即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC04629.jpg
おはようございます。昨晩の話をします。ゲストハウスに同宿の人が、夕食を自炊するから一緒にどうかと誘ってくれたのです。旅に出て以降の食事はとにかく野菜が不足していますから、これは有り難い申し出でした。そして様々な野菜がふんだんに入った鍋を調えていただきました。数人で歓談しながらいただき、値段は一人頭五百円以下、願ったり叶ったりの夕食です。ご馳走様でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04632.jpg
本日の朝食は昨日のうちにスーパーで買っておいた弁当です。インスタントの味噌汁と茶を補充出来たので似たような弁当でも一味違います。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04634.jpg
今回鹿児島に来て驚いたのは、鹿児島中央駅こと西駅の姿が大きく変わっていたことです。初めてこの駅舎を見た時、真っ赤な壁が聳えるような姿と、その正面に構える大階段が実に印象的でした。しかしさらに印象的だったのは、後に開通した九州新幹線がこの駅舎の上に乗るようにして、この壁の所で線路が尽きるようにしてホームを構えたことです。この時のためにこの姿の駅舎を造ったのかと得心したものです。

後にこの真っ赤な壁が黒く塗り替えられて、無二の個性が薄まってしまった時は残念でした。それでも駅舎正面の大階段は健在で、その大階段の下に立つと駅舎の上にホームが乗るような構造がよく分かったのです。しかしこの大階段も遂に姿を消し、凡庸なビルが新幹線の架線を隠すように建て増しされてしまいました。以前は新幹線ホームから桜島が大きく見えたのですが、恐らくこの眺望も失われてしまったかと思います。残念でなりません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04635.jpg
昼は餃子の王将でいただきます。何故餃子の王将なのかというと、何となくそんな気分だったからです。強いて言うなら、踏切の脇に古い店舗を構える佇まいがよかったというのもあります。記憶が正しければ以前にもこの店を利用した事があったと思います。この店は駅が改称されてからも暫くは西駅店を名乗っていたような気がするのですが、中央駅店に改められていました。つまらない話です。

DSC04636.jpg
正午ちょっと前に入ったところ口開けでした。ところが直後から次々と客が入って来て、あっという間に満席になってしまいました。地元での人気が窺えますが、それとは裏腹に、残念ながら炒飯も餃子もちっとも美味くないのです。出発前に住んでいた埼玉県の自宅の近くにも餃子の王将があったので、たまに利用していました。しかし同じ看板を掲げていながらその店に遠く及びません。こういう事もあるのですね。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04638.jpg
DSC04637.jpg
DSC04640.jpg
今日は鹿児島の町にいる間にやっておかなければならない、唯一にして非常に大切な用事を済ませるためにレッドバロン鹿児島店に行ってきました。後タイヤの交換です。
花見の旅編の途中、弘前で旅に出て一回目の後タイヤ交換をしました。その時にブリジストンの超耐摩耗タイヤ、G556に履き替えたのです。その後七ヶ月間もの間活躍してくれたのですが、とうとう山がなくなってきました。そして今回再び同じG556にしました。

DSC04641.jpg
DSC04639.jpg
ちなみに二分山を割ったあたりから横方向のグリップが一気に弱くなりました。トラクションはかかるのですが、左右にふらふらと落ち着かずタイヤの接地感がなくなり、どうにも心許なかったです。しかしここまで実に22,000kmもの距離を走ってくれました。それも過積載の状態でです。カタログにもロングライフ品との記載がありますが、まさに面目躍如です。大往生と言えるでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。