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00336.jpg
DSC00338.jpg
歴史国道整備事業により整備されたとのこと。どこまでが往時の姿でどこからが現代の意図的なものなのか、今ひとつ掴めませんが、真っ直ぐで幅の広い、静かな佇まいの街道は確かに雰囲気があります。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。