即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

おはようございます。平成二十九年もいよいよ大晦日になりました。七年間の葛藤の末に日本一周の再開を決意、実行した本年は、終生鮮やかな印象と共に記憶されるでしょう。そんな一年だからじっくりと顧みる記事を…と言いたいところですが、そのような事はしません。何故なら、面倒でやる気が起きないからです(笑)
しつこく繰り返しています通り、目下の生き甲斐は無為にだらだら過ごすことです。本当にこれはこの旅における一つの大きな目的であり、このために海を渡って沖縄まで来たと言っても過言ではありません。

この一年を振り返る記事を書く、時間にしてみれば僅かなことですが、仕事量は多い。そのような労力を使う事を一切放棄してこその無為徒食であり、意味があるのです。今日も何をするともなくのんびり過ごし、ぼんやりした意識の中で気付いたら年を越していた、それが理想です。
一つだけ何かするとしたら、もしゲストハウスで大掃除のようなものが行われるのであれば、自ら望んでこれに参加します。整理整頓と掃除が大好きな性分だけは怠惰な日々の中でも不変です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC05196.jpg
今日は隔日の米を炊く日です。ヨーグルト、ご飯と味噌汁、納豆、缶詰の鯖煮、梅干し、目玉焼き、切り干し大根、ひじきです。昨日までと大きく違う点が一つありまして、それは納豆と味噌汁に入れる葱を万能葱から白葱に切り換えたことです。そもそも白葱の方が好きだし納豆にも合うのですが、万能葱を使っていたのは、晩酌のあてのゆし豆腐のことを考えてでした。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
突然ですがここで、米を炊く際に日頃心掛けている事を紹介します。古い炊飯器や少量の炊飯など、条件が悪くともここにある手順を守ればそこそこ美味いご飯を炊くことが出来ます。裏を返せば、高級な炊飯器や高額な米を用いても、これらの手順を蔑ろにしては猫に小判だということです。

DSC05193.jpg
まず肝要なのは、炊き上がったらすぐさま炊飯器の電源を切ることです。保温の状態にしておくとどんどんご飯が不味くなります。保温機能を使うくらいなら、皿に盛るなどしておいて食べる時にレンジで加熱した方がよいです。ちなみに、電気炊飯器の「炊き上がり」は蒸らしまで終わった状態です。

DSC05195.jpg
そしてこれもすぐさま、ご飯を切るのが大事です。とにかく炊き上がったらすぐに電源を切ってすぐに飯切りをするという事です。巷では高級炊飯器が売れているようですが、繰り返しますがこの作業をやらなければどんなに高性能な炊飯器を使って炊いても台無しです。
米の一粒一粒を切り離し、間の水蒸気を抜く意識でやるのがコツです。

DSC05197.jpg
私もそうですが、その場で食べ切らない量のご飯をまとめて炊く場合、なるべく平たくて大きな皿に薄く盛って保存した方が良いです。茶碗に盛るとご飯自体の重みでつぶれていき、不味くなってしまうのです。そして粗熱が取れたところをラップをして保存します。熱いうちにラップをかけるのも、ラップをかけないまま余り長い時間放置するのも良くないです。また、冷蔵庫や冷凍庫に入れると味が落ちるのでおすすめ出来ません。だから私はあくまで常温保存を前提として、二日分しか炊かないようにしています。

美味い米を炊くためにやること、追及し出すときりがないですが、ゲストハウスの共同の台所で出来るのはこれくらいでしょうか。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC05198.jpg
本日の昼食は沖映通りにある麺ぼうという店にやって来ました。いくらランチマップ掲載店とはいえ、沖縄で讃岐うどんを掲げる店に入ることになるとは思いませんでした。大晦日で且つ日曜日ということで、掲載店でも閉まっている店も多い中で営業している数少ない店だったこと、対象料理が牛すき丼を主として、それに小うどんが付くという内容だったことが理由です。

DSC05200.jpg
DSC05199.jpg
誌面によれば、その小うどんは温かいものか冷たいものか選べるとあります。ところがどちらにするかを一向に訊かれません。訝っていると、ここで嬉しい誤算が起こりました。今日だけの措置なのでしょう、うどんの代わりに蕎麦が出てきたのです。それも沖縄そばではなく、そば粉を打った本物の蕎麦切りです。沖縄で年越し蕎麦が食べられるとは思わなかったし、何より本場のものではない生半の讃岐うどんを食べるより遥かに良いです。
主役の牛すき丼も、見た目がまるで美しくないのが残念ながら味の方は美味でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
本年も残すところあと僅かとなりました。朝一番の記事でも述べました通り、一年を顧みて冗長に書き連ねるような気分ではありません。が、一言でここまでの旅を振り返るなら、まるで順調な経過とは言えないながらも目下のところは計画通りにきている、といったところでしょうか。

夏の北海道及び秋の四国での絶望的な雨続きにより、行きたい所を大幅に削らねばなりませんでした。北海道では二ヵ月半もの期間があり、これは北海道を二周は出来るのではないかと思っていました。ところが一周することすら出来ず、日高の方は全く通らなかった上に道北と知床を除いてきれいな景色も殆ど見られませんでした。四国での二週間の足止めは九州編に深刻な影響を及ぼし、行きたいと思っていた対馬や壱岐はおろか、長崎や天草、阿蘇までもを諦める羽目になりました。
それだけの代償を支払ったこともあって、沖縄は那覇に居心地の好い安宿を見つけてそこでのんびり年を越すというおおまかな予定には、まるで辻褄合わせのようにして乗せることが出来ています。そしてこれまでに一切の怪我の病気もなく、カブの故障もパンクも一度もありません。これについては感謝をすべきでしょう。

さて、他に書く事もないので締め括りに毎度掲載している本ブログの紹介をまた引用して終わりたいと思います。本年はご愛読ありがとうございました。来年も宜しくお願い申し上げます。それではよいお年をお迎え下さい。

2019.png


まずこれが、PC版のトップページです。このように、画面の左側にカレンダーがあります。


2019a.png


たとえばこのように8月8日のところをクリックしていただくと、8月8日の記事だけを古い方から順にお読みいただけます。
本ブログではまず携帯端末で文章だけを書いた記事を更新し、その日の夕方ないし翌朝に後から写真を貼り付けるというやり方をとっています。この機能を活用して是非とも写真を貼り付けた記事を改めてご覧いただきたいと思います。また、カレンダーの下の月別アーカイブをクリックしていただくと、当該月の記事を古い方から順にお読みいただけます。


IMG_3180.png


スマートフォン版では残念ながら日毎の記事だけを古い方から読む機能はないのですが、それに準ずる機能はあります。これがスマホ版のトップページですが、左上のこの部分をタップして下さい。


IMG_3181.png


するとこのような画面が表示されます。ここで注目していただきたいのが、一番下に表示される月別アーカイブの項です。


IMG_3182.png


ここをタップするとこのようになり、各月の記事を古い方から順にお読みいただけます。是非ご活用下さい。


2020.png


最後にお願いがあります。現在二つのブログランキングに参加しています。各記事の最後にこのように二つのバナーが載っております。この二つのバナーを一日一回でいいのでクリック(タップ)していだけると幸いです。宜しければご協力をお願い致します。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。