即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム |  次の頁→

おはようございます。今日は気力を振り絞って、昨日の朝の記事で書いた通りの事を実行することにしました。即ち、雨の中を走って松山まで一気に移動します。松山には既にバイクを屋根の下に置ける安宿をおさえてあります。これがなかったらとてもそんな気になれなかったでしょう。

とはいっても今現在は雨は降っていません。それどころか時折晴れ間も見えます。しかし予報によると昼頃から再び降り始めて午後は本降りになるようです。それまでにどれだけ距離を稼げるかが鍵となりそうです。
四国カルスト、大洲、八幡浜は諦めざるを得ません。しかし四国カルストなどこの天気の中行っても景色を楽しめないし、寒さに凍えに行くようなものなのでまるで無意味です。最も楽しみにしていたのは八幡浜ですが、松山から日帰りで行って帰って来るのも頃合いの距離なので今後の天候次第ではそうするかも知れません。松山の次は当然しまなみ海道ということになりますが、ここは晴天が絶対条件だからです。雨の心配はないけれど終日曇りという日があるならば、松山の安宿に連泊して日帰りで八幡浜の町を訪ねるのも一興でしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03567.jpg
無情の雨により高知に一週間も足留めされてしまいました。既報の通り初日はかつおゲストハウスに泊まったわけですが、その次の日から五連泊世話になったのはゲストハウス土佐です。二段ベッドのドミトリー一泊2,800~3,000円。
素晴らしい、最高のゲストハウスです。御年六十七の女将が一人で営まれているのですが、この女将がとにかく優しくて親切で、快適に過ごせるように細かい点に至るまであれこれ気を遣ってくれるのです。そしてそれだけではありません。

DSC03569.jpg
部屋が新しくきれいでとにかく清潔なのです。さらに立地も極上で、蓮池町通電停のすぐ近く、はりまや橋まで徒歩三分の位置で、飲み歩きには最高、高知駅からも歩いて行けます。それでいながら一本裏道に入った所にあるので、静かで落ち着いています。シャワーはいつでも使えますがそれだけでなく、夕方には湯を張ってくれて入浴出来ます。さらに一泊毎に一枚タオルを貸してくれます。まさに完璧。欠点がないというのはこれを言うのでしょう。

DSC03568.jpg
さらには屋内駐車場にバイクを停めさせてくれました。雨が降り続いたのでこれは本当に助かりました。シャッターも閉めてくれました。ただし駐輪場については公に謳っているわけではありません。普段はこの車庫に車を二台停めているところ、たまたま一台が不在だったので女将のご厚意でここに私のカブを入れてくれたのです。洗濯機も無料で使わせてくれたのですがこれも同様で、女将の裁量です。初めからこれらをあてにして行くことはしないで下さい。

DSC03570.jpg
館内は単に清潔なだけでなく、余計な物がなくて端正で実に居心地が好いです。花や茶を嗜まれている女将の趣味の良さがよく表れています。

ところでここへ来た最初の日、実に印象深い出来事がありました。そもそもかつおゲストハウスを一日で出てこちらに移った直接の動機は、かつおゲストハウスが満室で連泊出来なかったからです。そしてその日、市街の中心部にあるもう一軒のゲストハウスについても実は調べてみたのですが、こちらも満室でした。ところがここゲストハウス土佐に宿泊客は私一人、貸し切りだったのです。
こんなにも良いゲストハウスでありながら何故なのか。心当たりが一つあります。ここはHPを持っていなくて、ネットで探してもいまいち情報が拾えないのです。今の世の中、やはりHPを見てどういう宿かを事前に知って安心出来れば泊まってみようという人も多く、逆にそれが無いと敬遠されるのでしょう。しかしだからこそ穴場たりえていると言えます。大事なのは、連日泊り客が多く満室の盛況という状況を女将が望んでいるのか否かという事です。女将本人に聞いたわけではないのでこれは私の想像に過ぎませんが、そうではないような気がします。そしてゲストハウスに閑古鳥が鳴いていたとしても、少なくとも女将が生活に困ることがないのも間違いなさそうです。
一人の旅人の勝手な言い草ではありますが、これからも女将の心配りが行き届く適度な客入り、高知の穴場であって欲しいと願います。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
一刻も早く移動していきたいところですが、腹が減っては戦は出来ません。そして図らずも出発するのが一汁三菜食堂の開店時刻の八時になりました。朝食を食べていかない手はありません。四日連続の訪問となりました。

