即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

フェリーの大幅遅延により図らずも那覇に着くのが深夜になってしまいました。もう大分眠いですが、しかし記念すべきこの時を祝わないわけにはいきません。居酒屋にやって来ました。

DSC04989.jpg
流石の那覇もこの時刻に開いていて且つ宿の近くとなると選択肢はかなり限られます。残念ながら内地の各地の魚介を主に扱う店で、沖縄料理はおまけ程度に品書きの後ろの方に載るのみです。しかしひとまず今日はこれで十分です。むしろ平日の深夜に居酒屋らしい居酒屋で飲めるだけでも感謝せねばならないでしょう。オリオンビールに泡盛、スク豆腐に地場産の鮪の刺身などをいただきます。
店員が胸に名札を付けているのですが、接客のお姉さんの姓が与那覇でした。気温は17度で、店の入口は開け放たれています。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04988.jpg
今日は起きたら流石に九時近くでした。昨晩飲み始めたのが日付けが変わってからでしたから、無理もありません。フェリーの大幅遅延を受けての受動的な結末ではありますが、宵っ張りの沖縄的生活に上陸してすぐさま突入してしまいました(笑)
只今の那覇の気温は19度。天気が良いからというのもありますが、半袖一枚で外を歩ける暖かさです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04990.jpg
DSC04991.jpg
沖縄に上陸したところでさあ何をするかですが、考えるまでもなく今日は先ず洗濯をしなければなりませんでした。しかし、天気が良い中で日干し出来るのは実に気持ちがいいです。洗濯の事だけでなく、沖縄で迎えた事実上の初日に晴れてくれたのは本当に嬉しいことです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04992.jpg
那覇の食堂で朝昼兼をいただきます。七年ぶりにやって来た沖縄で最初にどの店に入るか、これはかなり重要ですが、実は目当ての店が決まっていたので真っ直ぐやって来ました。それがいちぎん食堂です。これぞ沖縄の食堂という強い実感を初めて得た、思い出の店だからです。

DSC04993.jpg
豆腐チャンプルーを注文しました。これに関しては、何となくそんな気分だったからです。とにかくおかずの盛りが多く、食べても食べても減りません。これで550円とは何という良心的な商売か。薄ぼんやりとした味付けやご飯の不味さもいかにも沖縄らしく、今はそれすらも愛おしいです(笑)
整然として乱れのない店内は実に気持ちよく、ずらりと並んだA1ソースやコーレーグースの入った容器なども沖縄へ来たことを実感させてくれます。ここは何度でも通いたいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
以前にも力説したのですが、出入港の際の景色が素晴らしい港とまるでつまらない港があります。前者の典型はこの旅でも既に利用した函館港や鹿児島港、後者は大洗港や苫小牧港などがあります。しかしこれらを分ける要素はほぼ景観です。眺めが美しいかどうかなのです。これに対して、那覇港へのフェリーの入港は少し違った意味で目が離せない素晴らしいものでした。

DSC04986.jpg
那覇港は河口の奥にある港の典型です。ところが川幅が船の大きさに対してとにかく狭いのです。いや大き過ぎる船を無理矢理発着させていると言った方がいいでしょうか。とにかく両弦ともに岸までの距離はぎりぎりで、甲板から見下ろしていてもどきっとする程です。しかも真っ直ぐ進むだけでなく、途中で少し舵を切るのだからたたまりません。昨日は夜中に入港したわけですが、印象的だったのは強い光を当てて左右を照らしていたことです。恐らく目視で確認するためと思われます。

大型フェリーでこの狭い川を上っていくだけでも凄いのですが、圧巻は接岸の直前です。何と、ただでさえぎりぎりの川幅だというのにそこで船が180度回頭するのです。まさに曲芸の如しで、よくもこんな事が出来るものだと感心する程です。そして港は那覇の市街地にあるので、煌びやかな町の光がぐるりと半回転するというわけです。この様子は是非とも陸からも一度見てみたいもの。そのために一度は那覇港に行かねばならないでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC05009.jpg
今朝は九時近くまで寝ていたと言いましたが、それでも尚寝不足だったのは明らかです。何気なくベッドに横になったらそのまま本格的に眠ってしまい、数時間熟睡して先程七時に目覚めました。これでは今夜早い時間に寝付くことはまずないでしょう。早寝早起きを是とするならば悪循環と表現していいと思います。
図らずも沖縄的生活が加速していきますが、夕方にこうもぐっすり眠ったのは那覇の安宿に転がり込むという一つの区切りを迎えて安堵、弛緩したからでもあります。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
ここで重要な事を書かせていただきます。今後の長期的な旅の方針、沖縄でどう行動するかについてです。結論から言いますと、この先当分の間那覇の安宿に逗留し、のんびりと過ごします。それも、特に目的ややるべき事があるわけではなく、何をするともなく無為にだらだらと過ごすのです。鹿児島、屋久島あたりから始まって、奄美でもこの傾向がありましたが、期間、程度が違います。ここにおいて旅の内容、質が大きく変わるのです。

DSC05008.jpg
旅の本質は移動の日々にのみ存在すると定義するならば、もはやこれは旅ではないとすら言えるかも知れません。むろん私自身はそんな風には思いませんが。ともかく、前回の日本一周においても全く同様だったのですが、沖縄でのんびりだらだら過ごすというのは私にとって変わらぬ憧れであり、この旅の大きな目的の一つなのです。

さて、このように過ごすにあたって最も大事なのは言うまでもなく宿です。安価に、そして心地好く過ごせる宿と巡り合えなければこのような暮らしは成り立ちません。これについてはまた明日にでも…

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
全国一千万の居酒屋ファンの皆様、こんばんは(笑)
昨夜は沖縄上陸の祝杯をあげたわけですが、深夜になってしまって店選びもままならず、宿から近くて開いていてくれるならばそれだけで有り難いという状態でした。そして本当はいの一番に行きたかった店は既に営業時間外で行けなかったのです。今日は改めてその店にやって来ました。不思議な屋号、橙円です。

DSC05000.jpg
失礼を承知で敢えて言いますが、わざわざ訪ねて行く程の名店ではありません。これといった特徴もない、何処にでもあるような店です。ではどうしてここにいの一番に行きたかったのかと言えば、初めて沖縄に来た最初の晩に訪ねた思い出の店だからに他なりません。その時泊まった宿のすぐ近くだったのです。ここも残念ながら沖縄料理は一応は揃えていますよ、という程度です。

しかし、特に不満を感じる点も何もありません。カウンターがあって一人でも入り易いし、値段も健全な居酒屋価格です。それどころか幾つか美点があります。まずは立地が良いです。繁華街から外れた所にひっそりとあり、周辺がとても静かなのです。また店内は隅々まで清掃、整頓が行き届いていてたいへん気持ちがいいです。悪い方の意味で何を注文するか迷ってしまう、いかにも凡庸な料理の揃えを見るにまた来たいとは思えないのが正直なところですが、それ以外には欠点のないこういう店を知っているといつか役に立ってくれるかも知れません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。