即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム |  次の頁→

おはようございます。長く降り続いた雨も漸く上がりました。先が見えなかった足留めもとうとう終わりです。高知から松山に移動した日はそれこそ事務的な移動、作業という感じでした。今日から本当の意味での、旅そのものとしての移動を十二日ぶりに再開します。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03807.jpg
本日の朝食は、一昨日の昼にと買っておきながら結局食べなかった金ちゃんうどん、それから野菜ジュースです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03764.jpg
ホテルエコ道後の後に三泊世話になったのは同じく道後のゲストハウス、ふじやです。ドミトリー2,200円。これに原付なら100円、中型200円、大型バイクなら300円の駐輪代がかかるので、一泊につき2,300円でした。

DSC03763.jpg
その駐輪場は完全に屋内で、助かりました。台風の大雨だったのでこうでなかったらどうしようもなかったです。しかし停められるのは詰めても三台が限界で、バイクで行く人は事前にしっかり確認した方がいいでしょう。

DSC03768.jpg
そして諸設備の広さ、充実ぶりは同じ価格帯でありながらホテルエコ道後に一歩も二歩も譲ります。特に貴重品を入れるロッカーがないこと、構造上シャワー室の中で着替えをしなければならないので、シャワーを浴びた後足が濡れたまま服を着なければならないのは不便でした。貴重品ロッカーは小さい物なら置こうと思えば置ける筈なのですが。

DSC03767.jpg
その広さもあってホテル然とした対応のエコ道後に対して、こちらは家庭的な宿でした。主人とスタッフ、宿泊客が家族のように一緒に夕食を食べることが楽しめます。条件で選ぶよりもそういった雰囲気を好む向きはこちらの宿もいいかも知れません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
一日晴れとの予報に胸躍らせてまっすぐ今治までやって来ましたが、空はどんより曇っていますorz

DSC03808.jpg
何とも困った状況ですが、ここまで来たならもはや出来る事は晴れるのを待つことだけです。じたばたしても仕方ないので、とりあえず今治港にやって来ました。前回来た時と違ってきれいに整備され、建物も一新されていて驚きました。明るい全面硝子張りの一階部分に対して、二階は船体を連想される複雑な曲線を描く板張りになっています。素晴らしい建物です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03809.jpg
DSC03810.jpg
四国に来てからずっと気になっている事があります。ロゴマークが顔文字に似ていると評判のSOLATOのガソリンスタンドがとても多いのです。他の地域ではごく稀にしか見ないのに、四国では日に三度、四度と見かけることも少なくありません。これは一度は給油せねばならないでしょう。
一度そう思うともうこの顔文字にしか見えなくなるのだから不思議なものです(笑)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
(゚Д゚)での給油の他に郵便局で貯金したり今治の古い銭湯が健在かどうか確かめるなど色々時間潰しをしましたが、なかなか晴れてくれません。次にやって来たのは大角海浜公園です。

DSC03811.jpg
ここは前回の日本一周でテント泊した所ですが、来島海峡に突き出た岬の突端にあり、海峡が最も狭くなった箇所を目の前に望みます。様々な船がひっきりなしに目の前を行き来するのですが、長距離フェリーや貨物船などの大型船も含まれるので凄い眺めなのです。しかし今のように曇り空ではそれもいまひとつです。そして風が冷たくて寒い。期待していた天気と大きく違い、どうしたものか途方に暮れていますorz

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03812.jpg
DSC03813.jpg
今治は造船の町です。すぐ目の前に巨大なクレーンと巨大な貨物船という眺めは迫力満点です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03814.jpg
DSC03816.jpg
来島海峡大橋を一望するこれぞ絶景、糸山公園に来ました。しかし駄目です、晴れてくれません。今治も尾道も天気予報では晴れなのですが大外れです。この土壇場にきて何という不運でしょうか。とことん天気に恵まれないこの旅を象徴していますorz

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
原付バイクを日本一周の足としたのはしまなみ海道と沖縄を訪ねるためであり、故にこの旅はまだ一番おいしいところ、見せ場に至っていない。本ブログの中でこう先述しました。バイクが特に好きで乗っているわけではなく、自分にとっては旅の手段の一つに過ぎないとも。それだけにこの旅においてしまなみ海道にかける思いは非常に強いものがありました。この日本一周の精髄、最大の目的であると言っても過言ではありません。

DSC03817.jpg
DSC03820.jpg
何故そこまでしまなみ海道への思いが強いのか、そして原付バイクでなければいけなかったのかというと、それは原付専用道の圧倒的な魅力に尽きます。自動車や中型以上のバイクでしまなみ海道を渡る場合、高速道路を走らねばなりません。料金は高く、むろん橋の途中で停車するわけにもいきません。何より高速道は橋の中央なので、眺めもいまひとつです。

DSC03821.jpg
DSC03822.jpg
DSC03823.jpg
DSC03827.jpg
DSC03828.jpg
これに対して原付専用道は料金はタダ同然、橋の端を通っているから景色は抜群、そして一部の時間帯を除き交通量が全くないので、好きなところで止まって眼下の海を覗いたり写真を撮ったり出来るのです。その爽快感たるや、まさしく海の上を飛んでいるが如しです。

だからこそ晴天でなければ意味がないのです。しかし、それを承知でひとまず橋を渡っていくことにしました。一つの理由として、このまま今治でただ晴れ待ちをしていても何もする事がなくて退屈の極みだということです。それから、橋を渡っていったらいったで目的地があります。それが鞆の浦です。前回の日本一周で日曜に行ってしまったため十分に楽しめなかった鞆の浦を再訪するのも一興と思ったのです。
そのための移動の経路と割り切って橋を渡ることにしました。むろん、中途半端にこの天気で一度渡ることによって感動を削いでしまうという、大きな代償を払わねばなりません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03825.jpg
DSC03830.jpg
しまなみ海道の圧巻は何といっても一番南、四国本土今治に架かる来島海峡第三大橋です。然るに北上するにつれて天気が良くなってくるとは、どうにも皮肉な展開です。雲一つない快晴になったというなら今治まで引き返すという選択もあったのですが、依然として雲は多く、晴れたり曇ったりという状態です。ひとまずは予定通りに各島では最短距離を走って橋を次々と渡り、尾道まで来ました。
最後の向島から尾道へ渡るのが尾道大橋です。これはしまなみ海道の一部と呼んでいいものか、五十年も前に開通した古い橋です。が、こちらも橋上からの眺めは絶景です。海峡の狭さに対して橋が高く、周囲を一望するのです。ごく狭い海峡に面して造船所が建ち並び、本州側は山の斜面にまで広がる住宅に、緩やかなカーブを描く山陽本線の線路が見えます。これぞ尾道という風景です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。