即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC02179.jpg
おはようございます。釧路市内のビジネスホテルの部屋でこの記事を書いています。今朝も空は暗く曇って、霧なのか微かな雨なのか、アスファルトが濡れています。いつもだったら霧にむせぶ釧路は哀愁がある、などと言うところですが、今回ばかりはそうもいきません。もう霧も雨も見飽きました。昨日のようにぎりぎりのところで雨が降らずにもってくれて、バイクでの移動に支障がないことを祈るのみです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC02178.jpg
昨日は長年愛用している釧路のビジネスホテル、ラッソ釧路に世話になりました。

DSC02172.jpg
バイクが屋根の下に置けて非常にありがたいです。しかもロビーからこの裏口への扉が開放されているのも便利です。ただしこの場所に置けるのはいいところ二台で、早い者勝ちということになります。後から到着した場合バイクは青空駐車になってしまいます。

さて、このホテルを長年愛用している理由は三つありました。まず飲み屋街の只中という抜群の立地。部屋の窓から昨晩訪ねた万年青が見えます。それから何といっても朝食が美味いこと。ビジネスホテルの朝食こそは玉石混淆ですが、ここは内容、味ともに法華倶楽部と並ぶ最高峰です。そして三つ目の理由はこの内容に対して価格が安いことだったのですが、ここに今回残念な変化がありました。
経営母体が変わった影響なのか、以前よりも一回り以上高い値付けになってしまったのです。それは仕方のないことで、利用する側のこちらが取捨選択するだけの話なのですが、一つ釈然としない事があります。「これまで無料だった朝食が有料になりました」というホテル側の謳い文句です。こういうのを詭弁と言うのでしょう。黙ってただ値上げをすればいいものを、こういう言い訳がましいことを言うものだから却って印象が悪くなります。朝食の質がさらに向上したともあります。が、真相はどうでしょうか。これから食べてみないことには分かりませんが、次回釧路に来た時もここに泊まるかどうか、慎重な判断が要るようです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
結論から言いますと、内容、味ともに良い素晴らしい朝食です。どこが質が向上したのかは分かりませんでしたが、少なくとも落ちてはいません。いやそんな事よりも、絶対評価として良いということです。

DSC02180.jpg
まずは何といっても普段不足している野菜分を思い切り補充させていただきます(笑)
牛乳と、サラダを二皿に分けて取り、煮物、玉子焼き、茄子の揚げ物です。味噌汁に好みで葱をたっぷり入れられるのがありがたいです。この時点では米は食べません。

DSC02181.jpg
味噌汁を一杯おかわりしつつこれらを全て平らげたところで、真打ちのポークカレーが登場します。辛さがやや足りないのと赤く着色した福神漬けを使っているのが残念ではありますが、実に味わい深いカレーです。カレーの中にはじゃがいもと人参、芽キャベツ、それにソーセージとベーコンを添えます。大皿はなく、ご飯茶碗でカレーを食べている人が多いですが、それより少し大きいサラダ用の深皿に盛りました。

DSC02182.jpg
カレー二杯目。とはいってもサラダ用の小皿なので馬鹿食いをしているわけではありません。腹九分目で切り上げました。しかし今日は昼食は要らないでしょう。

ホテル側の謳うところによると、この朝食の価格は千円です。それだけの価値はあると思います。しかしこれは法華倶楽部の朝食とほぼ同じ値段です。あちらはおかずの種類がもっと多い、野菜の質が良い、郷土色が織り込まれていると、さらにこの上をいきます。ホテルラッソの朝食は今のところ銀賞です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC02183.jpg
DSC02184.jpg
予て気になっていたのですがなかなか訪問の機会が持てなかったところに、漸く来ることが出来ました。釧路市内にある太平洋炭礦展示館です。一体見学にどれくらい時間がかかるのか。それによって本日この後の予定が変わってきます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC02185.jpg
DSC02186.jpg
私はこの展示館について、思い違い、というか勝手な思い込みをしていました。鉄道趣味人の見地からもっと面白いものだと思っていたのです。しかし一つだけ大いに見応えがあるものがありました。坑内で使われている電気機関車です。何と架線からパンタグラフ集電で動いているのです。これには驚きました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC02187.jpg
DSC02188.jpg
DSC02189.jpg
DSC02190.jpg
DSC02191.jpg
太平洋炭礦の本拠とも言える武佐の鉄道線の起点にやって来ました。広い構内には今は二両の形式の違うディーゼル機関車、しかも一両はロッド式です。また錆だらけの廃機関車も留置されていて素晴らしいです。そして何といっても連接台車の運炭車です。秀逸です。枝分かれした線路がホッパーの下に吸い込まれていく様もたまりません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
釧路を離れて西へ走ってきました。国道38号を淡々と進んで海沿いの道道1038号へ。晴れていたなら絶景道路なのですが残念です。そして休憩がてら厚内駅に立ち寄ります。

DSC02192.jpg
かつての事務室の部分はつぶされてささやかな待合室だけが残ります。事務室部分の扉や窓は塞がれ、そこも含めて安っぽい新建材が貼られた上に真っ白に塗られています。まるでのっぺらぼうのような無粋な外見です。古い木造駅舎が取り壊されず大切に使われるのは良い事ですが、せめてもう少し配色を考えて欲しかったです。
そして寂しい小駅ながら構内は二面三線が稼働しているのが特筆すべき点です。特急退避のためのこの区間で貴重な存在なのでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC02193.jpg
交通量が皆無の国道というのは北海道では珍しくありませんが、中でも一番はこの道かも知れません。国道336号を南西へ走っています。ただ交通量が無いだけではありません。国道だけに道道よりも道幅は広いし舗装は良いし、さらに景色がとても良いのです。何と気持ちのよい道でしょうか。今日も曇り空が残念ではありますが、それでも気分爽快です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC02194.jpg
DSC02195.jpg
十勝平野に入りました。今は道の駅さらべつで休憩中です。館内に旧広尾線上更別駅の駅名標があって驚きました。以前はなかった物です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC02196.jpg
表題の施設で風呂に入りました。風呂にはまだ早い時間ですし、ねぐらが定まっていないうちに先に風呂に入るのはきわめて珍しいことです。しかし先を読んだところこれが最善策と思ったのです。
ここで北海道のバイク旅に精通している方ならこの先の展開がもうお分りでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。