即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム |  次の頁→

おはようございます。とうとう観念して網走を発つことにしました。何日経ってもどうしても海上の霧が晴れず、海も山も見えないのです。

DSC01875.jpg
昨日など夕方からは雲一つない快晴で、日が暮れれば見事な月夜でした。こんな天気でも駄目なのですから、やはり今回は縁が無かったものと諦めるしかないようです。それにしてもカメラ待ち、友人との飲み、天気待ちが重なったとはいえ、網走に丸一週間も滞在してしまいました。自分でも想定外の展開に驚いています。初めての機会ですし、今後もうこんな事はないでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01876.jpg
間違えました。七日間で四勝、もとい二日連続四回目のなか卯で食べたという話です(笑)
そのようなわけで本日の朝食はまたなか卯です。テントを撤収して移動する日、経路上の左側と条件が揃った以上は必然の選択と言えるでしょう。

DSC01877.jpg
むろん本日も割引券が活躍します。生卵朝定食豚汁変更で330円、それに割引券の唐揚げが加わります。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01878.jpg
DSC01880.jpg
DSC01881.jpg
古い木造駅舎が残る釧網本線の三駅を定点観測します。下見板張りと藍色の琺瑯の駅名板の取り合わせがたまりません。それだけに鱒浦駅の建て替えと北浜駅を筆頭とした近年の俗な観光地化が残念です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01882.jpg
これは皮肉か僥倖か。みるみるうちに雲が晴れて良い天気になってきました。そして海上の霧も既になく、知床の山々もうっすらとではありますが姿を見せつつあります。これを受けて網走方面へ引き返すことにしました。事と次第によっては呼人浦キャンプ場に引き返して再びテント泊ということもあり得ます(笑)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
そのようなわけでまたも感動の径にやって来ました。しかし依然として雲は多めで、晴れ切らないという天気です。知床連山も、稜線ははっきりと見渡せるのですが霞の中に何とかうっすら認められるといった程度、恐らく写真では分からないでしょう。

DSC01887.jpg
しかしこれ以上深追いしてもそれこそ泥沼です。このあたりを潮時と考えるべきでしょう。そこそこの条件で再訪出来てよかったです。完封負け目前の九回に遅まきながら反撃に出て、一点差までは食い下がった。そんな心境です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01883.jpg
DSC01884.jpg
DSC01894.jpg
DSC01897.jpg
DSC01895.jpg
DSC01898.jpg
DSC01901.jpg
晴天下で再訪出来て得るものが大きかったのは感動の径よりもむしろこちら、近景、中景が美しい斜網広域農道です。なだらかに連なる丘、広大な農地、その中を貫いて視界の彼方まで真っ直ぐ続く道…これぞ北海道という絶景が30km近く続き素晴らしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01902.jpg
斜里の町まで来ました。休憩がてら知床斜里駅を訪ねます。近年建て替えられた駅舎は直線基調でごく現代的な外見、内部も同様です。釧網本線では異色の存在と言えるでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01903.jpg
DSC01904.jpg
知床斜里の駅前のセコマで昼食にします。今日は何故だかやけに空腹なので、ホットシェフに負けないくらいガッツに溢れたチキンカツカレー・カレーピラフにしました。ドライカレーにさらにカレールー、チキンカツにはソースもかかるというくどさです。330円という妙に安い価格も気味悪くすらあります(笑)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
いよいよ知床まで来ました。まずはオシンコシンの滝を訪ねます。私は長いこと、観光客が多くバスで団体まで乗り付ける下の観瀑台を避け、国道の旧道で滝を上から見下ろす所へ行っていました。しかしもう行きません。前回ヒグマと遭遇したからです。カーブを曲がった先にヒグマが居て距離は10mくらいしかなく、しかもその時ヒグマが二本足で立っていたのです。向こうがすぐに逃げたからよかったものの、今思い出しても恐ろしい体験です。

DSC01907.jpg
DSC01906.jpg
今回は滝は素通りするつもりでした。ところが駐車場に近付いてみるとバスの姿が一台もなく、咄嗟に入りました。これは僥倖です。果たして観瀑台には他に数人しかおらず、ゆっくり見物することが出来ました。ほんの数分の後先の偶然でしょう。名瀑であることには間違いありません。見物出来てよかったです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01909.jpg
まさに僥倖、知床まで来たら快晴になりました。こうなれば知床五湖へ行かない手はありません。

DSC01915.jpg
DSC01910.jpg
DSC01912.jpg
まずは高架木道を歩いて一湖へ。知床連山が全てはっきり見える最高の条件です。素晴らしい景色です。ここまでの好条件はなかなかないので、こうなれば遊歩道を歩いて五湖まで全て見たいところです。しかしこの時間帯から所要時間一時間半の遊歩道を歩き始めるのはためらわれました。何処かにねぐらを定めて連泊の日ならよかったのですが…

DSC01908.jpg
昼前から昼頃が最も空いているという情報も得たので、明日また晴れたら出直すのも一案です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。