即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム |  次の頁→

おはようございます。今日こそは阪神タイガースのキャンプを見るために宜野座へ、と思っていたのですが、寝耳に水の知らせが入ってきました。

IMG_4200180222b.png
何と本日のキャンプは午前中のみだというのですorz
しかも明日は休みです。そして明後日はオープン戦。キャンプは来週まであるので週明けに出直すという手もあるにはあるのですが、オープン戦を観戦した後でキャンプを見ても蛇足の感が強く、興醒めです。となると機会は今日の午前中しかないことになります。しかし宜野座までは那覇から二時間半はかかるのです。

DSC05624.jpg
六時ちょっと前に尿意で目が覚めました。用を足し、いつもならここですぐ寝床に戻ってもう一度寝るところです。しかし意を決して起きました。外はまだ夜が明けておらず暗いですが、気合を入れてこの時間から始動します。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC05625.jpg
DSC05627.jpg
昨日の夕方コザから戻って来た道をそのまま反対方向へ。国道330号を順調に走って西原インターの北まで来ました。ここで左手に吉野家が現れるので朝食を食べていきます。一昨日のすき家に続いて株主優待券を発動します。

DSC05626.jpg
ところで沖縄の吉野家にはタコライスがあるのですが、今日は全く眼中にありませんでした。鋭い方はその理由にすぐ気付かれたかと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC05628.jpg
DSC05629.jpg
かなり順調に進んでいますが、沖縄市からうるま市に入ったところでまさかの雨です。それも、大粒の雨が体を叩く本降りですorz
カッパの上下にシューズカバーまで着けた完全装備で走ります。本当に久しぶりの事です。一階が駐車場になっているマンションに思わず駆け込んだのですが、所有者と思しきおじさんがどうぞ雨宿りをしていって下さいと笑顔で言ってくれました。旅行けば人の情けに助けられるものだと感謝の気持ちを新たにしました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC05630.jpg
DSC05631.jpg
53kmを走って宜野座村は阪神のキャンプ地、かりゆしホテルズボールパーク宜野座に着きました。予想よりもやや早く、吉野家での朝食、雨具の装着、あとコンビニでの小休止、三度の休憩を入れても二時間半弱で着きました。お陰で練習開始時刻の九時半を少し過ぎたところで球場入りです。ここへきて雨が上がってきたこと、バイクを大きな屋根の下に停められたことも良い流れです。

DSC05632.jpg
DSC05633.jpg
DSC05634.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC05635.jpg
DSC05638.jpg
DSC05640.jpg
遅れに遅れ、すったもんだの末ではありますが、とにかく漸く第一の目的を達することが出来ました。球場に入ると程なくして鳥谷、福留、糸井の三人が並んでバッテングゲージに入るという豪華な展開に。それを間近で見られるのだからキャンプならではの贅沢です。

DSC05639.jpg
DSC05642.jpg
DSC05643.jpg
残念なのは、再び雨が強くなってきたことです。この冴えない天気の中、平日の午前中、そして那覇から遠いこんな田舎です。それにもかかわらずたいそうな人出なのです。流石は超人気球団です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC05644.jpg
DSC05645.jpg
予告通り阪神のキャンプは午前中一杯で終了となりました。宜野座をあとにして来た道を少しだけ戻り、金武の町までやって来ました。こんなに近くにキングタコスの本店があるのですから、今日の昼はこれしかありません。吉野家で沖縄限定のタコライスを歯牙にもかけなかった理由がこれです。各地に店舗があるキングタコスですが、本店が田舎町の金武にあるのが意外といえば意外です。
キンタコの愛称で親しまれているわけですが、キングだからキンなのか金武だからキンなのか分からなくなります(笑)

12時台とはいえ、平日ながら並んでいるのだからやはり人気があるのでしょう。とはいっても列は数人で、待ち時間は無きに等しいです。土日は大変そうですが。タコライスの味の決め手となるサルサソースですが、店内で食べていく場合はチューブ状の容器が盆に乗せられ、持ち帰りの場合は小さな容器で別添えで渡されるのが面白いです。

DSC05646.jpg
余談ですが、周辺の金武の町並みが非常に味わい深いです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
天気も振るわず、午前中しかキャンプが行われないと知りつつ、それでもはるばる宜野座まで来たのにはもう一つ理由がありました。すぐ近くの金武で楽天のキャンプが行われているのです。午後はこちらをはしご出来るという寸法です。楽天イーグルスのキャンプ地は前半は久米島で、金武に移るのはキャンプ終盤の今だけです。宜野座詣でが随分と遅くなってしまいましたが、一日で楽天のキャンプと両方見られるのですから結果としてこれでよかったのかも知れません。

