即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

おはようございます。二日間網走の格安宿、民宿ランプに世話になりました。一泊2,800円という驚きの安さです。網走駅まで歩いて七分程の距離であり、網走駅前にあるコンビニと24時間営業のすき家にも歩いて行けます。

IMG_3077.jpg
このようにバイクを屋根の下に入れられるのが非常にありがたいです。しかしここはライハも併設していて、一昨日は本降りの雨だったので駆け込み寺の如く夕方から夜にかけて次々とライダー、チャリダーがやって来ました。それに対してこの屋根下は限られているので早い者勝ち、ぎりぎりに詰めたのですがそれでもあぶれてしまい、愛車を雨晒しにせざるを得ない人もいました。

様々な面で値段相応でしかありません。ですが、どこか破綻しているとか不潔であるということはなく、しっかりと休息出来ました。部屋の掃除が不十分で髪の毛など落ちていたのは少々辟易しましたが…トイレと風呂はむろん共用です。前述の通り洗濯機が300円で使えるのはありがたかったですね。洗剤は50円で買えます。ただし乾燥機が故障しているので部屋に干すしかありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
バイクで出発したところで、今日は今日でまたも朝食を食べになか卯にやって来ました。なか卯、すき家、なか卯の黄金継投が実現しました(笑)

IMG_3105a.jpg
IMG_3107.jpg
最大の理由は、まんまと無料クーポンに釣られたことです。目玉焼き豚汁定食に納豆を単品で追加し、クーポンの唐揚げとともにいただきます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
IMG_3108.jpg
石鹸と髭剃り用ローションが残り僅かになったので新しいものを買いました。石鹸は無添加のやつで三個パック。ローションともども僻地ではなかなか手に入らない物なので、買えてよかったです。なか卯と同じ敷地にコープさっぽろの大型店舗があったのです。しかし埼玉の自宅の最寄りのスーパーでは400円台で買えたローションが600円もしたのには驚きました。
まあそれはともかくとして、こうして日用消耗品を買う時が一番長旅を実感する時かも知れません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01820.jpg
改称によって未訪問状態に変わっていた網走大曲郵便局を訪ねて貯金しました。局舎も真新しいものに建て替わっていました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
先日ネットで購入した新しいカメラを網走市内で無事に受け取ることが出来ました。しかしここに至るまでには紆余曲折、いやそれを超えるすったもんだの大騒動がありました。幾つかの私の思い込みと軽率、さらには発送者の失敗などが重なって実にややこしい事態となってしまったのです。

まずは網走市内のヤマト運輸の営業所止めで荷物を送ってもらい、受け取ろうと画策しました。ところが、私はアマゾンで買った物は全てヤマト運輸が配送していると思い込んでいたのです。これが一つ目のつまずきです。しかしこれだけではありません。この後数々の悪い要素が重なってしまいました。
そもそも、アマゾンで購入してヤマトの営業所止めの配送をしてもらうには、アマゾンの当該の頁で検索して営業所を選択してクリックするようになっています。営業所止めの配送が出来ない商品については、この段階でエラーが表示されるようになっています。ところが私はこの事を後から知りました。配送先の欄に手入力でヤマトの網走営業所の住所を入力してしまったが故に、本来営業所止め不可の商品だったにもかかわらずそれで注文が通ってしまったのです。それでも配送者がヤマト運輸だったなら何とかなったのかも知れませんが、よりによって今回のカメラの配送は佐川急便でした。
さらに運の悪いことにここに発送者のミスも加わりました。発送元の会社が住所だけでなく、宛名までヤマト運輸網走営業所として荷物を出してしまったのです。そしてそのままの状態で今朝、荷物は網走に届きました。

