即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

那覇の居酒屋を攻略するにあたって、三つの課題があります。一つは言わずもがな、教祖おすすめの名店を訪ね歩くことです。次に、行きつけを作ることです。この先長い那覇滞在の間に、たとえば週に一度などの頻度で通える店を一つおさえておくということです。そして三つ目は、行きつけは行きつけでも二軒目向きの店を見付けることです。

一つ目については説明の必要もないでしょう。そして二つ目を飛ばして三つ目の話に先にいきますが、実は既にこれを見付けています。二軒目向きの居酒屋とはどういうものか。これに求める条件は簡単で、遅くまでやっていて、安直で、宿から近い、この三つです。先発ではなく、あと少し飲み足りない時、飲み直したい時に入る店、これはまず沖縄料理に固執する必要はありません。それよりも安いことが大事で、そして濃いめの味の肴が食べられて、量は必要ないから小出しに食べられる必要があります。この条件に適う料理とはずばり串ものです。串ものならば少量から自分の好みの分だけ食べられて、且つ変化も付けられます。まさに軽い飲み直しにうってつけなのです。そして宿のすぐ近くにこの三つの条件を全て満たす焼き鳥屋を発見しました。実は既に二度訪ねていて、去り際にまた来ますと一言添えておきました。

偶然ながら早くもこのような良店をおさえられたのは僥倖でしたが、それよりも遥かに難しいのが二つ目の課題、先発向きの行きつけを作ることです。行きつけにするからには宿から遠くては話になりません。最大で歩いて15分以内、出来れば10分以下の場所にあって欲しいものです。それから沖縄料理を主に扱う店であることも条件です。少なくとも沖縄料理がおまけ程度の扱いになっている店は不可です。
もちろん高くても困ります。例えば秋田の「酒盃」のように、数年に一度足を運ぶかどうかという土地のとっておき、予約をして満を持して訪ねるような店ならば、五千円、六千円かかるのも止む無しです。しかし週に一度や二度足を運ぶいきつけならば、気ままに飲み食いしても三千円台までに留めたい。とはいっても安かろう悪かろうは論外です。感動する程の美味である必要はないけれど、それなりに美味くなければ意味がありません。さらには予約満席が常態化しているような人気店でも困る。
このように幾つもの難しい条件を満たす、行きつけこそは良店中の良店でなければならないのです。そしてこのような店を見付けるためにはこれまでに全国を飲み歩いて培ってきた勘と、根気と、運など、あらゆるものが必要となってきます。果たして近いうちに見付けることが出来るのでしょうか。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
かような戦略を前提に昨日は一週間ぶりの居酒屋探訪に打って出たわけですが、芳しい戦果は得られませんでしたorz

DSC05114.jpg
一軒目は行きつけとなる店を探すべく、先日通り掛かって以来気になっていた店の暖簾をくぐりました。屋号はするが。ここが気になった理由は簡単で、居酒屋らしく端正な外見が好ましかったからです。店内もその通りで、整然としていて清掃が行き届いていて、またカウンターは席と席の間隔がゆったり取られていて居心地はすこぶる良いです。健全な居酒屋価格で仕事も丁寧、料理によっては少量安価で提供してくれて、申し分なしです。たとえばラフテーなどは、小ぶりなものが二切れで一皿350円といった具合です。

欠点は何も無いのですが、飛び抜けて優れているわけでもない。力強さが足りない。これが正直な感想でした。一言で言えば「悪くはない」店の典型です。

DSC05116.jpg
先発、行きつけ向きの店を探すのは言うまでもなく一日一回だけです。次に二軒目、三軒目向きの候補を増やすべく、とにかく安いことを掲げたこちらの店、ぼんぢりやを訪ねました。まあ益体もない店でしたね。少なくとも一人で入る店ではありません。生ビール(スーパードライ)のジョッキが一杯190円というのは天晴な価格です。しかし膨大な品数がある肴の中から、悪い方の意味で何を注文していいものやら決められないのです。一目見て食べてみたいと思えるものが一つもありませんでした。
ここは多人数でとにかく勢いよく宴会がしたいという時に来ればよいでしょう。

