即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC06773.jpg
おはようございます。遂に大きな旅の節目を迎えました。今日は那覇のゲストハウスを退去し、沖縄本島を去る日です。先行したカブを追って海を渡り、離島編に突入します。新たな旅に臨んで気分も高揚している、と言いたいところですが、実はそんなことを言っていられない大きな問題を私は抱えているのです。これについてはまた後程…

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC06769.jpg
最後まで自炊を貫きます。そして一通りの食材が今朝の分までできれいになくなりました。ある程度は意識していたとはいえ、我ながら可愛げがないくらいに無駄のないきれいな終わり方です。

DSC06772.jpg
さてそれはいいのですが、最後の最後に残念なケチがついてしまいました。毎朝愛用していた、目玉焼きを作るのに最適な小ぶりなフライパンを誰かが焦げ付かせてしまっていたのです。落そうと頑張ったのですが、酷い焦げで簡単には解決しないものでした。仕方なく別のフライパンでやったのですが、これがいつものフライパンより二回りも大きい上に深いのです。この深さが問題でした。私は目玉焼きの黄身をやや固めの半熟にするのが好きなのですが、そのためにいつも黄身の上から熱湯をかけています。ところがいつもより大分深いフライパンを使ったため、高い位置から湯を落とすことになりました。その結果黄身が崩れて流れ出してしまったのです。
美味くない上に見た目も酷いものになってしまいました。台所や調理器具を共用するゲストハウスにつきものの出来事とはいえ、有終の美を飾れなかったことが無念ですorz

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
2033.png

旅の節目の高揚感を打ち消す程の問題とは他でもありません、飛行機に乗らねばならないことです。私は重度の飛行機恐怖症で、これに乗るのはとにかく恐ろしくて仕方ないのです。飛行機に乗ることは私にとって人生で最大の辛苦であり、この事を考えると今から背中や手の平におかしな汗が滲んできます。
飛行機恐怖症に対して理屈をもって諭そうとする人がたまにいますが、何と無益なことをと思います。何故なら、恐怖を感じることに明確な根拠や理屈が存在していないからです。理由はよく分からないけれど生理的に恐ろしいと感じていることを論をもって諭すなど、これ程愚かなことはないでしょう。敢えて一つ挙げるとするなら、飛行機に限らず高い所は無理です。ビルでも平気でいられるのはせいぜい12、13階くらいまで。それを超えると頭の中が「早く地上に戻りたい」という思いだけで一杯になり、何も考えられなくなってしまうのです。そもそもそんな機会が来ないように未然に全力で回避しますが。

憂鬱に思うのは飛行機に乗ることへの恐怖が理由の殆どですが、それだけではありません。もう一つ許し難いことがあります。それは、現在先島諸島への交通手段が飛行機しかないという事実です。愛車と共に海を渡る旅情も感じられないし、何より問題なのは飛行機で一瞬で移動してしまうと目的地までの距離、遠さが体に刻まれないことです。これによって日本一周の旅に大きな欠落が生じてしまうのです。本当に残念でならず、フェリーで行けた時代の旅人が羨ましくて仕方ありません。
そもそもにおいて、船でしか行けない離島というなら分かりますが、飛行機でしか行けない地域が国内にあること自体がどこか不健全で病的です。それも面積や人口などの面である程度の規模を有しているにもかかわらずです。つくづく日本というのは貧しい国だと、そう思わずにはいられません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
飛行機に乗る時刻が迫って来ると思うと、腹のあたりが上ずったような気持ちの悪さを感じ、吐き気がしてきます。一方で今日の予定で良かったことが一つあります。乗る便が夕方なのです。これによって最後の荷物をまとめたりゲストハウスの食料棚を引き払ったり、寝床を丁寧に片付けたりする時間が十分にあり、落ち着いてゆっくり作業が出来ます。

DSC06771.jpg
ただし誤算もありました。昨日までの予報と全然違って朝から雨が降っているのです。これは全く考えていなかったので、折り畳み傘も昨日カブに積んで送ってしまいました。ゆいレールの美栄橋駅まで歩いて五分程の距離です。その時までに止んでくれるか、せめて小降りで勘弁して欲しいものですorz

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC06774.jpg
DSC06770.jpg
一昨日に五食分まとめて炊いた米の最後の一皿を消化します。これまでに何度も世話になったレトルトの中華丼をかけてこれをいただきます。見事に全ての食材がきれいになくなりました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC06775.jpg
DSC06776.jpg
モノレールに乗って那覇空港にやって来ました。リュックをからい、短パンにサンダル履きという格好です。飛行機に乗るのは恐怖だけれど空港や航空機は好きだと以前に述べました。しかしそれは自分が搭乗しない日だからこそ呑気なことを言っていられたのでした。今は空港の景色が違ったものに見えます。心臓が脈打つのが速くなり、手に汗が滲んできましたorz

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC06777.jpg
DSC06778.jpg
DSC06779.jpg
飛行機の恐怖ばかりはどうしようもないものですが、今日に限ってこれを軽減してくれる要素が一つあります。同行者が一人いるのです。これは自分でも予想していなかったことであり、渡りに船の有り難い展開です。ゲストハウスけらまの長期滞在組の中でも特に付き合いの長い、日本一周チャリダーです。歳は一回り以上も違う若者ですが、同じ日本一周の旅人というだけでなく、野球好き、アイドル好きなど共通の趣味が多くて話が合い、気が置けない間柄です。このような人物が隣席に居るだけで大分違います。あとは揺れないことを祈るのみです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC06781.jpg
DSC06780.jpg
幸いなことに飛行機の揺れはほぼ全くなく、絶望的な恐怖という程ではありませんでした。それでも手足に尋常でない汗を掻き疲労困憊しましたが。今日の切符は早割でひと月も前に買ったものだったので、天候が穏やかだったのはまさに僥倖です。
さあそして、いよいよ宮古島に上陸しました。これより沖縄本島編から宮古編に入ります。そしてここから国土の最南端である先島諸島を巡る旅こそが、この日本一周の圧巻だと言っても過言ではありません。ひとまず予約してある今日泊まるゲストハウスへ向かいます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
IMG_4635180513a.jpg
飛行機に乗ったことで心身共に疲弊していますが、上陸の祝杯をあげないわけにはいきません。しかし記念すべき宮古島の居酒屋探訪は誤算続きから始まりました。まずは教祖のおすすめであり、前回実際に訪ねて良かった「ぽうちゃたつや」です。ところが電話を入れると予約満席だと即答されてしまいました。土曜日という事情もあるのか、とにかくこれについては後日対策を練ることにします。仕方なくひとまず平良の繁華街まで出ました。ここにもう一軒あてがありました。那覇は「花咲」の主人に薦められた店があったのです。それが「志堅原」だったのですが、何とこちらも入口に予約満席との張り紙がありましたorz

こうなると自分で見付ける他なく、その結果流れ着いたのがこのだんらんでした。ただし内外の雰囲気から多くを期待していませんでした。特に大きな焼き台が厨房の主役に据えられ、手書きのおすすめの品書きも無いなど、魚介についてはまず駄目だろうと思いました。そもそも目当てに二軒も振られた時点で今夜は端から負け戦なのです。
ところが嬉しい誤算で、刺身が実に美味だったのです。これには救われました。上陸記念で最初に箸を付けた魚が美味かどうかで気分は大きく変わってきます。一方で串焼きはまるで大したことありませんでした。何とも掴みどころのない店ですが、とりあえず初陣を飾れたことに感謝します。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。