即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

おはようございます。徳島市内のビジネスホテルの部屋でこの記事を書いています。今回の旅では四国を重視したいと一貫して思い続けてきたわけですが、その理由は簡単で、前回の日本一周で四国を最も軽んじてしまったからです。中でも酷かったのが徳島県です。県の西北部をかすめるように通り過ぎただけで、徳島の市街地は勿論、阿佐の海岸線などもまったく通りませんでした。今振り返れば考えられないことです。もっとも、本州、四国、九州を快適に旅できる期間は本当に短いですから、ある程度の取捨選択が必要なのも事実ではあります。

昨日は脇町から吉野川に沿って移動し、鳴門の豪快な風景を堪能し、夜は徳島の町で居酒屋を訪ねました。何でもやたらとすだちが添えられてきたのが忘れられません。今日も徳島県内での活動に注力し、楽しみたいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03442.jpg
昨日は表題の宿に世話になりました。前述の通り連休明けの平日ということで市内のビジネスホテルは叩き売りの状態だったのですが、それでも四千円を切るという価格に、ある程度の覚悟は必要だろうと思っていました。その通りで、かなり古びた建物でした。しかし特に不満もなく、これで十分だとも言えます。

DSC03443.jpg
そして和室を選んだのはやはり正解でした。こういう古いホテルの洋室というのはいかにもみすぼらしいものですが、これが和室だと結構快適に過ごせてしまうのだから不思議なものです。
立地は申し分なし、ただし代償として周辺は一方通行や右折禁止が多く、辿り着くのにやや難儀しました。バイクは入口の目の前に置けます。ただし屋根はありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03448.jpg
いのたにに代表されるように、徳島ラーメンの弱点は朝から開いている店が殆どないことです。白水食堂という店で早朝からラーメンが食べられるらしいのですが、道路の最も混雑する時間帯に進むべき方向と逆に走ってまで行こうとは思えませんでした。その結果、本日の朝食は国道55号線沿いに現れた吉野家です。

DSC03449.jpg
なか卯は品書きの構成を把握し切れていないので注文に戸惑う、これに対して松屋ではソーセージエッグ定食の豚汁変更しかあり得ないと先に述べました。では吉野家ではどうかというとこちらも完全に注文は固定されていて、牛丼並のつゆだくに味噌汁とごぼうサラダのセットです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
まるで高速道路のような国道55号を快走して阿南市の南方まで来ました。一転して海辺を走る静かな田舎道に入っています。小さな漁村の小さな波止場が現れたので、そこにカブを停めて休憩です。天気は快晴で、物音一つしません。

DSC03451.jpg
DSC03452.jpg
旅に出る前、誰もがいくつかの旅の情景を思い描いて憧れを募らせる筈です。そんな情景の典型の一つです。やはり旅はいいものだと改めて思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
この旅では鄙びた漁村の風景を多く訪ね歩きたい。先にこう言いましたがなんだかんだでその機会は少なく、久しぶりにこれが叶いました。それも、細い岬の突き当たりの漁村です。訪ねたのは椿泊です。

DSC03453.jpg
DSC03454.jpg
DSC03456.jpg
ごく細い道が延々と続き、両側に家が建ち並び、素晴らしいです。地名も良いです。わざわざやって来た甲斐がありました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03455.jpg
漁村の中に佇む簡易郵便局に勿論立ち寄って貯金をしていきます。局の前の道も非常に狭く、原付でもぎりぎり端に寄せなければなりません。その風情がまたいいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03458.jpg
DSC03460.jpg
DSC03461.jpg
DSC03462.jpg
四国の最東端、蒲生田岬にやって来ました。灯台からは視界を遮るものなく大海原を一望する、素晴らしい眺めです。ただ、快晴ではあるのですが遠方の霞みが濃く、海上の景色が殆ど判然としないのが残念です。一昨日も昨日もそうでした。ずっとこんな天気です。

これも一昨日、昨日と同様なのですが、日差しの強さ、蒸し暑さが印象的です。今日もバイクで走るにもTシャツ一枚でないといられません。腕などかなり黒く焼けてしまいました。四国の海沿いはまだ夏の気候です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03463.jpg
海岸沿いをひた走って徳島県の最南端、宍喰まで来ました。宍喰駅を訪ねます。立派なコンクリートの高架橋、そして高架駅が何とも印象的です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03465.jpg
DSC03466.jpg
DSC03467.jpg
いよいよ徳島県から高知県に入りました。阿佐海岸鉄道の終着駅、甲浦駅を訪ねます。立派な高架橋の線路があっけなく尽きる様は、どこか宿毛駅にも似ています。周辺に住宅はまばらで、静まり返っています。

DSC03464.jpg
巨費を投じてここまで線路を伸ばして、一体いかほどの需要があるのかと思わずにはいられません。むろん合理と損得勘定だけで線路をひいたのではないでしょうが、それはまあそれとして…

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03468.jpg
思い出の場所を訪ねました。数年前、汽車旅で四国を訪れた際、甲浦駅から二十分程歩いて港にあるバスの発着所まで行き、そこから奈半利まで長距離路線バスに乗ったのです。その途中、唯一の選択肢として甲浦の町のいせや食堂で昼食をとりました。他人丼がやけに甘い味付けながらも美味だったのを覚えています。
バスに遍路が乗っていたのも印象的でした。あの旅の中でも特に強い印象が残っている一日で、当時のことは今でも鮮明に覚えています。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。