即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC03952.jpg
おはようございます。昨日は広島市内のゲストハウス、その名もシンプルステイ広島に泊まりました。ここを選んだ理由は、偏にバイクを置ける場所があったからです。広島の町はゲストハウスがかなり多いのですが、電話で何軒も問い合わせたのですがバイク置き場はなく、市井の駐輪場を使わねばならないところばかりです。そんな中置く場所があるとの返答だったのでここに即決したのです。

DSC03953.jpg
いざ行ってみたら完全な屋内でした。雨の日に逃げ込むのにおすすめです。ただしバイクは置けてもいいところ二台くらいです。事前にしっかりと確認した方がいいです。

DSC03954.jpg
各所は造りが広く余裕があって、実に居心地の好い宿です。ただ一つだけ難点がありました。それがシャワーです。シャワー室は大きな部屋で、中で何か所かに区切られているという一風変わった構造でした。他の人と床は共用しているというわけです。この造りだと足が濡れたまま服を着なければならず、不便です。また建物が古いせいかシャワー室に少々匂いがありました。シャワー室以外の点はとても良いゲストハウスなのですが。
広島の市街地なので言うまでもなく周辺には何でもあり、便利です。コンビニも目の前でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03961.jpg
広島ではこれといった朝食のネタがありません。勿論自分が知らないだけという可能性も大いにありますが、少なくとも今朝どうするか心当たりはありません。こういう時に大きな都市はすぐに牛丼屋が現れるから便利です。

DSC03962.jpg
こう頻繁に吉野家を利用しているとたまには趣向を変えたいという気にもなるのですが、結局は毎度同じ注文に落ち着いてしまいます。牛丼並のつゆだくに味噌汁とごぼうサラダのセット、計540円です。まあ牛丼屋の使い方なんてそんなものだとも言えますが。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
国道2号で海に沿って走り、広島県から山口県に入りました。いよいよ本州最西端の県です。
旅に出る前、新幹線を乗り通して博多まで行く機会がよくありました。東京~博多間を走るのぞみ号は、上り最終ののぞみ64号を唯一の例外として、全ての列車が停まる駅以外の駅に一つだけ停まることになっています。私がよく利用していた列車はこれが福山駅で、すると山口県内では一つも駅に停まらず素通りすることになります。広島駅から小倉駅まで、一時間にも満たない速さで駆け抜ける文字通りの素通りです。
そんな山口県ですが、今回はむろんカブで時間をかけて、風景を心に刻みながら進んでいきます。先程から青看板に下関の文字が出ています。西への旅情が盛り上がります。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
山口県に入ったところでまず必ず立ち寄らなければならないのがこちら、文化財にも指定されている西岩国駅です。

DSC03963.jpg
DSC03964.jpg
DSC03965.jpg
錦帯橋を模した車寄せの五連アーチが最大の特徴ですが、それでいながら全体のまとまりが素晴らしく且つ実に上品な、稀代の名建築です。木製のベンチやラッチが残る中の雰囲気も秀逸です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
今回は橋で繋がっている瀬戸内の島を極力余さずに巡っていきたいと言いましたが、その中でも一番の大物が周防大島こと屋代島です。

DSC03966.jpg
DSC03967.jpg
地図で見てもその大きさは一目瞭然、人口二万人を擁し、島というよりは本州の一部といった趣です。この時間からこれを一周すれば今日はほぼそれで終わりでしょう。全長1kmを超す巨大な平弦トラス橋を渡って行きます。恐竜のような威容が素晴らしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03969.jpg
周防大島の南端からさらに橋で繋がっている小さな島、沖家室島に渡ります。昨日訪ねた鹿島と雰囲気が似ています。波の殆どない穏やかな青い海と静まり返った小島の昼下がり、瀬戸内の旅の旅情が極まります。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03972.jpg
DSC03973.jpg
島にポプラがあるのですから中国地方を実感させます。ポプラといえばその場でご飯を盛り付ける弁当がなんといっても特徴的ですが、今日は昼時を外して遅くなってしまったのでポプ弁では重過ぎます。そこでポプラバーガーなる怪しいハンバーガーを二つ買って遅い昼食としました。味については聞かないで下さい。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03975.jpg
周防大島から本州に戻り、そこから海に沿ってどんどん西進し、徳山まで来ました。台風の影響なのか、明日は未明若しくは早朝から雨が降り始めて一日降り続くというどうしようもない予報になっています。これでは何処か宿に泊まるしかありません。寒さによりテント泊に限界を感じていたところなのでそれはいいのですが、問題はこの辺りがライダーハウスもゲストハウスも無い安宿空白地帯だといういことですorz
しかし、最近では週末に限ってビジネスホテルの空きが全く無いか法外な値段に釣り上がっている都市も少なくない中、徳山はそのような騒ぎとは無縁で、立地も良く四千円台のホテルがおさえられただけでも良かったのかも知れません。

一方で残念な事もありました。今日日のあるうちに徳山まで移動しようとした結果、周防大島に続いて訪ねたかった長島、笠戸島を諦めざるを得なかったのです。柳井に宿が取れればこれも可能でした。しかし柳井は町が小さく、少なくともネットで検索する限りでは宿は見当たりませんでした。丹念に探せば民宿などあったのでしょうが、時間も手段も限られる中で宿を探すのは限界があります。安価でバイクを屋根の下に置けるビジネスホテルの存在が確認出来た徳山に手堅く宿を取ったというわけです。
もっともこれについてはとても悔しいだとか、そこまで思っているわけではありません。確かに今回瀬戸内の橋で繋がっている島を全て回りたいとは思っていました。が、その一方で旅においては全てをやり切るのは良くないという考えも一貫して持っています。これらの島々は車の旅でも簡単に訪ねることが出来ます。また訪れる機会を楽しみにしています。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03978.jpg
ちぐはぐで統一感がない、不思議な店です。外見からは和風の設えを想像するのですが、いざ中に入ってみると洋風の造りです。半円形のテーブルが厨房と向き合い、厨房との境は胸の高さ程の煉瓦の壁で仕切られています。店を一人で切り盛りする女将がそこに立つのですが、この女将がまた強烈です。濃い化粧を決め、長く豊かな髪をしっかりと上げて、和服を着ています。和服といっても割烹着など着けているわけではなく、豪華なものです。一点の隙もないその出で立ちは、居酒屋の女将というよりクラブのママと言った方がずっと似合います。

そしてこの女将、もといママの手製の料理の数々が素晴らしい美味さです。品書きに書かれた湯豆腐を所望すると、湯豆腐をそのまま出してもいいけれど、他に良い食材が幾つかあるから炊き合わせにしましょうと。出されたものは出汁の香りにキャベツの甘味が溶け出したもので、香りと味の素晴らしさに唸りました。キャベツを美味く煮るのは本当に難しく、頃合いの加減は一点しかありません。それを逃がさないどころか淡い味付けで豆腐と互いに引き立てあうとは恐れ入りました。
この他にも一つ一つの総菜が完璧な味付けなのです。華美な刺身や派手な料理はないけれど、これは本当に料理を知っている人による本物の料理です。そして品書きにも明記されている通りの健全な居酒屋価格です。高知のおおいに続いたまたもこのような名店に出会うとは、旅の酒場巡りの冥利に尽きます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。