即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

おはようございます。八戸市内のビジネスホテルの部屋でこの記事を書いています。昨日は予報よりも雨の降り出しが早く、雨合羽の上下とシューズカバーを着けて走らねばならなかったのですが、それも五戸から八戸までの短い距離で済みました。夜には雨が本降りになりましたが、もうすっかり止んでいます。そして天気予報でもこの先雨の心配はまったくなさそうです。

このように夕方から降り始めて翌朝までに止むのは理想的な降り方です。活動が妨げられることもなく、宿に一泊するだけで効果的に雨を避けられるからです。どんより曇って肌寒くはありますが、今日も朝一番から移動出来るのは嬉しい限りです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00839a.jpg
昨日はホテルサンルート八戸に泊まりました。八戸の繁華街のど真ん中にあり最高の立地です。目当ての居酒屋まで一分歩かない距離で、斜め向かいがコンビニでした。しかしその代償もありました。車はもちろん、原付でさえも歩いて三分程かかる駐車場に停めにいかなければならないのです。駐車代は一泊300円でした。

DSC00840a.jpg
ただしこうして屋内に停められるという利点はあります。

DSC00841.jpg
DSC00842.jpg
そしてランドリーも残念でした。館内にはなくて向かいの雑居ビルの一階にあるのですが、これは本当に目と鼻の先なので伊勢の時のような不満はありません。残念なのは料金です。

一般的にホテルのランドリーは、乾燥機は何処も30分100円なのですが、ここは倍額の200円なのです。そしてこの電気式の乾燥機は三回回さなければ乾きません。この結果洗剤の50円、洗濯の200円と合わせて全部で850円もかかってしまい、市井のコインランドリーと変わりません。これならばガス式の乾燥機ですぐに乾くコインランドリーの方が良いですorz
乾燥を待つ間部屋で色々な事が出来るという利はありますが、それはまあそれとして…

DSC00843.jpg
その他の諸設備は可もなく不可もなし、いかにもビジネスホテルらしいビジネスホテルです。昨日はツインの部屋しか空きがなかったのですが、これで4,600円ならば上々でしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00852.jpg
DSC00851.jpg
八戸で朝食といったらここしかありません。陸奥湊にやって来ました。以前来た時は大洋食堂で食べたのですが、雰囲気も味も抜群なのですがそれなりの値段でもあります。これに対して今回は市場の食堂でいただきます。

DSC00856.jpg
DSC00853.jpg
市場内の店を回って刺身などを買い、食堂でご飯と味噌汁だけを買ってもいいし、食堂だけでも一通りのものは揃います。

DSC00854.jpg
カラスカレイ250円と、ご飯と味噌汁で計450円。これに他の店で買った漬物を合わせて、全部で560円です。
カラスカレイはまさに絶品。味噌汁はもちろん手作りで海藻入り。ご飯もたっぷりです。隣の卓にはお婆さんの二人組がいて、ご飯は人によって盛りが変わるであろうことは疑いようもありません(笑)

DSC00855.jpg
この美味さ、この安さ、雰囲気も抜群で、素晴らしい朝食をいただきました。ごちそう様でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
八戸から太平洋に沿って国道338号を北上し、下北半島に入りました。ひたすら真っ直ぐで信号もなく、交通量もごく少なく、一定の速度で延々と走り続けていると意識が朦朧としてきます。
現在地は六ヶ所村の中心部です。六ヶ所というのは面白い地名です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00857.jpg
DSC00860.jpg
DSC00859.jpg
DSC00861.jpg
DSC00862.jpg
尻屋崎まで来ました。本州最涯地の文字が刻まれた碑、白亜の灯台、放牧される寒立馬、何とも絵になる所です。
それにしてもとんでもない風です。今日はもともと風が強いのですが、岬の手前辺りから強風どころの話ではありません。体を倒さないと風に向かって歩けない程です。

DSC00863.jpg
カブもこうして建物の陰に停めました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
尻屋崎でちょうど昼時になりました。岬の食堂は閉まっており、周辺には何もありません。もとより食堂が開いていたとしても、昨日の夜も今朝も美味い魚をいただいたので、昼は安く簡単に済ませたいところです。

DSC00864.jpg
そして同じ失敗を二日続けたりはしません。即ち、今日は予めコンビニでサンドイッチを買っておいたのです。岬の絶景を眺めながらいただきます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
大畑の町まで来ました。かつての終着駅である大畑駅の跡を訪ねます。

DSC00866.jpg
DSC00868.jpg
DSC00867.jpg
DSC00870.jpg
DSC00871.jpg
DSC00869.jpg
現在は下北交通のバスの営業所となっていますが、駅舎が往時の姿そのままにきれいに使われています。それだけでなくかつての構内には線路が広い範囲でそのまま残り、ホームや信号機、本州最北の駅の碑まで保存されています。非常に素晴らしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00872.jpg
右手に津軽海峡、その向こうに北海道を大きく望みながら国道279号を進んでいます。大畑から先は鉄道の未成線の建造物が道沿いに頻繁に現れます。

DSC00873.jpg
DSC00874.jpg
中でも見所なのは、下風呂の集落にある、駅が出来た暁には坂の下の集落とを結ぶつもりで作られた階段が残されていることです。築堤の石積みはまさに鉄道のそれです。
しかし惜しいのは、沿線最大の建造物であった下風呂のアーチ橋です。水色に塗られてしまった挙句遊園地のような柵が付けられ、低俗な見世物と化してしまったのです。一体何故こんな事をするのか。残念でなりません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00875.jpg
本州最北端、大間崎に辿り着きました。過去に何度も来ていますが、カブでここまで走って来るとやはり感慨深いものがあります。

DSC00876.jpg
DSC00877.jpg
DSC00878.jpg
今日は終始風が強く、荷物満載のカブで走るのは難儀でした。しかしその代わりのご褒美もありました。北海道が実にはっきりと見えるのです。とはいってもこの季節ですから写真では伝わりづらいのですが、函館山の様子や、恵山の山肌の感じまで分かります。
これだけ波の高い日に船には乗りたくないものですが、荒々しい津軽海峡も趣があるものです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00882.jpg
今度こそ、いよいよ夏旅も本番です。遂に大間港フェリーターミナルまでやって来ました。北海道はまさに目前、津軽海峡に臨んで旅情が高まります。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。