即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム |  次の頁→

DSC00457.jpg
おはようございます。佐渡島で迎える初めての朝です。
佐渡島はこの日本一周において特に重視したいと思っているところです。重視するということは、日数をかけるということ。日数をかけるということは、万事余裕を持ってのんびり行動するということです。そうでこそ見えてくる景色があり、理解が深められることは間違いありません。

予報によれば今日も良い天気になるようです。その通りになるならば、島の東部や南部は後回しにして再度外海府を走るにもやぶさかでありません。

DSC00459.jpg
焼酎も瓶で買っておいたので滞在の準備は万全です(笑)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00462.jpg
佐渡島に上陸して最初の朝食が吉野家とは、これを予想出来た方はいないでしょう(笑)
昨日初めて佐渡に来て分かったのは、両津は古い港町の佇まい、これに対して佐和田の国道の旧道沿いには全国チェーン店、大型店が建ち並びます。その只中、ほっともっととヤマダ電機の間に吉野家があります。佐渡の町のこと、店のことをまだよく把握していない今日は吉野家がよかろうと思ったのです。

DSC00463.jpg
割引券があったこともあり新作のねぎ塩豚丼を試してみたのですが、ひまひとつでした。しかもこの店、店構えこそ新しくてきれいなものの、店員は愚鈍だし茶はぬるいし味噌汁は倍に薄めたのではないかというものが出てくるし…
まあもう来ないからいいのですが。両津の港に朝から開いている食堂でもあるのでしょうか。それを自分で探るのも楽しみの一つです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00464.jpg
DSC00465.jpg
黒塀で二階の部分がせり出した独特の町並みが見られます。二見にて。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00466.jpg
記念すべき佐渡島での最初の郵便局は二見郵便局となりました。局舎も周囲の家並みになぞらえてあります。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00469.jpg
昨日は県道31号で内陸を短絡してしまったところを海沿いに走って七浦海岸にやって来ました。奇岩が連なる佐渡らしい風景です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00472.jpg
DSC00474.jpg
七浦海岸の白眉とも言える夫婦岩を訪ねます。夫婦岩を名乗るものは全国に数あれど、大きさといい形といいここまで似た二つの岩が向かい合っているとは、もはや奇跡と言えるでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00480.jpg
DSC00482.jpg
DSC00484.jpg
DSC00485.jpg
DSC00483.jpg
相川の大間港が非常に素晴らしいです。かつて金銀や資材の搬出入に使われたローダー橋の橋脚やクレーンの台座、石積みの防波堤、火力発電所の跡などが残されています。

DSC00475.jpg
DSC00476.jpg
DSC00477.jpg
DSC00478.jpg
DSC00479.jpg
DSC00481.jpg
圧巻はトラス橋とレールが残っていることです。まさに秀逸、産業遺産好きにはたまらない物件です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
話が前後しますが、晴れるのならばと一度は外海府目指して走りました。しかし天気がいまひとつ奮わないので諦めて、今日は金山見物に切り替えます。相川の町を少し過ぎたところで引き返して来ました。そして大間港に続いてやって来たのは北沢地区です。

DSC00487.jpg
DSC00488.jpg
DSC00490.jpg
DSC00498.jpg
まずは何といっても選鉱場跡です。見上げる巨大さ、この威容、さながら要塞です。しかもただの要塞ではありません。朽ちて一面の蔦に覆われたその姿は天空の城ラピュタの一場面を彷彿とさせます。

DSC00489.jpg
DSC00492.jpg
DSC00493.jpg
DSC00496.jpg
DSC00497.jpg
巨大なシックナーやトロッコの軌道などが残るのも素晴らしいです。そして鉄道好きにはインクラインがたまりません。

DSC00491.jpg
唯一残念なのは、折角の平日なのに鬱陶しい団体どもがいることです。看板の説明書きを読みたいのに、大人数で周りを取り囲んでいるものだから読めやしない。まったく身勝手で迷惑な連中です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00500.jpg
DSC00501.jpg
続いて本丸の佐渡金山へ来ました。こういうお仕着せの施設を見学するのは本来好きではないのですが、折角初めて佐渡へ来たのだからと1,400円を支払って中へ入りました。

DSC00502.jpg
DSC00503.jpg
DSC00504.jpg
まず江戸期に掘られた宗太夫坑ですが、やけに精巧な人形が時に動いたりもして少々不気味でもあるのは網走の監獄博物館に似ています。

DSC00507.jpg
これと似たような坑道をもう一つ見て1,400円はいかにも割高だと思っていたのですが、次に明治期に掘られた道遊坑に入ってその思いは覆されました。こちらは鉄道好きにはたまらない物件だったのです。

DSC00508.jpg
DSC00509.jpg
DSC00510.jpg
DSC00512.jpg
DSC00516.jpg
DSC00517.jpg
DSC00518.jpg
DSC00519.jpg
DSC00520.jpg
DSC00521.jpg
DSC00522.jpg
DSC00523.jpg
トロッコのレールがそのまま残され、さらに機関車や坑車、人車などがあちこちに沢山展示されているのです。

DSC00525.jpg
とどめは工場内のこの小さな転車台です。秀逸です。

DSC00526.jpg
DSC00527.jpg
DSC00528.jpg
恥ずかしながら勉強不足により、江戸時代に手掘りで金を掘っていた鉱山の跡だと思い込んでいたのです。しかし個人的に大好きな近代の産業遺産の数々が見られるとは嬉しい誤算でした。充実した時間を過ごすことが出来ました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00514.jpg
DSC00524.jpg
佐渡金山の象徴とも言える山は凄い眺めです。「ブラタモリ」の佐渡の回でタモリ氏が「人間の欲望が山の形を変えちゃった」と言っていましたが、まさにその言葉の通り。
自然の力と人間の力、双方の凄さが融合した無二の景観です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。