即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム |  次の頁→

DSC00406.jpg
おはようございます。昨日は新潟市の東方、水の公園福島潟キャンプ場でテント泊しました。利用料は200円ですが、無料だったとしてもまた積極的に利用したいとは思えないところでした。施設自体はきちんとしているしトイレもきれいなのですが、不便なことが多過ぎるのです。
まず、車はもちろんバイク、自転車まで含めて完全乗り入れ禁止です。バイクは道路を挟んだ向かいの施設の駐車場に停めねばなりません。遠く、当然夜間は自分の目から離れた場所ということです。

DSC00405.jpg
設営時の荷物の搬入にはリアカーが用意されていますが、流石にやっていられないので無視して歩道に停めてやりました。それでもサイトまで何往復かして荷物を運ぶのは大変です。

DSC00407.jpg
そして風呂が遠いです。一番近いのは月岡温泉の共同湯ですが、10km程も離れています。そしてスーパーはそこまで遠くないものの、風呂とはまた違う方向へ行かねばなりません。それでもここに泊まったのは、周辺に目ぼしい場所が見当たらず消去法で選んだ結果です。

一つ美点を挙げるならば、周辺の道路です。どこまでも水田が広がる越後平野を一直線に突っ切る道は、北海道を思い起こさせる爽快さでした。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
今朝キャンプ場で出発の準備をしていると、地元のカブ乗りの方がブログを見て駆け付けて下さいました。何とも嬉しい話です。JA10にお乗りで、配線を取ってハンドル部にナビを固定されている、素晴らしい仕上がりです。

ところが、カブ談義に花が咲いたり一緒に写真を撮ったりする流れかと思いきや、僅か一、二分話しただけですぐに去っていかれました。時間に限りがある中でわざわざ訪ねて下さったのか、それとも私の人物像が想像していたものと大きく違っていたのでしょうか。
いや流石にそれは失礼な邪推というものでしょう。わざわざありがとうございました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00410.jpg
快晴の日曜日の朝の道を爽快に走って、新潟の市街に入りました。昨日に続いて朝食にラーメンをいただきます。国道113号沿いにあるぐわらん洞です。
いい匂いに期待を抱きつつ暖簾をくぐると、驚いたことに五席のカウンターと四つの卓が全て埋まり、さらに待ちの先客が三人もいます。しかし三台分しかない駐車場に車の姿はなかったのです。これは、歩いて来られる地元客に人気だということです。ますます期待が高まります。

DSC00411.jpg
800円の肉そばを注文しました。柔らかく薄味のスープに極細の麺は朝食にぴったり、チャーシューも味の染み具合が良いです。
それはいいのですが、やっと着席したと思ったらラーメンが供されるまでにさらに15分程も待たされました。幾らなんでも時間がかかり過ぎです。この使い勝手の悪さには注意するべきでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00413.jpg
DSC00414.jpg
新潟港へやって来ました。9時20分発の佐渡汽船両津港行きのフェリーに乗り、これより佐渡島へ渡ります。

出発前にも述べたのですが、佐渡島はこの旅で唯一、必ず行ってみたいと願っていた所です。これだけの大きな離島でありながら、何故だかこれまでに一度も訪ねたことがないのです。
初めて見る風景はどんなものなのか、胸が高鳴ります。これこそ旅の本質です。もしかしたらこの日本一周において最も印象的な場面となるかも知れません。

DSC00427.jpg
ところで、今朝起きたのは四時過ぎでした。六時ちょうど発の朝一番の便に乗ろうと思えば可能でした。しかし敢えてそれをやりませんでした。六時便に乗ろうとすると、急いで撤収して港に駆け付ける必要があります。しかし、それは勿体ない行いです。港で出港時間をじっくりと待つ、待ち時間は少々長過ぎるくらいがちょうどいいです。これが実に贅沢な、私が大好きな時間なのです。

DSC00415.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
乗船するや否や、とるものも取り敢えず充電を開始します(笑)

DSC00426.jpg
そして持参したタップをここで初めて使います。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00418.jpg
佐渡航路の新潟港の出航では珍しい光景を見ることが出来ます。まず川幅一杯を使ってその場で180度回頭するのですが、幅がぎりぎりなので一旦船を少し動かした後に再度係留して、そこを支点にして文字通り回転するようにして出航するのです。これは初めて見ました。こんな事をする港が他にあるでしょうか。

DSC00417.jpg
これも船の大きさ故です。片道二時間半の離島航路とは思えぬ堂々たる船体で、且つそれに見合うだけの乗客もいます。

DSC00419.jpg
DSC00423.jpg
さて、背後に新潟の市街、右手に小樽行きの新日本海フェリーの船を見ながら出航です。萬代橋が手前の橋に隠れて見えないのが残念ですが、それはまあそれとして…
越後から見ると佐渡は波の上にある、と云います。洋上ではどんな景色が待っているでしょうか。

DSC00424.jpg
DSC00425.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
行く手の佐渡島がどんどん大きく迫り、後方の新潟市街は依然として朱鷺メッセの姿がよく分かります。左手には弥彦山、右手に粟島を望む洋上の絶景です。

DSC00420.jpg
最上階の甲板が開放されているのも好印象です。やはりフェリーはこうでなくてはいけません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
佐渡島へ渡るフェリーに、思いもよらぬ同席者がいます。思いもよらぬとは言ってもよく知っている人物です。どういう事かというと、本ブログでも以前に登場している旅好きの学生時代からの友人です。

示し合わせたわけでもなんでもありません。今日明日に佐渡に渡るのは私にとってまさに予定通りですが、彼がまた佐渡に渡るのを知ったのは一昨日の夜です。それも便まで同じとは驚く他ありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00428.jpg
DSC00429.jpg
両津港に上陸しました。この時を待ち構えるかのように走り出すかというとさに非すず。まずは港にある観光案内所に立ち寄ります。本日の投宿予定地の近くの風呂やスーパー、コインランドリーなどの場所を確認するためです。
ここが長旅ならではのこと。生活の仕事は常についてまわるのです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00432.jpg
佐渡島に上陸してまずいただく初日の昼食が海鮮だと思ったら大間違いです(笑)
昨晩の残りのメンチカツとバターロール、コンビニで買った野菜ジュースです。しかしこれをいただくのは海際の絶景の駐車場です。どんなものでもご馳走に思えるというものでしょう。

DSC00430.jpg
DSC00433.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。