即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム |  次の頁→

おはようございます。昨日は久々にテントを張って寝ました。世話になったのは名寄のトムテ文化の森キャンプ場です。過去に何度か利用していますが、やはり素晴らしいところです。

DSC01509.jpg
無料でありながら管理が行き届いています。トイレなどきわめて清潔です。それでいてバイクなら五分走れば名寄の市街地なので、不便はありません。また、場内の造りも実に良いです。夜になると腰くらいの高さに白熱灯の照明が控えめに灯るのです。明る過ぎず、炊事場やトイレまで歩いて行くのに最低限の安全を確保してくれます。見た目も美しい。趣味が良いというのはこれを言うのでしょう。

ただし弱点が無いわけではありません。かように素晴らしい施設だけに地元客にも人気が高く、今の季節週末には予約で埋まってしまうこともあるのだとか。区画された場所にテントを張るのですが、それが十四しかないのです。昨日は四張りしかなくて飛び込みで来て快適に過ごせましたが、週末に泊まる人は注意すべきでしょう。
それから何故だか昨日は炊事場の明かりが点きませんでした。私の勘違いだといいのですが。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01508.jpg
昨日の夕方、狂喜する出来事がありました。名寄の町の銭湯、日の出湯が健在だったのです。ネットの情報にもカーナビアプリの検索にも引っ掛からず、ああここも閉業してしまったのか…と暗い気持ちになっていました。ところが現地を通ったところ健在だったというわけです。涙が出る程嬉しかったですね。
ここは名寄駅から歩いても七、八分の距離です。汽車旅でも十分に利用出来ます。そしてネットの情報を鵜呑みにしてはいけないと改めて思いました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01510.jpg
昨晩の話です。テントを張ったのも久々でしたが、テントの中に入って一人静かに晩酌しました。一体いつ以来の事か、記憶が正しければ佐渡島以来ではないでしょうか。気温が上がると同時に他の旅人が一緒に居合わせることが増え、そうなると当然外で飲み食いすることになります。或いはライダーハウスでの宴会です。
一人静かにやるのもいいものです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01511.jpg
昨夜、というか日付け変わって本日の未明ですが、テントを叩く雨の音で起こされました。そうかと思っていると途端に激しい降りになりました。トムテの森は文字通りの森の中のキャンプ場で、場所によっては雨が当たらない区画は幾らでもあります。しかし曇りで降水確率10%の予報を鵜呑みにして、朝の撤収時により楽な日の当たりやすい場所に張ってしまったのです。これが裏目に出ました。今朝起きた時に降っていなかったのがせめて救いです。

そして暫くの間全道的に天気は悪いようです。追い討ちは、今日で着替えが尽きるので明日には必ず洗濯をしなければいけないということです。雨をやり過ごせて洗濯が出来て、出来れば無料か格安のところ…そんな都合の良い場所がある筈はなかろうと思われそうですが、それがあるのが北海道の凄いところです。本日はそこまでの移動だけで終わりそうです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01512.jpg
全国の皆様、お待たせ致しました(笑)
今日はとりあえず北へ向かうのですがすぐには出発せず、まずは名寄の市街地に引き返して来ました。最初に左手に現れるのがお馴染み鳩の図柄の橙色の看板を掲げるコンビニエンスストアというわけです。

DSC01513.jpg
さあそして、遂に待望ののり弁鮭フライを味わう時がやって来ました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01516.jpg
DSC01518.jpg
DSC01520.jpg
名寄へ来たならこの二つは毎度必ず見ておかねばなりません。何度見ても惚れ惚れするような駅舎、そしてキマロキ編成の保存状態も素晴らしい。どちらも秀逸です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01524.jpg
DSC01523.jpg
大分遅くなりましたが、漸く名寄の市街を出て移動を始めました。と思いきや、いきなり名寄の次の日進駅に立ち寄ります。本日は宗谷本線の各駅を訪ねていくつもりです。

とはいっても宗谷本線の駅巡りは面白いものではありません。ホームだけの駅や簡素な貨車駅も多く、たとえば富山地鉄や飯田線のように何度でも各駅を訪ね歩きたいと思える路線とはとても言えません。
それでもそれをやろうというのは、目的が駅それ自体だけではないからです。素晴らしいながらもとかく単調な道北の景色ですが、宗谷本線の各駅を訪ねることによって国道から外れた色々な素朴な景色と出会えるのです。むしろ駅よりもこの事が主目的といってもいいでしょう。
ただし、今回宗谷本線の全ての駅を訪ねるわけではありません。あくまで今日の活動をそれと定めただけです。駅巡りは名寄~音威子府間に限られる予定です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01527.jpg
駅巡りをすることによって国道を走り抜けるだけとはまた違った景色に出会えると言いましたが、早速目にも鮮やかなじゃがいも畑が現れました。北海道らしい風景です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01533.jpg
DSC01534.jpg
DSC01535.jpg
DSC01536.jpg
先に北海道の農業倉庫の素晴らしさおよびそれらは鉄道駅の近くに多いことを述べましたが、美深駅も多分に漏れません。大きく、重厚で、美しい煉瓦積みの倉庫が建ち並ぶ様に興奮を禁じ得ません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01532.jpg
DSC01537.jpg
美深駅の二階にある美幸線資料館を見学していきます。展示の量はごくささやかなものですが、これも致し方ないでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。