DSC05117.jpg
早々に辞去して三軒目に金太郎本店なる店にやって来ました。那覇の居酒屋のもう一つの顔として、とにかく格安で飲ませる店が競い合っているというのがあります。そしてセンベロという言葉を掲げるのが流行っているようです。

DSC05118.jpg
この手の店は質については全く期待できないものですが、ここは悪くありません。串カツも牛スジ煮込みもなかなかいけました。何よりこの安さ、そしてラストオーダーは0時です。まさにあと少しだけ飲み足りないという時にうってつけでしょう。ちなみに千円セットで選べるのは発泡酒なので、私は百円足してビールを注文しました。それでも格安に過ぎるくらいです。
そして店内や品書きの構成など、全体の雰囲気が池袋にありそうな店なのです。沖縄料理の要素はまるでありませんが、勿論ここでそれは求めません。ここはまた来る可能性があります。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
今日も自炊で用意した朝食をいただきます。とはいっても主たるおかず以外の皿は全て昨日と同じです。即ち、ヨーグルト、ご飯、味噌汁、納豆、ひじき、金平、梅干です。

DSC05120.jpg
ひじきと金平は出来合いのものを買ってきて、皿に移してラップをかけて冷蔵庫に保管しています。ここから小皿に取り分けて食べるのですが、五食分は取れそうです。つまり向こう三日間はまだ主菜以外は変化なしということです(笑)

DSC05122.jpg
DSC05121.jpg
さてその主菜ですが、本日はポーク目玉焼きです。このポークというやつ、沖縄名物ではありますがまるで美味くなく、積極的に食べたいとはとても思えない代物です。然るに何故これが登場したかというと、実は奄美大島を去る際、ティダの宿福の主人がこれを持って行きなさいと土産にくれたのです。これから沖縄へ渡る者に何故ポークをくれたのかは不明ですが、とにかく親切をありがたく頂戴したのです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
快適なねぐら作りをする作業、ごく細かいところに至るまで終わったかに見えましたが、まだありました。先日ベッドに小さなゴミ箱を取り付けたわけですが、同じく捨てられるのを待つダンボール、厚紙類が入った箱からまたも閃きが飛び出しました。

DSC05123.jpg
この厚紙です。元は何のために使われていたのか知る由もありませんし、中途半端な大きさにも見えますが、今回に限っては大きさ、素材ともにまさに理想的でした。

DSC05124.jpg
こいつを二つに折ります。ただし半分は折り目が付くくらいしっかりと折り、もう半分はくせを付ける程度に緩く折ります。

DSC05125.jpg
真上から見るとこうです。

DSC05126.jpg
DSC05127.jpg
これをベッドの枕元のこの位置にガムテープで固定します。少し斜めになっているところに注目して下さい。これを見てすぐに何か分かった鋭い方もいらっしゃるでしょう。

DSC05128.jpg
携帯電話を置くホルダーが完成しました。枕元に直に置くよりも寝床が整頓されてより良い状態になりました。やはり寝床には布団と枕以外には何も無い状態が望ましいです。仕上がりが全く美しくないのが問題ですが、それはまあそれとして…

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
IMG_4014171223a.png
今日は冬至ですが、那覇では五時を回った時点ではまだ昼の明るさです。日の入り時刻は17時42分。単に日の入りが遅いだけでなく、日の入りの直前まで明るいのが低緯度帯の特徴です。そして気温は18度です。

冬至といえば柚子湯などが思い浮かびますが、湯舟に浸かる習慣がない沖縄ではむろんそんなものは知られていません。そして沖縄では冬至にはジューシーを食べます。これは今日になって初めて知りました。地域のニュースを見ていたところ、那覇市内のとある弁当屋ではジューシーが普段の日の十倍売れるとありました。

DSC05130.jpg
私はいつもは夜に米を食べることをしませんが、年に一度の地域の風習とあれば例外です。今夜はジューシーをいただきます。その名も冬至ジューシーです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。