DSC05653.jpg
DSC05649.jpg
そのようなわけで再び宜野座方面に少し戻り、足取りも軽く金武町ベースボールスタジアムを訪ねたのですが、ここでとんでもない事件が起こりました。

DSC05650.jpg
DSC05647.jpg
球場に近付いていくと、何やら様子がおかしいのです。バスが停まっていて、その周りをファンが取り囲んでいます。そしてバスに乗り込もうとしている若手選手のオコエの姿が見えました。この時点でもう悪い予感がしていたのですが、その通りでした。球場の中に入ると選手も観客も誰一人いません。楽天のキャンプも今日は午前中で終わっていたのですorz

呆然としている間に選手が宿舎に戻るためのバスの最後の一台と思しきものが出て行きました。まったく何という運の悪さでしょうか。そしてわざわざここまでやって来て阪神のキャンプを二時間程見られただけで終わってしまいました。
良い旅を成すためには才能や知識、行動力など幾つかの要素が求められますが、その中の一つに運があります。良い運なくして良い旅なしです。まだまだ本調子に戻るのには日数がかかるようですorz

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
楽天のキャンプを見学しながら球場の椅子に腰掛けて悠々とタコライスを食べることを思い浮かべてほくそ笑んでいたのですが、ものの見事に裏切られましたorz
駐車場が広く、車も少ないことがせめて救いです。カブの座席に横向きに腰掛けてキンタコのタコライスをいただきます。

DSC05651.jpg
DSC05652.jpg
折角の機会なので最上位のタコライスチーズ野菜700円也を注文しました。奮発したというよりは、野菜とチーズがなければ味気ないと思うのです。最大の特徴はとにかく盛りが豪快なことです。蓋が閉まらずに浮いています。その結果持ち帰り用の袋の底にも少々のレタスがこぼれています。食べ進める間にも多少こぼれるのは仕方ありません。こんなに無理矢理詰めなくとも一回り大きな容器を使えばいいものを、とも思うのですが、これが味があっていいのでしょうか(笑)

味は素晴らしいです。ご飯と挽き肉、千切りのレタス、トマト、チーズ、サルサソースの味が混然一体となります。味の要素が多く、且つ相性が良く、バランスも良いのです。まさに秀逸。そして量もとても多い。朝が早かったこともありかなり腹が減っていたのですが、一度では食べ切れず残りは今晩か明朝に回すことにしました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
楽天のキャンプを三時頃まで見てから帰るつもりでいたのですが、図らずも早々に帰途に就くことになってしまいました。真っ直ぐ帰るのもばかばかしいので、小ネタながらせめて活動をしていきます。モスバーガー沖縄知花店を訪ねます。

自身のモス趣味についてかつて一度だけ語ったような気もします。昔は全国各地の店舗を精力的に訪ね歩くことがその内容でした。しかしレシートの感熱紙化、看板への店名表記の廃止、そして何より大切な店舗毎の個性が薄れ画一化していくなど、モスは望まぬ変化ばかりを繰り返しました。その結果次第に興味は薄れ、モス趣味はほぼ消滅して現在に至ります。唯一細々と続いているのが、古き良き店舗を訪ねたり、一昔前の看板類を探し歩くという懐古趣味的な枯れた活動です。そのような見地で言うならこの沖縄知花店は足を止める価値があります。

DSC05654.jpg
寄棟屋根の三角形が中央に頭を出し、その手前にドライブスルー路を飾るような感じの壁が付けられています。しかし壁のように見える一部には窓もあり、ここにも客席があるように見えます。そして道路側にさらに現在のモスの規格型の煉瓦風の入口が無理矢理追加されています。何とも奇怪な建物です。

DSC05655.jpg
DSC05656.jpg
書式が統一されていない駐車場の案内があちこちに散らばっている様も味わいがあります。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC05657.jpg
DSC05661.jpg
来た道を引き返して昨日の夕方と同じ経路で帰ってもまるで面白くありません。県道74号を西へ走って来ました。左手は延々と嘉手納基地の敷地なので信号がごく少ない快走路です。そして途中にある道の駅かでなに立ち寄ります。ここの特徴は何といっても最上階が嘉手納基地を一望するための展望台になっていることです。

DSC05659.jpg
DSC05660.jpg
一階の売店では米空軍のTシャツをはじめ、オスプレイタオルなる物まで売られています。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。