即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

←前の頁  | ホーム |  次の頁→

おはようございます。思い入れの強い福岡の町を去り難いものがありますが、そうも言っていられません。それこそきりがありません。本来一泊とすべきところ、二泊しただけでも十分と今回は考えるべきでしょう。今日は出発して南へ向かいます。そう思えば、格安の宿に泊まって心ゆくまで函館の町に滞在したのがいかに幸せな時間だったかということです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04080.jpg
二日間福岡市内の表題のゲストハウスに泊まりました。福岡は安宿がとても多いのですが、バイクを置ける場所があるところが殆どなく、問い合わせたところここは敷地内に置けるとの返答だったので即決しました。ただしドミトリーの宿泊代に加えて駐輪代を500円もとられたので、計3,400円と安宿としてはかなりの出費になってしまいました。が、ここはそれを補って余りある魅力があったのです。

まず立地が最高です。櫛田神社のすぐ近くという、福岡の市街地ではこれ以上ない場所なのです。この辺りは品が良く夜は静かで、おまけに古い町並みに情緒があって良い事尽くしです。

DSC04084.jpg
DSC04081.jpg
DSC04082.jpg
DSC04083.jpg
そしてもう一つ、建物が新しくとにかくどこも清潔で快適なのです。バイクが停められることを絶対条件として選んだわけですが、結果としてはバイクがなかったとしても最高の宿に当たりました。機会があればまた利用したいです。ついでに言うと、日当たりの良いベランダに洗濯物が干せるのも大いに助かりました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04111.jpg
本日の朝食は吉野家です。一昨日、昨日と続けて朝がうどんになってしまった上、今さらながらに白状しますと私は福岡のうどんは特別好きというわけではないのです。これは必然の選択です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
交通量の全くない国道385号を気持ちよく飛ばして真南へ走り、佐賀県に入りました。国道34号に入ったところで本日最初の活動です。モスバーガー三田川店を訪ねました。わざわざここへやって来たのは、同好の友人の情報により、世にも貴重な「モス坊や」の像が健在であると知ったからです。放置されているというわけではなく、真新しいコンクリートの台座に乗りきれいに塗られて現役も現役、交通量の多い街道を行き交う車を見つめています。

DSC04112.jpg
DSC04113.jpg
それにしても今や画一的な全国チェーンとなったモスバーガーにおいて、どのような経緯でこんな古い物が残されているのでしょうか。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04123.jpg
DSC04116.jpg
DSC04118.jpg
DSC04119.jpg
DSC04122.jpg
筑後川昇開橋にやって来ました。旧佐賀線の廃線跡の一部であり国の重要文化財でもあるわけですが、その容姿、存在感はまさに無二です。全長500mを超える長大な赤い鉄橋の真ん中に昇降部の塔が高く聳え立つ様はまさに威風堂々、こんな景色は他にありません。観光客相手の見せ物であるとはいえ、昇降部が現役で稼働しているのも賞賛すべきでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04127.jpg
DSC04125.jpg
DSC04126.jpg
佐賀県から再び福岡県に入り、柳川まで来ました。水路が張り巡らされた独特の町並みを見物していきます。福岡県の南部はこれまでの訪問が手薄なところなので、何かと新鮮で面白いです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
さらに南下して大牟田まで来ました。繰り返しますが、福岡県の南部は汽車旅で通り過ぎたことしかないので走っているだけで楽しいものがあります。が、明確な目的地もあります。三池炭鉱の宮原坑にやって来ました。

DSC04129.jpg
DSC04130.jpg
DSC04131.jpg
DSC04134.jpg
DSC04136.jpg
DSC04138.jpg
鋼鉄製の竪坑櫓及び煉瓦積みの関連施設、周辺には専用鉄道の廃線跡がはっきりと残っています。素晴らしいの一言です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04139.jpg
県境を僅かに越えて熊本県に入りました。同じく三池炭鉱の今度は万田坑を訪ねます。ほぼ同型の鋼鉄製の竪坑櫓や煉瓦積みの施設が残っていますが、宮原坑に比べると実に残念なものでした。過度に手を入れて整備し、観光地にしようとしているのです。中でも嘆かわしいのは、下品な幟を並べてその結果景観を遮り、台無しにしていることです。これを本末転倒と言わずして何と言いましょう。竪坑櫓だけを遠望して早々に立ち去りました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04141.jpg
再び福岡県です。今日は目まぐるしく県境を行き来する展開が続いています。やって来たのは三池港です。専用鉄道の跡と税関の端正な建物が残されています。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
この展開が読めた方は恐らく一人もいらっしゃらないと思われます。国道209号を福岡方面へ引き返すようにして真北へ走ってきました。そして久留米まで来ました。いや戻って来たと言った方が相応しいかも知れません。今日は久留米に投宿します。何故このような珍妙な行程をとったのか。私自身、当初はこうなるとは全く思っていませんでした。思わぬ展開によりこのような事になったのです。詳しくは明日明らかになります。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。