DSC03638.jpg
中途半端な時間だった初日と二日目、昼時の盛りだった昨日ともまた違う発見がありました。卵焼き、小鉢、焼き魚の三種セットなるものがあったのです。卵焼きと焼き魚については注文を受けてから熱々のものを出してくれるのがこの店の美点ですが、敢えてそれを放棄する代わりに手早く、安い料金で食べられるのです。豚汁大、ごはん中と合わせて485円と値打ちです。むろんこの時間でも通常の熱々の卵焼きや魚を選ぶことも出来ます。
出勤前に手早く朝食を食べていきたい人のためのものであることは明らかで、痒いところに手が届く商品展開は見事と言う他ありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03639.jpg
余計な事は考えずにひたすらに国道33号を走っています。愛媛県に入り、一気に道の駅みかわまでやって来ました。ここで少々長めの休憩です。
四国カルストや大洲、八幡浜の町を訪ねられないのは誠に残念ではありますが、せめてもの救いがあります。花見の旅編の時に高知県の西南部、幡多地方は満喫してしまったので、ここを省略できることです。桜が咲くのを待つ間に快晴の足摺岬を訪ねたり、沈下橋巡りをしたり、宿毛や中村の町を歩いたりも出来ました。今回はここは初めから飛ばし、その分愛媛県に時間を注ごうと思っていたのです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
松山に到着しました。バイクは今日泊まる安宿の屋根の下へ。まんまと雨が降り出す前に着きました。大成功です。
それにしても正午前に着くとは嬉しい誤算です。無茶して飛ばしてきたわけではありません。予想外に早く着いた要因は、偏に国道33号の山越え区間にあります。信号も先行車も全くなく、想像していたよりも遥かに快走路だったのです。この区間で一気に距離を稼ぐことが出来ました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
今日泊まる安宿は道後にあります。バイクを置いて一安心、そしてちょうど昼時です。近くのラーメン屋に飛び込みました。道後のアーケード商店街の中などと俗もいいところですが、選り好みをしている余裕がない程に腹が減っていました。朝食を八時過ぎに食べたというのに、久々にまとまった距離を一気に走ったからでしょうか。それに加えて歩いて行ける範囲という大きな制約があり、ほぼ迷わず決めました。

DSC03642.jpg
そして本日のサービス品は担々麺で、ごはんが無料で付くということ。体も冷えていたところだし、最近辛いものを食べていなかったし、これぞ渡りに船。こちらも迷わず即決しました。内容の方は店の立地から想像される通りのものでしたが、それはまあそれとして…

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
予想外に早く松山に着いたことで雨に濡れずに済みました。これは本当に大きかったです。その代償として宿に入れる午後三時までの時間を持て余すことになりました。しかし漠然と歩いても楽しい道後であることは救いです。まずは道後温泉駅を訪ねます。

DSC03647.jpg
DSC03645.jpg
DSC03650.jpg
変わらず素晴らしい駅舎ですが、工事のために一部が無粋なフェンスで覆われていて残念です。そして明日と明後日で使う予定でいる二日乗車券を予め買っておきました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03646.jpg
続いて暇に飽かしてからくり時計を見物します。からくり時計というと大仰なばかりで雑なものが殆どですが、ここ道後温泉のものは実に品が良いです。一番下の層に湯舟に浸かる裸の人達が配されているのが可笑しいです。周りは外国人観光客で人だかりになっています。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03651.jpg
伊予鉄といえば無広告またはそれに近い旧型車両が多く残るのが美点ですが、道後温泉駅で暫く電車を眺めているうちに異変に気付きました。従来のベージュ色と朱色の塗り分けから、オレンジ一色の塗り分けに変わっていたのですorz

DSC03652.jpg
昨夏松山に来た時はまだベージュと朱色の電車ばかりだったので、それ以降に塗り替えが進められたのでしょう。オレンジ色は私がこの世で最も嫌いな色です。実際のところ電車の印象は随分下品になってしまいました。これは大いなる退化、何故こんな事になってしまったのでしょうかorz

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
雨が降り始めたかと思ったら、あっという間に本降りになりました。我が国の天気予報の正確さに驚くとともに、改めて降り出す前に松山に着いてカブの屋根の下へ入れられた喜びを噛み締めます。

DSC03653.jpg
さて、傘を差して湯築城跡にやって来ました。建造物が何も残っていないのは残念ですが、現在の道後温泉本館ができるまで使われていた湯釜が保存されており、一見の価値があります。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。