即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム |  次の頁→

おはようございます。高松は予報の通り昨夜から雨が降っています。今日は終日降り続き、しかも昼間はかなり強く降るようです。しかし既報の通り宿に連泊、バイクも屋根の下なので何の問題もありません。今日はバイクには乗らずに活動します。その前に言うまでもなくうどん屋で朝食です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03281.jpg
宿は高松駅の目の前、必然的にうどん屋は駅の近くで朝から開けている店に限られます。まず以前から営業している気配が消えていて心配していた一代ですが、居抜きで別の飲食店に変わっていましたorz
こうなると味庄かめりけんやのどちらかに絞られます。企業が経営しているめりけんやよりも個人経営の味庄を選ぶのが定石ですが、それを承知で今朝はめりけんやに入りました。以前食べた、専用の醤油をかけた釜玉の美味さが忘れられなかったからです。

DSC03282.jpg
ところが釜玉は10分待ってもらうという非情な通告がorz
そこで月見にしました。出だしからいきなりつまづいた感が否めませんが、こちらも十分に美味いのでよしとしましょう。久々に食べる讃岐うどんのコシ、喉越しは最高です。大量の揚げが乗っていたので天麩羅を添える必要を感じませんでした。これで300円ですから、重ねて最高です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
大量の勤め人が吐き出されてくるのと擦れ違うようにして高松築港駅の中に入りました。さあそして、この展開は多くの方が読んでいたかと思います。今日は琴電の一日乗車券を買って活動します。まずは806発の仏生山行きに乗車しました。

DSC03289.jpg
ところでこの一日乗車券、大き過ぎて使いづらいのは何とかならないのでしょうか(笑)
財布にも入らないし、ポケットに入れても皺くちゃになってしまいます。今時どうしてこうなのか、いかにも琴電らしくのんびりしています。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03283.jpg
電車に乗ってでは何処へ行くのか、と鉄道に興味のない人は尋ねるでしょう。しかしそこは趣味人ならでは、ただ乗っているだけで楽しいのです。それもとびきり充実した時間です。人間趣味があるというのは良いことです。

瓦町で沢山の高校生が乗り込んできました。どういうわけか女子高生ばかりで、車内は華やかな雰囲気に一変しました。そうかと思ったら次の栗林公園で殆どが降りていきました。恐らく女子校があるのでしょう。
三条~太田間の一部が高架になっていて驚きました。それも、いつでも複線に出来る幅です。前回琴電に乗ったのはいつのことか。ずっと以前からこうだったのでしょうか。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03285.jpg
DSC03290.jpg
DSC03286.jpg
DSC03287.jpg
DSC03288.jpg
来た列車が琴電琴平行きだったら終点まで乗り通していたのてますが、仏生山行きでした。後続列車を待たねばなりませんが、むしろ好都合です。保存されている300形電車を見物します。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
琴電琴平行きがなかなかやって来ません。後続の列車は滝宮止まりでした。しかし仏生山に続いてむしろ望むところです。滝宮の駅舎を定点観測出来るからです。何度見ても本当に素晴らしい駅舎です。

DSC03292.jpg
DSC03293.jpg
DSC03294.jpg
琴平電鉄時代に建てられた駅舎の中で唯一現存する、文化財級の価値のあるものです。かつてはここが終着駅だったこともあり、それでこのような凝った駅舎が奢られたのでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
ここで、一日電車に乗って活動する本日の持ち物のうち、財布、カメラ、携帯端末以外の物を紹介します。

DSC03280.jpg
ペットボトルの水、ポケットティッシュ、ゲストハウスの鍵、そしてこれが重要なのですが、さぬきうどん全店制覇攻略本です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03295.jpg
DSC03302.jpg
DSC03303.jpg
終着駅の琴電琴平に着きました。土讃線の琴平駅が余りに立派なのでつい比べてしまいがちですが、コンクリート造りに寺院風の大屋根を構えて瓦を葺いたこちらの駅舎も素晴らしいものです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03296.jpg
その琴平駅を勿論訪ねます。驚いたことに大規模な改修が行われていて、壁も屋根もきれいに塗り直されていました。内部に至ってはほぼ一新されています。
良い部分を残しつつ新しくきれいにして使い続けるのは紛れもなく良い事ですが、一つ残念な変化もありました。赤い大きな、実に印象的だった駅名の切り抜き文字が取り去られていたのですorz

DSC03297.jpg
DSC03301.jpg
しかもよろしくないのは、小さな駅名板を手前の看板が隠してしまっていることです。無二の個性だったあの切り抜き文字を踏襲しなかったのは何故なのか、残念でなりません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03298.jpg
めりけんやで天麩羅を添えなかったのは、軒数をこなすのが目的でもありました。琴平で訪ねるのは、土讃線の踏切脇という立地が印象的なおがわうどんです。

DSC03299.jpg
注文したのはざるうどん、勿論当店名物の細切りです。讃岐うどんで細切りというのは変わり種ではありますが、言い換えれば、細く切って十分なくらいにコシがあるということです。そういう意味でもこれもまたいかにも讃岐うどんらしい一杯だと言えるでしょう。果たして歯を押し返す程の素晴らしいコシ、それでいながらあくまで柔らかく滑らかで、これをすするのは快感ですらあります。秀逸です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。