即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC05096.jpg
おはようございます。けらまのドミトリーはとにかく静かなのが美点だと言いました。しかし残念ながら何事にも例外というのはあるものです。
昨夜はとにかく隣りの人のいびきが酷かった。私はいつも深夜に一度目が覚めて用足しに立つのですが、済めばまたすぐに眠ります。ところが昨夜はやかましくてここから寝直せなかったのです。こうなると朝はゆっくりと寝ていたいところですが、さらには朝になって両隣の人の目覚ましが鳴り響く始末です。

以前にも述べましたが、いびきは生理現象ですからこれを責めるつもりは毛頭ありません。人のいびきを責めるなど野蛮な行いです。問題は目覚ましの方です。両隣の人とも、何度も目覚ましを消しては寝直し、暫く経ってまた目覚ましが鳴る、ということを繰り返しているのです。何というだらしなさ。本人がだらしなく生きるのは勝手ですが、相部屋の宿で目覚ましを鳴らすからには一度ですぐに起きるべきです。それが出来ないなら金を出して個室の宿に泊まれと言いたい。
当たり前の事ですが、格安の宿だから何でも許されるわけではありません。こういう所でこのように当人の甘えや社会性のなさが醜く露呈するのです。今日は寝不足の状態での始動となります。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC05098.jpg
今日は58号沿いの有名店にやって来ました。軽食の店ルビーです。名は体を表すと言いますが、この言葉はこのルビーには全くあてはまりません。いやむしろ正反対です。

DSC05097.jpg
この店の代名詞のようになっているAランチなど、おかずの量が多過ぎてとても食べられるものではありません。以前に訪ねてこれを知っていたので、今日は二段階下のCランチを注文しました。しかしCランチですら多過ぎて、後半は苦戦しました(手前に写っているのはiPhone5sです)。
主役はカツですが、これがとにかく大きい。そしてカツの下にソーセージとポークと玉子が隠れています。大皿一枚に全てが乗り、左端にご飯が丸くまとめられている様はいかにも洋食ですが、このご飯も十分な量があります。さらに写真には写っていませんが、最初に熱々のスープが運ばれてくるのです。このスープも気前良くたっぷりです。そして量が多いだけでなく、揺るぎない高カロリーです(笑)

590円のCランチですらこうですから、720円のBランチ、さらには820円もするAランチがどんなものか、あとは想像にお任せします。しかし腹一杯食べたい時にはこの店は最高です。洋食のランチだけでなく和風の定食など、他にも様々な品があります。10時の開店一番で入ったのですが、中途半端な時間にもかかわらず続々と来客があります。タクシー運転手やトラック運転手に混じって家族連れの姿もありました。地元に根ざした人気が窺えます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC05099.jpg
廊下の荷物棚がさらに空いたので領土を拡大し、これまでベッド内の棚などに置いていた荷物をまとめることが出来ました。調理道具などを入れていた箱をベッドの足元に置き、この上に幾つかの物を置いていたのですが、これによって箱を完全にベッドの下に収納出来ました。

DSC05100.jpg
DSC05101.jpg
これでねぐら作りもひと段落、自分のベッド周りや私物の整理整頓については終わりました。しかしまだやりたい事は幾つかあります。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
自分の寝床周りを整える作業が完了したところで、もう少し仕事の及ぶ範囲を広げていきます。即ち、自分にとって快適な寝床のみならず、自分にとって快適な宿にしていくということです。

ゲストハウスけらまの屋上が大のお気に入りです。広く、木のデッキになっているのが実に気持ちよく、同様に気持ちのよい木のテーブルやベンチが幾つか置かれています。洗濯物や布団を干すところが十分にあり、また一部に屋根があるのも実に良いです。この屋根のお陰で雨の日でも洗濯物を干せるし、晴れの日の日差しの下でも読書することが出来ます。二階というのもいい。高い階の屋上というのは必要以上に風が強いし、景色を見渡す爽快感の代償として二階のようなのんびりした穏やかな気配が失われてしまいます。

DSC05102.jpg
このようにまさに最高の屋上なのですが、一つ困った事がありました。色々な物が放置されていて散らかっていたのです。ちょっとしたゴミや空き缶、破損してただの針金に成り下がったハンガーの残骸などです。私は整理整頓が行き届いていないと気が済まず、どうしても必要な物以外が視界に入るのが嫌いな性分なので、この状態は許せません。こうなればやる事は一つ、自分で掃除するのです。

これが一泊六千円のホテルだったなら、こんな事はしません。あの汚い屋上はなんだ、すぐに掃除してくれと伝えればいいことです。しかし格安のゲストハウスでそこまで求めるものではありません。むろん一泊千円とはいえ顧客には変わりないのですから、自分で掃除しなければならない義理はありません。しかしここでの要点は、仕方なく嫌々やっているのではなく、掃除するのが楽しくてやっているという事実です(笑)

DSC05103.jpg
大体こんなもの、一つ一つ丁寧に拾っていけば数分で終わる仕事です。ゴミを全て拾い、使われないまま放置されたバーベキュー台は屋上の一番端に片付け、テーブルと椅子は整然と並べます。使われている様子もないけれど勝手に捨てるのが憚られる物は、隅の方にまとめました。これでこれまで以上に気持ちよく屋上を使えそうです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC05104.jpg
快適に長期滞在をするための環境を整える仕事もひと段落したところで、そろそろ自炊を始めようと思います。そこで買い出しをしてきました。まずは言うまでもなく米、それから納豆に卵、インスタントの味噌汁、出来合いの惣菜、レトルトのカレーなどです。
前回の日本一周と今回の最大の違いは、今回はこれまで一切炊飯をしてこなかったことです。明日の朝遂にこの旅で初めて米を炊くことになります。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
大量に買い出しをしてきたところで、冷蔵庫の中にも自分の領地を確保しなければなりません。明らかに放置されているものや空のカゴなどがあって、これらについては処分するなり好きなようにしてよいと既に主人に確認をとっています。その作業にかかろうとしたところ、何と間の良いことか長期宿泊の先客の中でも一番の古株がちょうど台所にいて、いっそのこと冷蔵庫の中を一緒に本格的に掃除しましょうという話になったのです。私にとってこれはまさに渡りに船の展開でした。

DSC05105.jpg
DSC05106.jpg
中の物を全て外に出し、洗剤で洗って水で流すという本格的な掃除をしたので冷蔵庫は見違えるようにきれいになりました。まさに気分爽快です。むろんきれいになっただけでなく、放置されている物は根こそぎ処分したので冷蔵庫の中が完璧に整頓されました。その結果私の分の場所も十分に確保出来たのです。

DSC05107.jpg
この処分品の選別作業は私には出来ない仕事でした。宿のことが全て頭に入っている彼がいたからこそです。宿から仕事に通っているそうなのですが、たまたま今日は休みだったとのこと。その彼とより親しくなることも出来て、まさに一石二鳥でした。これで明日から気持ちよく自炊生活に入ることが出来ます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
一昨日は居酒屋へ行こうとしたところ、ゲストハウスの宴会に誘われてこれを取りやめました。これに続いて昨日も居酒屋を諦めて宿で飲みました。本降りの雨が降っていて出るのが億劫だったからです。そして今日こそは居酒屋へ、と思っていたのですがまたしてもこれを中止。今日も宿で飲みます。
冷蔵庫だけでなく、湯沸かしポットやオーブントースターなども自分で掃除したのです。ぴかぴかになった気持ちのよい台所をまず自分で使いたいと思うのは当然でしょう(笑)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。