即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

←前の頁  | ホーム | 

奥の集落の外れにある表題の地点を訪ねます。国道58号の終点は那覇の明治橋交差点であり、こちらはあくまでも途中地点、沖縄側の北端に過ぎません。しかし最果て、端っこの趣があるのは明らかにこちらです。

DSC06141.jpg
DSC06142.jpg
DSC06145.jpg
DSC06144.jpg
立派な石碑が建てられているのが何とも印象的です。起点や0.0kmの表記がありますが、厳密にはこれは正確ではないと思われます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
国道58号が県道70号になり、北部の東海岸を走って南へ戻っています。交通量は皆無、海辺から離れると景色も単調で、山の中をただ黙々と進むのみです。

DSC06149.jpg
そんな中一つだけ楽しみがありました。安田の集落を訪ねることです。前回郵便局を目当てにこの小さな集落を訪ねました。その後郵便局は廃止されてしまいましたが、ヤンバルの森の中に静かに佇む集落の風情が忘れられなかったのです。集落の中は物音一つせず、時が止まったかのようです。その中に今や誰にも使われていないと思しき旧局舎が建つ姿は寂しさを誘います。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC06148.jpg
ヤンバルの東側を走り、東村経由で名護まで戻って来ました。那覇から出発したのに名護に帰還というのもおかしいですが、気分としてはまさにそのような感じです。先程名護の市街地の宿に投宿したところです。

さて本日の走行距離は203kmでした。何と二百kmを超えて走りました。沖縄編でもちろん最長、この旅を通しても一日でこれだけ走った日は多くはありません。前述の通り名護から北は往きも帰りも交通量も信号も全くなく、距離の割には負担は少ないです。それでも流石に疲れました。やはり今日は古宇利島や瀬底島をのんびり訪ね、明日朝からヤンバルへ、という展開が時間や距離の配分の上でも理想でした。しかし天気を受けての結果なので仕方ありません。
明日は終日晴れの予報になっています。この通りになってくれることを願うのみです。古宇利大橋を渡って古宇利島へ行くことを目玉に、あとは今帰仁城や瀬底島、これにそばの食べ歩きを絡めるのが明日の活動予定です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC06155a.jpg
八年振りにやって来た名護の夜です、勿論居酒屋を訪ねます。暖簾をくぐるのははなおりです。端正で品の良い入口の構え、店内もここから想像される通りのもので、意匠が統一されているのが良いです。

お通しに大根とそぼろの炊き合わせに青菜をあしらったものが出てきました。お通しに温かいものを出す店は間違いないと繰り返し主張してきましたが、この店のものは熱々です。大根とそぼろだけでは柔らかく甘いだけで決め手に欠けますが、細かく刻まれた青菜が風味、食感ともに絶妙に引き締めてくれています。このお通しだけで主人が只者でないのが分かります。生ビールの注ぎ方も丁寧で、刺盛りを所望すると一人客と見てすぐに何切れずついきましょうかと訊き返してくれました。理想的な応対です。
他のものも調理が丁寧で美味、それでいながら健全な居酒屋価格です。カウンターが八席と六人程がかけられる卓が二つという構成ですが、七時過ぎに入った時点で空きはカウンターの二席のみ、私の隣りも三十分後には埋まって満席になりました。平日ながらのこの盛況、この店ならば当然と言えます。敢えて意地悪く粗を探しても、隙が無さ過ぎて個性が感じられないことくらいです。名護の、それも市街地から外れた所でこれだけの良店に入れたのだから何も言うことはありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。