即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム |  次の頁→

DSC00742.jpg
おはようございます。昨日は八郎潟干拓地の只中、南の池記念公園キャンプ場でテント泊しました。ここもまた、前回の日本一周でも泊まったところです。

周囲に何もないところにぽつんとある寂しい公園で、公園全体がキャンプ場ともなっています。広く、東屋やテーブルベンチが散在しているのでそういう点では使い勝手はいいかと思います。炊事場が駐車場から遠いのが難点です。トイレは汚くはないといった程度。しかし旅の中継点としては何ら不満はありません。男鹿観光の拠点に恰好の場所にあると言えるでしょう。

DSC00743.jpg
買い出しはバイクで五分くらい、大潟村役場の隣がAコープです。一応一通りのものは揃いますが、閉店が19時と早いので要注意です。

DSC00745.jpg
そこからさらに二分走るとポルダー潟の湯です。ここは何とモール泉です。折角のモール泉を循環してしまっているのは惜しいですが、キャンプ場から近い所に400円で入れる風呂があるだけで十分です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00746a.jpg
昨日、風呂から上がって駐車場のカブに戻るとこの有様でした(笑)
やっぱりそうなのか…むろん示し合わせたわけではありません。

DSC00748.jpg
そしてここ最近は大体四時半くらいに起床しているのですが、今朝は目が覚めたら六時でした。原因は言わずもがな、昨晩三人で宴会していて夜更かしだったからです。他の旅人と宴会をして夜が遅くなり、朝が遅くなる。夏の到来を実感させる出来事です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
大潟村の風景が実に印象的です。とはいっても広大な干拓地や一直線の道路ではありません。住宅地が特徴的なのです。

DSC00747.jpg
昨日大潟村の住宅地の中を走って、まず違和感を感じました。日本の風景らしくないのです。日本らしくないのに、よく見たことがある気がする…

何故そう感じさせるのか、一つ一つ点検してみました。まず道がやけに広くて一直線です。日本の市街地の風景にしては、視界が開け過ぎているのです。しかしこれは人為的な干拓地だから当然です。そして屋根に瓦を葺いていない家屋が多い。これも、冬の気候を考えれば納得がいきます。
とどめは家と家に境に塀がないことです。ここまで書けばもうお分かりでしょう。北海道の風景にそっくりなのです。人の手による近年の干拓と寒冷な気候が生み出した、本州の北海道たる風景です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
出発して真っ直ぐ北上し、能代の市街を通り抜けて、待望の海と五能線に沿って走る区間に来ました。この区間の国道101号は延々と海際を走る絶景で、五能線の風情も良いし、交通量は殆どないし、最高です。

が、一つだけ悩ましい問題があります。駅訪問の取捨選択です。本当は五能線の全駅訪問をしたいところですが、それをやると流石にきりがありません。丸二日がかりの仕事になってしまいます。かといって、どれとどれが良い駅舎かなどとネットで調べるのは無粋で興醒めです。
となるとあとは道沿いに現れて目を引いた駅を訪ねるという自然体の活動ということになりますが、得てしてそういう時に限ってホームだけの駅ばかりが現れるものです。このあたりの匙加減が難しいところです。
とはいってもそんな余りに快走路だったのでそんな事を言っている間に八森の道の駅まで既に来てしまったのですが、それはまあそれとして…

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
道の駅八森から道の駅お殿水に改称されていました。むろんお殿水をありがたく頂戴していきます。

DSC00751.jpg
DSC00749.jpg
これは美味い、素晴らしい水です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
県境を越えて青森県に入りました。やはり陸路で鹿児島県、青森県に入る時は強い感慨が湧くものです。

DSC00752.jpg
そして道沿いに未訪問の簡易局が現れたなら寄らない手はありません。大間越簡易郵便局です。越の付く地名が目立つようになると北へ旅してきた実感が湧きます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00756.jpg
何故かこれまで素通りを続けてきた十二湖、青池を初めて訪ねました。

DSC00754.jpg
DSC00755.jpg
DSC00757.jpg
確かにこれは神秘的な美しさです。何とも陳腐な物言いですが、そうとしか言いようがありません。青い色の美しさ、透明度、深い森の底にあるようなその佇まい、どれをとっても無二のものです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00753.jpg
青池の美しさは素晴らしいのですが、どうしても引っ掛かかるのは駐車場です。道の行き止まり、そこに停めるしか選択肢がない駐車場で駐車代を取られるのです。ここに限らず、このやり方、昔から強く疑問に思っています。

これは料金が一円でも一万円でも同じこと。こういう卑しい乞食のような商売はどう釈明されても好きにはなれないでしょう。
自然に存在している湖を見たい者は我々に対して金を払え、そうでなければ踵を返して帰れと言われればこちらにはなす術もありません。繰り返しますが、他に選択肢がない弱者なのです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
結局駅活動を全然しないまま進んできましたが、ここで漸く驫木駅を訪ねました。

DSC00759.jpg
DSC00760.jpg
DSC00761.jpg
築六十五年の下見板張りの木造駅舎がきれいに維持されていて素晴らしいです。そして何といっても海際ぎりぎりにあるいかにも五能線らしい風情が秀逸です。駅名の面白さにも注目すべきでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00764.jpg
DSC00765.jpg
DSC00762.jpg
道の駅ふかうらまで来ました。本日の昼食にこの辺りの名物であるイカ焼きを買って食べます。もう少し進めばイカ焼きの専門店が建ち並ぶ一角があるのですが、朝が軽かったこともあり既にかなりの空腹で、そこまで我慢が出来ませんでした。

DSC00763.jpg
合わせていただくのはご飯ではなく、誠に残念ながら酒でもなく、何故かパンです(笑)
昨晩買っておきながら食べなかったのです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。