即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

この世に完璧なものなど存在しない。陳腐な物言いですが、果たして本当にそうでしょうか。完璧なものとは実は存在するのです。
ジャガイモ、玉葱、人参。この三つの野菜を称して三種の神器とでも言いましょうか。これらは場所や季節を問わず簡単に手に入り、安価で、栄養価が高く、調理し易く、常温で日持ちがし、嵩張らず、傷付きにくいのです。どうですか、これを完璧と言わずして何と言う。バイクや自転車の旅人でも自炊派はこれらを持ち歩ている人が多いです。

DSC05129.jpg
一体何の話かというと、折角なので朝食だけでなく晩酌の肴も自炊してみたということです。昨晩の報告です。この三つの野菜と、レトルトのパスタソースを買ってきました。

DSC05131.jpg
適当な大きさに切ります。料理が出来ない者の切り方の典型です(笑)

DSC05132.jpg
鍋に入れ、具材がぎりぎりかぶるだけの少量の水で煮ます。特にダシを取ったりはしません。とにかく簡単に調理できることが肝心なのです。弱火で三十分くらい煮たでしょうか。

DSC05133.jpg
ある程度水分が蒸発したところで、塩胡椒で味を整え、パスタソースをそのままぶち込みます。味はミートソース、一袋90円くらいの一番安価なやつです。そしてひと煮立ちさせたところで一旦火を止め、15分くらい冷まします。

DSC05134.jpg
自分の勘だけで作った簡易的な料理ながら、予想以上の美味さでした。大成功です。たとえて言うならビーフシチューのような味です。肉は全く入っていないのですが、それはまあそれとして…
やはり出来合いのパスタソースの味わいがしっかりしているからでしょう。肉がないのは少々寂しいですが、これに合う味で、晩酌の肴なのでカロリーや油脂分が少ないものと考えると鶏のムネ肉が良さそうなので、今度試してみます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC05135.jpg
昨晩冬至ジューシーを食べると言いましたが、結局食べませんでした。理由は簡単、ゆし豆腐と自分で作った簡易シチューだけで腹一杯になってしまったからです。そこでこれが本日の朝食に回って来ました。折角昨日野菜を買ったので、玉葱と人参を切り、ここにもやしとポークを加えてフライパンで炒めました。最後に溶き卵をここに投入して沖縄のチャンプルー風に仕上げようと思ったのですが、最後に醤油を入れ過ぎて色合いも味の濃さも沖縄風からかけ離れてしまいました。しかし味は悪くありません。
あとはヨーグルトと味噌汁と梅干しです。ジューシーには合わないので今日は納豆はなしです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
これまで那覇の食堂は何軒も食べ歩いてきましたが、ここにきて漸く沖縄そばを食べました。そばを軽視していたわけではなく、結果としてこうなったに過ぎません。起きる時間が遅くなって朝昼兼に定食を食べることが続いていたことに加え、実は居酒屋を飲み歩いた一昨日の夜、こんな事がありました。締めに沖縄そばを食べようと、深夜まで開いている店を事前に調べておいたのです。ところが二軒訪ねたのですが、何故だかどちらも休みだったのですorz

DSC05136.jpg
飲んだ後の締めもいいのですが、沖縄そばが似合うのはやはり昼食です。記念すべき一杯目に選んだのは玉那覇ウシ商店でした。何とも重厚な、そして沖縄らしい屋号です。玉那覇が主の姓であろうことは疑いの余地もないですが、沖縄の高齢女性は片仮名二文字の名が多いので、本名をそのまま屋号にしたと見て間違いないでしょう。
ちなみに男性の場合は、清栄(せいえい)のように音読みの漢字二文字を連ねた名が沖縄では多いです。だから具志堅用高氏などは姓も名もいかにも沖縄らしい名前だと言えます。

DSC05137.jpg
話が脱線して前置きが長くなってしまったので、そろそろ食べましょう。品書きは三枚肉の乗った沖縄そば、100円高いゆし豆腐そば、150円高いソーキそばの三種のみで、これらに150円足すとジューシーと漬け物が付いたセットに出来ます。また、どのそばも大きさが100円違いで三段階選べます。いかにも専門店らしい簡潔な品書きが実に良いです。沖縄そばの小は550円で、たとえばソーキそば中ジューシーセットは950円といった具合です。今回は沖縄そば中を注文しました。

鰹出汁が濃厚に出ていながら味付けは柔らかい、沖縄そばの見本のような出汁です。三枚肉はとろとろに柔らかく煮込まれ、やや甘めの味がしっかりと付いていて、こちらも模範的な味わいです。最大の特徴はコシが強い麺です。やや細めの外見からは想像出来ないコシの強さで、沖縄そばにしてはこれは珍しいです。麺の主張がやや強過ぎる気がしなくもないですが、全体的には美味です。13時を過ぎていたのですが満席に近い状態が続く盛況も納得です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC05139.jpg
書店でランチマップなる小冊子を購入しました。掲載店での食事が一律500円になるというものです。幾つかの地域別に発行されているのですが、今回買ったのは勿論那覇の中心部が掲載されている「久茂地エリア」版です。

DSC05140.jpg
有効期限は二月末日まで。通常料金は700円~800円あたりが主流で、この冊子自体1,000円だったので、五店は訪ねないと元が取れないわけですが、中には通常料金が1,000円を超えるものもあります。あと丸二ヶ月もあるわけですから、上手く使えば格安と言えるでしょう。
また、元を取るという貧乏臭い発想を捨てればもっと楽しむことが出来そうです。たとえば、小洒落た構えの店の800円のランチなど普段なら私は全く縁がありませんが、この冊子に載っていて500円なら積極的に試してみよういう気になります。いつもは入らないような店を訪ねて世界が広がるかも知れません。そう考えると楽しくなってきます。もうこれだけでも千円分の価値があると言えます。

また、一つの店について三回まで使えるというのも良いです。大いに気に入った店があったなら、もう二回500円で食べられるというわけです。それから注目したのは、ランチに限らずその店の全営業時間で使えるところも少なくない事です。中には深夜まで利用できるラーメン店などもあります。居酒屋ともども、今後の作戦を練るだけでも楽しめそうです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
迎撃ミサイルを配備したわけではございません(笑)
いや余り笑い話でもないのですが。隣りの住人は今日も朝方携帯を放置したままベッドを離れ、その携帯が目覚ましを延々と鳴らし続ける始末です。そしてやはり電灯を点けっ放しで出掛けていきました。まったくどうしようもありません。本当にミサイルでも撃ち込んでやりたい気分ですが、残念ながらそうもいきません。

事情を話して寝床の引っ越しを願い出れば快諾してくれるのは分かっています。つい先日先例を見たからです。しかし折角手にした特等席をこんな受動的な理由で手放すのは、どうにも悔しいものがあります。でも安眠には代えられません。

DSC05141.jpg
となればやるべき事は自己防衛です。そこでミサイル配備、もといダンボールで目張りをしてみました。ごく簡単な、短時間の作業で遮光については効果てきめんです。しかしより重要なのは防音です。目覚ましもさることながら、轟音のようないびきが問題なのです。防音効果については未知数ですが、その結果を受けてまた明日考えるとしましょう。最悪の場合発泡スチロールや防音シートによる目張りもあり得ます。もしこの簡単なダンボール目張りに効果があったとしても、この汚い外見はいずれ改善しなければなりません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。