即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC04392.jpg
おはようございます。昨日はリトルアジアが満室だったため、同じ鹿児島市内の別の安宿、グリーンゲストハウスに泊まりました。しかし結果として色々な宿を試してみるのも面白いものです。そしてこちらも素晴らしい宿でした。

DSC04393.jpg
込み入った事情があって一番安いドミトリーではなく、300円高い2,300円のカプセルドミトリーに泊まることになりました。だからというのもあるのですが、広いしたいへん快適でした。それぞれに電灯、コンセント二口、小さな棚が付いていて、完璧な設えです。

DSC04395.jpg
DSC04394.jpg
他の共用部も広く清潔で、快適且ついかにもゲストハウスらしいです。強いて難点を挙げるなら、交通量の多い大通りに面しているので常に車の音がしていて落ち着かないことでしょうか。しかし鹿児島市街の中心部にあるので便利だし、コンビニは道の向かいで目の前、その隣りは吉野家です。さらにリトルアジアよりも天文館が近いです(笑)
価格を含めた総合点ではリトルアジアに軍配が上がりますが、こちらも文句なしの良い宿です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04406.jpg
本日の朝食は、グリーンゲストハウスの目の前にある吉野家でいただきます。もうこれしかないだろうという感じです(笑)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04401.jpg
DSC04404.jpg
これより八時半発のフェリーに乗って屋久島へ向かいます。偶然の結果とはいえ、グリーンゲストハウスがフェリー乗り場の目と鼻の先だったのは幸運でした。朝余裕を持つことが出来ました。

DSC04403.jpg
DSC04402.jpg
折田汽船は旅客の切符とバイク航送の切符を別々に買わなければなりません。バイク航送の受付は埠頭の暗い倉庫の中、実に怪しいです。こちらは六時半から受付開始で、七時までに来てくれと言われていました。ところが旅客の切符を売る窓口は七時四十分にならないと開かないのです(笑)
何の意味があるのか分かりませんが、とにかくいかにも離島航路らしさが漂っています。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04407.jpg
早々に乗船した車に対してバイクはいつまで経っても乗船させてもらえず、少々苛々しました。やっと乗船したのが出航の10分前です。もう少し早く乗せてくれれば、甲板からゆっくり桜島を眺めたり船室で休んだり写真を撮ったり出来るのですが、どうしてこうなのでしょうか。今後の参考のために書き留めておきますと、バイクで乗船するなら出航の20分も前に港に着けば十分です。

DSC04408.jpg
DSC04409.jpg
DSC04410.jpg
ともあれ時刻通りに出航しました。片道四時間の航路にしては大きな船で、津軽海峡フェリーを彷彿とさせます。両舷に桜島と鹿児島の市街をそれぞれ間近に望み、行き交う船を見ながらの絶景の出航です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04413.jpg
DSC04416.jpg
錦江湾が再び狭くなるところに差し掛かりました。桜島と鹿児島の市街が後ろに遠ざかる一方で、きれいな三角形をした開聞岳と指宿の町並みが間近に見えてきました。間もなく一昨日乗船したフェリーなんきゅうの航路と交差し、その後は今回辿り着けなかった佐多岬をかすめていきます。屋久島の投影はどの辺りから見え始めるのでしょうか。絶景の航海が続きます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04417.jpg
DSC04420.jpg
八年振りの訪問となる屋久島は宮之浦港に上陸しました。九州の最高峰である宮之浦岳を遠望しながら島に近付きたいと願っていましたが、雲に覆われて残念ながら今回もこれは叶いませんでした。現在の気温は19度、朝と昼の違いも無視は出来ませんが、鹿児島とは風の暖かさが違います。曇っているというのに上着を着ていてはやや暑いくらいです。これは日が出れば相当暖かいのでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04421.jpg
朝、フェリー乗り場で切符を買った時の話です。今往復の乗船券を買った人にクジを引いてもらっていると。言われるままに引いてみるとパンが当たったと言われ、船内の案内所でクロワッサンを一つ貰うという顛末です(笑)
流石にこれだけでは足りないので宮之浦のスーパーでパンをもう一つと無糖の飲み物を買い、これらを本日の昼食とします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
島に昼過ぎに到着というのは何とも中途半端です。日の短い今の時季だけに尚更で、まっすぐ宿に向かっては早過ぎるし、かといって白谷雲水峡を訪ねたり島を一周するには時間が足りず、まさに帯に短し襷に流しです。そう思っていたのですが、恰好のネタが一つありました。それがヤクスギランドです。実はこの場所、前回屋久島に来た時に何故か足を運ばなかったのです。恐らく名前から勝手に軽薄な遊園地を思い浮かべてしまい、興味が湧かなかったのでしょう。しかし実際にはまるで違い、屋久島の自然を味わえる素晴らしいところでした。

DSC04429.jpg
DSC04423.jpg
DSC04427.jpg
DSC04436.jpg
DSC04437.jpg
DSC04440.jpg
30分、50分、80分、150分の四つのコースがあり、好みに応じて歩くことが出来ます。80分コースからは登山道だということでそれなりの装備が要るようですが、50分までは歩道が整備されていて軽装で歩けるということで、時間配分の上でも丁度いいです。所謂高名な杉の巨木があるわけではありませんが、名もなき大木を静かな森の中に無数に見ることが出来ます。大木、古株、倒木、そこから更新された樹木が絡み合って織り成す複雑怪奇な姿をあちこちに見ることが出来ます。それはまるで自然が創った前衛芸術のようです。

DSC04424.jpg
DSC04430.jpg
DSC04438.jpg
DSC04439.jpg
水の美しさも実に印象的です。そして私が何より心を奪われたのは、沢に覆いかぶさるようにしてあった倒木の表面を覆った苔の美しさです。自然の緑色というのがこうも美しいのかと、溜め息をつきながら見入ってしまいました。有名どころと違って人も少なく、森の静寂の中で屋久島の素の姿に触れられて実に心地の好い場所でした。ここはおすすめです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04441.jpg
DSC04443.jpg
ヤクスギランドからさらに6km程進んだところにある紀元杉を訪ねました。ここは道路で目の前まで行けて、さらに樹齢三千年のこの巨木を間近で眺めることが出来ます。複雑に盛り上がりうねった姿からは威厳が漂います。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。