即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC04799.jpg
おはようございます。今日は未明に強い雨の音で一旦目が覚めました。今は雨は上がっていますが空は暗く曇り、いつまた降ってきてもおかしくない状況です。上陸の日に晴天だったのは今思っても幸運でしたが、その後五日間も全く晴れないとはorz

こうも悪い天気が続くと、今後のことを考えなければなりません。つまり、晴れるのをとことん待つか、諦めて曇りや雨の中で島を一通り周ってしまうか、二つに一つです。日にちに制限のない長旅、そして折角初めてやって来た奄美大島なのですから、前者を選ぶのが妥当です。しかしいつまでも名瀬の町から動かないでいるのも気分が鬱屈してきて、何よりやる事がなくて退屈もいいところです。どうしたものでしょうか。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04809.jpg
本日の朝食は、宿の女将の御厚意でいただいた炒飯です。昨日の夕方、何故か四時半頃にいただいたのですが、明日の朝にいただきますと伝えて有り難く頂戴した次第です。量も十分過ぎるくらいで、コロッケまで乗っています。ありがとうございました、ご馳走様でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04797.jpg
DSC04798.jpg
奄美の居酒屋の特徴として、屋号の他に「ゆらい処」の文字を掲げる店が散見します。居酒屋を表していることは明らかであり、鹿児島で言う「だいやめ処」のような雰囲気の言葉なのでしょう。他では見ない独特の呼称です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04793.jpg
数日間に渡って名瀬の町をうろつく間に、この町の商いについて不思議な法則があることに気付きました。何故か同業の店が固まって存在しているのです。

初日の夜にいきなり印象に残った場面がありました。居酒屋へ向かって歩いて行くと通りに餅屋を見付けました。餅屋とは珍しいなと思っていると、その隣も餅屋だったのです。同業者が多数集まって餅屋街を形成しているというなら分かるのですが、たった二軒だけ餅屋が隣り合っているのは不思議な光景でした。他にもあって、目抜き通り沿いに個人営業の弁当屋を見付け嬉しく思っていると、その隣がまた個人営業の弁当屋だったのです。一体何故なのか。極め付けはスーパーです。名瀬の中心部にはグリーンストアと全日食チェーン、同じくらいの規模の二軒のスーパーが目と鼻の先という距離に建っています。スーパーが二軒並ぶなど、これは全国的にも珍しいことです。
商売を独占させないようわざとぶつけて真っ向勝負をしているのか、それとも反対に互いに助け合うために並んで同じ商売をしているのか、真相は不明です。何故なのでしょうか。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。