当然ながらヤマトの網走営業所は心当たりのない荷物ですから受け取りを拒否、佐川の運転手の手で営業所に持ち戻りとなってしまいました。私がヤマトの営業所を訪ね、再配達してもらってそこで受け取ることは出来ないかと訊ねましたが、宛名が私の名でなく営業所になってしまっているので当然これが出来ません。では佐川急便の網走の営業所を訪ねれば持ち戻り状態の荷物を受け取れるかというと、やはりこれも出来ないのです。まさに八方塞がり、カメラは目の前まで届いているというのに、このままでは永遠に受け取れません。
宛先での受け取り拒否、発送者への返送手続きを待ち、改めて佐川急便の網走営業所止め、宛名は私ということで再配送してもらうしかないのか。そうだとしたらまた何日も時間がかかってしまう…絶望的な気分になりましたが、救済措置はありました。発送元の会社に電話をして、荷物の発送を受け付けた佐川急便の渋谷営業所に連絡をしてもらい、発送者の希望として宛先と宛名を変更してもらうように要請するように要請する、というものです。まったくややこしさの極みですが、しかしここからは話はとんとん拍子で進みました。発送元の会社はこの事を快諾してすぐに連絡をしてくれて、あっという間に佐川の網走営業所から営業所止め、宛名は私という変更の手続きが済んだ旨の連絡が来ました。胸を撫で下ろすというのはこういう時のためにある言葉でしょう。

DSC01819.jpg
ヤマト営業所、佐川の営業所、発送元の会社。あちこちに何度も電話をかけて込み入った話をし、すっかり疲れてしまいましたが、こうなればあとは佐川急便網走営業所に荷物を取りに行くだけです。かような騒動の挙句ですが、何とか新しいカメラを手にすることが出来ました。
余談ですが、取りつく島もない冷たい対応だったヤマトの営業所に対して、佐川の営業所は親身になってくれて親切で丁寧でした。同業社でありながらはっきりと分かれました。今後は宅急便よりも飛脚を利用したいですね。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
さて故障してしまった古いカメラは無用の長物でしかないので、その場で届いたばかりのカメラの箱に入れ替えて、実家宛てに送ってしまいました。

DSC01818.jpg
新しいカメラには当然付属品としてバッテリーが付いてくるので、これでバッテリーが三つになってしまいました。三つは必要ないし荷物を無駄に増やすだけなので、古いバッテリーのうちの一つと入れ替えてこれも一緒に送ってしまいました。一方でストラップは、切れた時の予備として手元に残しました。あと手元に残したのは保証書と納品書です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
一つ前の記事から明らかなように、今回新たに買ったのはこれまで使っていたのと全く同じもの、ソニーのDSC-RX100というカメラです。

securedownload170313a.jpg
何故これを選んだのか。まず何といっても、性能について大いに満足しており何の不満もなかったのが最大の理由です。ジーパンのポケットに入る大きさながらこれだけの高画質、高性能を実現しているカメラは、旅の伴侶して理想的な一台です。それから、別のメーカーの別のカメラを買うと手元にあるバッテリーや充電器も無用の長物と化してしまい、これらもまた買い替えなければなりません。また、新たに説明書を読んだり使い方に習熟する手間と時間も不要というわけです。旅の途中という目下の状況ではこれも無視出来ない要素であります。

このようにソニーのDSC-RX100を選ぶことに迷いはなかったのですが、問題はこのカメラ、現在は五代目となるDSC-RX100M5まで発売されているのです。しかしこれについても、ほぼ迷いなくこれまで使っていたもの、初代のDSC-RX100に決めました。むろん直系の後継機ですから最新作の方が性能がより良いに決まっていますが、M5は価格が十万円程もします。これに対して初代は今現在四万円前後にまで値が落ちています。私が購入した当時は六万円台後半の買い物でしたから、三分の二以下になったということです。
見方を変えれば、この価格差に対して性能差は微々たるものだとも言えます。それ程初代DSC-RX100は完成度の高いカメラだったのです。それが証拠に、DSC-RX100は初代からM5までの五種が依然として製造されていて、それぞれの機種を新品で買うことが出来るのです。こんな製品はごく稀です。初代の性能に十分満足していることと今や買い得な価格を考えれば、わざわざ新型に手を出す理由は希薄になります。これらが私が同じカメラを買い直した理由なのです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。