即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC06783.jpg
おはようございます。宮古島のゲストハウスで朝を迎えました。昨日までの天気予報は何処へやら、朝から良い天気です。こうなるととにかく先ず行きたいのは伊良部大橋です。前回、八年前に宮古島に来た時と今の最大の違いは、伊良部大橋が開通したことです。これが今回宮古島に来た目的の殆どだと言っても過言ではありません。

しかし事は簡単には運びません。既に平良港に到着しているカブですが、今日は日曜日で海運会社が休み、明日にならないと引き取れないのです。伊良部大橋は一度は歩いて往復したいとも思っていますが、スニーカーや靴下もカブに積んだまま、今はサンダルしかありません。宿から往復10kmの距離をサンダルで歩くのは流石に無理です。既に昨日空港から市街地まで小一時間サンダルで歩いたので若干足の指が擦れて痛いのです。このような事情により、折角の晴天を今日は活かせそうにありません。何とももどかしい状態で宮古島編が始まりました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC06784.jpg
DSC06785.jpg
DSC06786.jpg
宮古島で最初の朝食はまさかの吉野家です(笑)
まだ自炊というわけにもいかないし、朝から開いている店の当てが他にないし、吉野家が宿からすぐ近くと条件が揃いました。店の前まで行くと日本最南端の店舗との表記がありました。一方でぬるい点が一つありました。折角株主優待券がまだ沢山あるというのに、これもカブに積んだままで今日のところは手元にありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC06794.jpg
DSC06795.jpg
移動に制約がある以上、とりあえず今日出来ることは平良の町歩きくらいです。とはいってもこれも旅における大切な活動であり、何より非常に楽しいひと時でもあります。まずは通り掛かったエンダーをおさえていきます。今日は外見の写真を撮っただけですが、宮古島に居る間にきっと一度くらいは世話になるでしょう。入口の前にはハンバーガーとルートビアを抱えた陽気なシーサーの姿が。どの店にもありそうでいながら初めて見ました。

さてそれはいいのですが、エンダーといえば一つ大きな失敗をしていました。実は宮古空港の中にも店舗があったのに、昨日すっかり見落としていたのです。飛行機から降りたばかりで放心状態だったとはいえ緩手でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC06796.jpg
公設市場が新しい建物になっていて驚きました。そういえば那覇でも農連市場が一新されていましたし、名護でも同様でした。そういう時期なのでしょう。八年前に見た、おばあが曳いてきた売り物をその場で広げたような佇まいだった先代の姿が懐かしく思い出されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC06799.jpg
DSC06798.jpg
DSC06800.jpg
今日は昼を食べないつもりでいたのですが、流石に何も食べないのは無理だったようです。かなりの空腹になってきました。時刻も中途半端だし、コンビニでパンの一つでも買おうと思っていました。そこに偶然現れたのが表題の物件です。食堂と土産物屋と産直市場が同居したような施設でしたが、中に地元のパン屋が入っているではありませんか。渡りに船とはまさしくこれを言うのです。コンビニで買わなくてよかったです。迷った末にチキン南蛮のパンを買いました。宿に持ち戻ってこれをいただきます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC06801.jpg
スーパーで酒と肴を買ってきて、今夜は宿飲みです。ただしねぐらを定めるまでは色々と制約があるのは仕方のないところです。泡盛は大容量のものを買う程当然ながら割安ですが、今日は携帯性を重視して二合瓶にしました。豆腐も薬味を用意出来ないのでこのまま食べることになりそうです。
けらまでは広い台所に加え冷蔵庫や食料棚の容量も十分過ぎる程あり、炊飯器も何台もあるなど、飲食に関しては非常に条件が良くてまるで自宅で生活しているかの如く何不自由なかっただけに、余計に反動が大きいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。