即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

おはようございます。ゲストハウスに長期連泊しているという目下の状況や、沖縄の日の出の遅さ、また現地の生活風習等々に鑑み、朝は七時頃に起きるのが理想だと述べました。そして今日は6時50分に起床しました。いつもならここでもう一度寝てしまうところですが、これは理想的な起床時刻、しめたものだと思っているうちに目が覚めてきて、そのまま起き上がったのです。あとは昼寝をしてしまって元の木阿弥にならぬよう気をつけなければなりません(笑)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC05547.jpg
今日は洗濯をしなければならないので、朝一番で早速始めます。夕方や夜に洗濯する人など色々いますが、少なくともゲストハウスに滞在している間は私は洗濯は朝一番しか考えられません。天気が良ければ朝のうちから屋上に干し、当日中に乾いて取り込むのが理想の流れです。自分の仕事として区切りが良い、気持ちが良いのもさることながら、たまに洗濯物を放置して干す場所や干す道具を占領している人がいます。あれは実に迷惑で、共同の宿ですべき事ではありません。

寒くて洗濯をしている間も長袖シャツなしではいられないという理由から、二回続けて長袖シャツを洗わないことが続きました。今度こそ洗わないわけにはいきません。暖かくなって助かりました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC05548.jpg
昨日炊いた米の三分の一を電子レンジで温め、今日も自炊の朝食です。ポークは遠い過去のものとなり、扱いづらいベーコンも一度きりで最前線を退きました。代わりに新戦力として現れたのがソーセージです。フライパンで軽く熱を通して目玉焼きの皿に添えます。
ソーセージというやつは茹でてビールのあてとしていただく時は特に良いものでないと満足出来ないのですが、焼いてご飯のおかずとして食べるとなると良いものとそうでないものの差が縮まります。不思議なことではあるのですが、それを考慮して実験としてまずは格安のものを買ってみました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC05549.jpg
期待通りに日差しが降り注ぎ、洗濯物がどんどん乾いていきます。昨日の布団干しに続いて実にいい気持ちです。一昨日の夕方から夜にかけて雨が降ったものの、ここ最近は概ね良い天気が続いています。沖縄は一般的に冬ははっきりしない天気が多く、三月になると天気が良くなると言われています。前回沖縄に来た時も実際にそうでしたし、やはり数日前までは晴れ間を見ることはなかなかありませんでした。数日来の好天続きに春の足音を感じます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
野暮用が出来まして、歩いて出てきました。ちょうど昼時、目的地に行く前に昼食を食べていきたかったのですが、同じ方向にあるランチマップ対象店が二店ともまさかの休業で、完全に足元をすくわれました。しかしこういう時こそむしろ通りすがりの店に飛び込む好機、とその時は前向きに考えていたのです。ところがそうは問屋が卸しません。ここから見事に歯車が狂いました。

何という皮肉か、こういう時に限って道沿いに食事処が全然現れないのです。暑い中を歩き続け、徐々に苛々してくると、そこからさらに悪循環が始まります。あろうことか道を間違えてしまったのです。快晴の日中です。方角は常に把握出来るわけですから、通常ならば道など間違えないか、間違ったとしてもすぐに気付く筈なのです。ところが違う方向に数分以上も進んでしまいました。人間平常心を失うと即ち視野が狭くなるということを痛感しました。
折角昼食の時間を早い方に矯正出来ると思っていたのにそれも頓挫し、何から何まで上手くいきません。結局空腹に耐えながら一時間も歩いた上、午後二時を回って漸く食事にありつけました。それも、何の必然性もない王将で食べる羽目になってしまったのです。

DSC05550.jpg
これでこの王将での食事それ自体に満足出来たのなら、たまにはこういう事もあると笑い話に出来るのですが、何から何まで駄目でした。大型商業施設の一角に間借りするようにしてあるこの店、店内の雰囲気はもとより味や価格についても全く期待していなかったのですが、注文した炒飯と餃子の提供時間に差があり過ぎるのも残念でした。

まずは炒飯と付属のスープが運ばれてきました。それらを食べ始め、数分が経ってもまだ餃子が来ません。食事をしに来ているのか写真を撮りに来ているのか分からないような今時の若い娘は、こういう時に餃子が来るまで炒飯に手をつけずにじっと待っているのだろうか、などと馬鹿な事を考えつつしばし手を休めて待ち、然る後に漸く餃子が運ばれてくる始末です。
まったく惨敗としかいいようがない展開でしたorz

