即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム |  次の頁→

おはようございます。昨日は福山市の道の駅アリストぬまくまでテント泊しました。ここは前回の日本一周でも同様にテント泊したところです。やはり過去に一度でもテント泊して結果が良かったところは気分がまるで違いますね。そして道の駅の事務所を訪ねて許可を求めたところ、快諾して下さいました。

DSC03845.jpg
このような所に張らせていただきました。屋根のお陰で朝露はこないし下はコンクリートなのでドカシーも濡れないし、最高の条件です。さらには背後の壁が道路からの視線を遮ってくれます。

DSC03846.jpg
バイクで六、七分も走れば昭和の湯という風呂があります。ただの循環湯ですが、総石造りでとても広く、これで500円なのですから何の不満もありません。さらに反対方向に二分も走れば大きなスーパーがあります。コンビニはテントから見える位置、歩いてすぐの距離にあります。

目の前は国道ですが、夜の九時には交通量も殆どなくなります。さらにここは駐車場からも離れているし人の出入りも全くないし、夜中は物音一つしない状況でした。まさに完璧、正式なテント場でないのにここまで快適に休めるとは感謝に堪えません。ありがとうございました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03847.jpg
かようにテント泊の社会的な条件は最高だったのですが、一方で深刻な問題がありました。寒かったのです。道の駅泊ということで昨夜は当然テントの中に篭っての晩酌だったのですが、とても寒くて思わずダウンジャケットを引っ張り出して着込みました。下はジーパン履きの上に寝袋をしっかりと掛けていました。

寝る際には勿論テントのインナー及び寝袋のファスナーは全閉で、さらに長袖のシャツを着て寝ました。それでもぎりぎりで、朝方は少々寒かったです。問題は、気温の予報を見るに今日以降もテント泊は無理そうだということです。風邪などひいたら元も子もありません。雨の心配は全くなくなり、これからは極力テント泊と思っていたのに今度は寒さに阻まれるとは。単に停滞を強いられただけでなくこんな弊害も生むとは、改めて先の長雨が恨めしいですorz

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
本日の主題は言うまでもなくしまなみ海道の再訪ですが、まっすぐ尾道へ向かうかというとさに非ず。まずは道の駅アリストぬまくまのすぐ近く、田島と横島の二つの島を巡ります。
実は今回の旅においてとても重要と位置付けている目的があります。それは、橋で渡れる瀬戸内の小さな島を漏らさず巡っていくというものです。これは前回の日本一周で素通りしてきてしまったものでした。これが第一弾です。

DSC03848.jpg
DSC03850.jpg
DSC03853.jpg
小さな島と立派な橋の対比、そして鄙びた漁村と巨大な造船所の対比が実に良いです。いかにも瀬戸内らしい風景です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03855.jpg
DSC03857.jpg
DSC03859.jpg
DSC03860.jpg
DSC03864.jpg
DSC03865.jpg
天気はまさしく快晴です。しまなみ海道に向かって気持ちが逸るところですが、そうはいっても尾道の町を素通りするわけにもいきません。バイクを降りて、石畳の急坂を登ってゆっくり歩きます。何度来ても尾道の風景は心に染み入ります。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
昨日は尾道大橋を渡って本州入りしました。となれば今日は当然渡船です。橋も渡船もどちらも素晴らしいのだから困ったものです。川のような狭く海峡を渡すのに、三本もの渡船が並んで運航されています。その中から今日は真ん中の福本渡船へ。

DSC03867.jpg
DSC03868.jpg
DSC03869.jpg
DSC03870.jpg
DSC03871.jpg
DSC03872.jpg
乗り場の風情、船の風情、甲板で料金係のおじさんが一人一人から現金で船賃を集める風情、全てが秀逸です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03873.jpg
DSC03875.jpg
昨日は最短距離で島を通り抜けて橋を次々と渡っていきましたが、今日は勿論それぞれの島をじっくり巡ります。向島中郵便局で貯金をした後、橋で繋がっているさらに小さい島、岩子島を訪ねます。真っ赤な鉄橋で渡る静かな小島の雰囲気が素晴らしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
尾道、向島までは快晴でした。天気予報も終日晴れとなっています。然るに、いよいよしまなみ海道の一番良いところという段になって空一面が雲に覆われてしまいました。ここまで天気に見放されるともはや嘆きや憤りといった感情も湧いてきません。ただただ最大の目的が達せられないという現実があるのみです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03882.jpg
その後曇り空の下を、惰性で橋を渡って昨日来た道を反対方向へ、南へ走ってきました。色々な事を考えてしまいましたが、それから再逆転が、それもとびきりの大逆転が待っていました。来島海峡大橋を目前にして雲が晴れ、青空が広がってきたのです。これは一念が天に通じたのか、この壮大な旅の二大目的の半分を失敗に終わらせるわけにはいきません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03892.jpg
DSC03893.jpg
DSC03894.jpg
来島海峡大橋の只中、馬島という小さな島に降りることが出来ます。しかも自転車、原付はそのままエレベーターに乗せて一緒に降りられるのです。流石に何もないと思ってしませんでしたが。エレベーターはご丁寧に硝子張りで絶景です。地上にぽつんとトイレがあり、それを借りるために降りてみました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
そのようなわけで多々羅大橋など途中の橋が曇り空だったのは残念とはいえ、一番大事なところはおさえることが出来ました。晴れ渡った空の下、来島海峡大橋を渡ります。

DSC03884.jpg
DSC03885.jpg
DSC03887.jpg
DSC03889.jpg
DSC03890.jpg
DSC03891.jpg
DSC03896.jpg
ああ、それにしても何という道でしょうか。国内あらゆる所に足を運んできましたが、原付バイクでの走行ということでいったらこれ以上の道はないと言い切ります。空を飛んでいる気分、としか言いようがないです。この絶景、この開放感、この爽快感は何物にも代えられません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。