即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

←前の頁  | ホーム | 

DSC01776.jpg
稚内の副港市場を低俗で軽薄な施設だと先に批判しました。その象徴が二階に入る港のゆなる日帰り風呂です。何と750円もするのです。まあこれについては消費者の側が勝手に取捨選択すればいい話だとも言えるのですが、それだけで済ませてはいけない気がします。このような施設が跋扈することが町の銭湯がどんどん閉業していく一つの遠因であるからです。

稚内には以前は駅の近くにも銭湯があったし、西條のすぐ裏手という絶好の場所にも大きな銭湯がありました。しかし残るは副業のライダーハウスの方がむしろ有名なみどり湯くらいになってしまいました。この港のゆだけは自分は入ることはあるまいと思っていたのですが、思いもよらない展開が待っていたのです。

DSC01774.jpg
昼間オイル交換のために立ち寄ったレッドバロンに割引券が置いてあったのです。これを使うと200円引かれて入浴料は550円となり、童夢より安いことになります。
先日は久し振りの稚内だからと童夢で風呂に入り、昨日はノシャップ岬での夕日と絡めるためにやはり童夢へ行きました。しかしこうなるとわざわざ童夢まで行く理由はなくなりました。言ってしまえばただの循環湯、それも600円もする割高な施設なのです。港のゆの方がキャンプ場からも買い出しをする西條からも近い。本物の温泉は別格として、それ以外はテント泊と同様私は入浴には合理しか求めませんから、割引券様様とやって来たわけです。
それにしてもまさかここの世話になろうとは(笑)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01778.jpg
本日の晩酌はたいへん久し振りに湯豆腐をいただきます。とはいっても豆腐を切ってコッヘルにぶち込み、水を張って温めるだけというごく簡易的なものです。出汁もとっていないわけですが、ここで醤油と鰹節の偉大さを思い知るわけです。醤油と鰹節があれば大抵の食材はそれなりに美味く食えてしまうと思うのです。つくづく自分は日本人だと思いますね。

DSC01779.jpg
いつも以上にビールが進むわけですが、毎日サッポロクラシックばかりでは能がありません。一番搾りの新作が出ていて且つクラシックより安かったので本日はこちらをいただきます。
そして今夜も道北はテントの中で湯豆腐を食べようと思うような気温だということです。本当にありがたいことです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。