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC05556.jpg
食事事情は散々でしたが、主たる目的は達することが出来ました。目的地はおもろまちの東急ハンズ、わざわざここへ来たのは歯磨き粉を買うためです。

昨日で歯磨き粉が切れました。容器の特性なのか、前兆が全く感じられないまま突然無くなるのは困ったものです。愛用しているのは発泡剤や研磨剤が入っていないもので、一般的な薬局やスーパーの店頭では買えません。歯科で扱っていることが多いので近くの病院を訪ねて買えばいいのですが、生憎日曜日の午後では開いているところがありませんorz

DSC05551.jpg
DSC05552.jpg
DSC05553.jpg
ただし唯一東急ハンズで店頭で買うことが出来るのです。そこでおもろまちまでわざわざ三十分歩いて来たというわけです。とはいっても実は、歯磨き粉というのは必ずしも無くてもいいものです。だから急いで今日買わなくとも困らなかったのですが、右目の視力がほぼ回復し、且つ天気が良いのでじっとしているのがもどかしかった、歩き回って体を動かしたかったという事情もありました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
東急ハンズがあるのは新都心の異名を持つおもろまちの只中でした。今日この界隈に初めて足を運んだのですが、一つの興味深い光景を目にしました。ビジネスホテルが建ち並んでいるのです。全国チェーンのお馴染みの看板だけでもスーパーホテル、東横イン、法華倶楽部の三つと、少し高いところでダイワロイネットホテル、他にもこれらと競合しそうな幾つかのホテルがありました。

DSC05554.jpg
何が興味深いのかというと、ここが空港の近くでもなく、主要駅の近くでもなく、さらには繁華街でもビジネス街でも古い商業町でもないということです。ビジネスホテルというものは、これらの何れかの条件に当てはまる場所にのみあるものだと今までは思っていました。
しかし近年新興開発されたばかりのおもろまちはそうではありません。ただし飲食と買い物に関しては、一切困らないであろう程の沢山の店があります。なるほど確かにこれは外国からの観光客、特に一行の人数が多い中国人などに重宝されるのでしょう。
那覇空港というのはその立地から、空港の近くでレンタカーを借りると、最終日の行程や宿泊する宿の場所などによって返却前に那覇の渋滞に巻き込まれる可能性が高いです。帰りの飛行機の時刻を気にしながら渋滞に巻き込まれてしまうのですから、空港の近くのレンタカー営業所で車を借りるという従来のやり方は問題があると言わざるを得ません。

それよりも、空港からモノレールで移動しておもろまちで宿泊、レンタカーの借り入れ、食事や買い物などを済ませ、ここを拠点に各地を観光した方が合理的です。首里城までも近い。海辺のリゾートホテルに宿泊し、ホテルで出される美味い料理を食べて沖縄を満喫するという人達はまた話が違ってきますが、それよりもやや下の層、もう少し安価に沖縄旅行をしたいという家族連れなどにはぴったりなのでしょう。そうだとすれば手頃な価格のビジネスホテルが建ち並ぶのも納得がいきます。
そう思って後から調べてみたところ、果たしておもろまちの駅前にはレンタカーの営業所が密集していました。むろん出張による需要も多くあるでしょう。

しかし問題がないわけではありません。八年前に来た時と那覇の町の光景で大きく変わったことの筆頭に、ゆいレールがいつも混んでいることがあります。いつも道から見上げていてずっとそれを感じていたのですが、一昨日実際に乗車してみて紛れもない事実だと確信しました。おもろまち地区の開発とホテルの増加、それによる那覇空港からの乗客が増えていることが一因であるのは疑いようもありません。
これでは大局的な解決に至ったとは言い難く、道路の渋滞緩和のしわ寄せがモノレールに来ている状態に過ぎません。大荷物を曳いた乗客によるモノレールの混雑の解消が次なる課題だと言えるでしょう。しかし空中を走るモノレールはホームの延伸や車両の増結が簡単には出来ません。あとは編成を増備して運転本数を増やすくらいしか今は出来ないのではないでしょうか。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。