即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

←前の頁  | ホーム |  次の頁→

DSC04793.jpg
数日間に渡って名瀬の町をうろつく間に、この町の商いについて不思議な法則があることに気付きました。何故か同業の店が固まって存在しているのです。

初日の夜にいきなり印象に残った場面がありました。居酒屋へ向かって歩いて行くと通りに餅屋を見付けました。餅屋とは珍しいなと思っていると、その隣も餅屋だったのです。同業者が多数集まって餅屋街を形成しているというなら分かるのですが、たった二軒だけ餅屋が隣り合っているのは不思議な光景でした。他にもあって、目抜き通り沿いに個人営業の弁当屋を見付け嬉しく思っていると、その隣がまた個人営業の弁当屋だったのです。一体何故なのか。極め付けはスーパーです。名瀬の中心部にはグリーンストアと全日食チェーン、同じくらいの規模の二軒のスーパーが目と鼻の先という距離に建っています。スーパーが二軒並ぶなど、これは全国的にも珍しいことです。
商売を独占させないようわざとぶつけて真っ向勝負をしているのか、それとも反対に互いに助け合うために並んで同じ商売をしているのか、真相は不明です。何故なのでしょうか。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
おはようございます。奄美大島七日目です。天気は今日もどんより曇り、もう六日も空の色を見ていません。そして昨日述べた問題について、未だに決断ができていません。即ち、意地になってとことん晴れるのを待つか、それとも諦めて曇りや雨の中で島を周ってしまうかです。

Image-1171205a.jpg

決められない理由の一つとして、今の季節はずっとこんな天気なのではないかという読みがあります。沖縄がそうだからです。沖縄は冬が最も天気が悪く、曇りの日ばかりが続くのです。奄美大島が沖縄に似た天候であるならば、いつまで待っても報われないことになります。一方で、こちらに来て分かったのは、やはり天気予報が目まぐるしく変わるということです。これは実際の空模様が次々と変わって読めないということに他なりません。この先の週間予報も毎日曇りで降水確率が30から40%など、こんなものはあってないようなものです。そうなると、突然の晴天も期待できるということになります。

どう行動したものか、何ともやり辛くて困ったものです。もう一度風上の空をよく見て今日の予定を考えたいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04811.jpg
昨日で着替えが尽きたので、今日は朝から洗濯します。洗濯を待つ小一時間の間に、朝食を食べつつ本日の方針を決めねばと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
洗濯するなどしている間に天気が好転してきました。まだ晴れたり曇ったりではありますが、見渡せば概ね青空が見えています。洗濯物を干すのももどかしく出発しました。そして島の南へ向かいます。

DSC04816.jpg
DSC04817.jpg
それにしてもカブのエンジンを五日ぶりにかけました。まさか奄美大島まで来て四日間もカブが眠ることになるとは思いませんでした。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04815.jpg
国道58号線の路面に書かれた「クロウサギに注意」の文字が印象的です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04819.jpg
DSC04820.jpg
島の南部にある高知山展望所にやって来ました。目の前に古仁屋の町、そして極めて複雑な海岸線の加計呂麻島を望む絶景です。それにしても入り組んだ海岸線です。一見すると無数の小島が浮かんでいるようであり、とても陸続きの一つの島を見ている気がしません。

DSC04821.jpg
一時は雲が多く出てきて落胆していたのですが、再び晴れてきてここへ来られたのは幸いでした。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04826.jpg
DSC04822.jpg
奄美大島の南端、加計呂麻島への船が発着する港を擁する古仁屋の町まで来ました。予想していた以上に市街地は大きく賑わっています。ジョイフルやファミリーマートもあります。古仁屋郵便局の目の前の交差点は国道58号の島内の南端でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04824.jpg
バイクを降りて暫く古仁屋の町を歩きます。そしてこの時間に町を歩くとなれば当然これが組み合わさってきます。個人営業の食堂で昼をいただきます。何軒かある中から選んだのは港の近くにある「七福」です。
日替定食700円、地魚定食800円も気になりますが、ここはうどん600円をいただきます。奄美大島の南端で出される「うどん」がいかなるものか気になって仕方なかったからです。少なくとも沖縄でうどんの文字を見ることはまずありません。この店を選んだのも、うどんと書かれた幟が出ていたからなのです。

DSC04825.jpg
丼には蒲鉾、椎茸、茹で玉子を半分に割ったもの、そして豚の三枚肉が律儀にそれぞれ二つずつ乗ります。三枚肉は色が薄く塩味が沁みて適度に脂が落ち、締まった食感です。これは沖縄のスーチカーそのものです。一方で太く柔らかい麺はうどん以外の何物でもありません。これぞ沖縄と内地の折衷と言えます。たいへん興味深い一杯でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04827.jpg
DSC04829.jpg
古仁屋から海に沿って県道を東へ走ります。マネン崎という岬を回ったところで余りの海の美しさに思わず急停車しました。今回奄美で見た中でも一番です。きれいに透き通った水色の海の色は宮古や波照間を思い起こさせます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04831.jpg
簡易郵便局は名前の面白さや旅の記念というよりも、独特の風情、個性を味わう楽しみの方が大きいと言えますが、奄美大島最南端の局である嘉鉄簡易郵便局が素晴らしいです。どう見ても個人宅の中へ入っていく感じですが、そのために足下の板に仰々しく局名が記されています。それでも表札を横目に進むのは初めてのことでした。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。