即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム |  次の頁→

DSC06918.jpg
おはようございます。昨日は中一日でみやこやに戻って来て泊まりました。familiaに長期連泊出来ない以上、別の宿を探さねばなりません。一昨日の夕方から夜にかけてかなり探したのですが、何処もいまひとつ決め手に欠けます。ならばと前回の旅で泊まった風家も考えたのですが、まさかの満室でした。そして結局こうなったのです。

このみやこや、条件は最高なのです。きれいで整然としているし、水回り含め建物の二階にあるし、スーパーや飲食店はすぐ近くだし、料金も安い。かように条件面では言うことなしなのですが、一つ問題を抱えているのです。早くねぐらを定めたいというのが本心です。荷物を全て下ろして走りたいし、食材を買い揃えて自炊もしたいです。しかしあと少し頑張ってみます。問題とは何かは後述するとして、まだゲストハウスを泊まり歩いてみます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC06905.jpg
ありがたいことに昨日は終日快晴だったわけですが、これは強烈な日差しに晒されていたということでもあります。そしてバイクで走る時でも短パンにサンダル履きという格好でした。褒められたものではありませんが、そうでないととてもではないけれどいられないのです。しかしここに落とし穴がありました。腕は日焼け止めをしっかり塗っていたのですが、脚についてはこれをしなかったのです。そうしたら膝から少し上辺りがかなりの日焼けをしてしまい、気付いた時には痛みさえある程になっていました。

IMG_4666180516a.png
IMG_4667180516ba.png

そして今日も明日も終日快晴の予報に変わりました。昨日も言いましたが、梅雨入り宣言とは一体何だったのか。しかし有り難いことには変わりません。ただ今日はもう短パン履きで出るわけにはいかないでしょう。汗だくになるのを覚悟でジーパンを履いて走るしかないようですorz

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC06919.jpg
今日は再びスーパーで買った弁当を朝食に食べます。昨日の夕方店頭に一つだけ半額のものがあったため、見付けた瞬間に手を伸ばしておさえました。食べ物に一切の好き嫌いがない者の特権です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC06920.jpg
DSC06922.jpg
DSC06923.jpg
これぞ僥倖、昨日に続いて今日も朝から雲一つない快晴です。まずは迷わず伊良部大橋にやって来ました。宮古島にいる間天気の良い日にはこれは日課となり、何度でも繰り返されるでしょう。

DSC06924.jpg
DSC06928.jpg
DSC06930.jpg
そして一つ新しい発見がありました。太陽の位置も潮位も昨日来た時と殆ど変わらないのに、海の色がまた少し違うのです。推察するに、これは風が原因ではないかと思われます。風向きや風の強さが違えば当然波の立ち方が違ってきます。波が変われば見た目に映る海の色も変わるというわけです。風向きや風速を確認しながら橋を渡るという新たな楽しみが加わりました。
一方でもどかしい事もあります。車が行き交う橋の上では写真の撮り方が限られてしまい、変化を付けようにも限界があるということです。こればかりは仕方のないところですが。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC06932.jpg
伊良部大橋を往復したところで昨日は北へ走ったのに対し、今日は東へ向かいます。まずは上陸初日以来四日ぶりとなる宮古空港にやって来ました。目的はエンダーです。あの日は飛行機を降りた直後で、まだ残っている恐怖と地上に戻れた安堵が同居するという異常な精神状態にあり、エンダーのことなど完全に忘れていました。
驚くべきは品書きに宮古そばがあることです。エンダーだけでなくハンバーガー店としてこれは唯一ではないでしょうか。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC06933.jpg
敢えて内陸の道を走って宮古島の東南部まで来ました。長閑な畑がどこまでも広がり、これはこれでいいものです。宮古島は山がなく平坦なので空が広く感じられ、どこか北海道にも通ずる開放的な風景です。

DSC06938.jpg
DSC06937.jpg
DSC06935.jpg
DSC06936.jpg
そして懐かしの吉野海岸にやって来ました。天然の熱帯水族館とも言えるこの美しい浜に、前回宮古に来た時には毎日のように通っていたのです。ジーパンの裾をまくり上げ、海に2m程入っただけで早速近くに魚がやって来ました。今日のところは島の各所を回るのとねぐらを定めるのが先なのでお預けとしますが、またこの海岸で泳ぐのが楽しみです。そのためにわざわざシュノーケルを送ってもらったのです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC06945.jpg
DSC06940.jpg
DSC06944.jpg
DSC06942.jpg
DSC06947.jpg
続いて宮古島の南東の端、東平安名崎にやって来ました。素晴らしい景勝地です。まず細長く伸びる岬を走る真っ直ぐな道が気分爽快です。切り立った断崖が海に突き出したいかにも岬らしい景観で、その突端に白亜の灯台が建ちます。

周囲の海も素晴らしい美しさ、と言いたいところですが今は潮位が低過ぎて干潟のようになっていて、さほどではありません。今日は大潮で干潮時刻まであと一時間程、これでは仕方ありません。伊良部大橋に限らずこちらではなにかと潮位を気にしながら行動する必要があると学びました。ここも最低でも一回は再訪することになるでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC06948.jpg
海際の断崖上にあって視界の開けた気持ちのよい快走路、県道235号で西へ移動してきました。砂川の集落にある丸吉食堂で昼をいただきます。

DSC06949.jpg
昔ながらの宮古そばということで、麺の下にかまぼこと肉が隠れているのが面白いです。そして出汁の味はかなり個性的です。大蒜の風味、塩味ともにかなり強いのです。沖縄のそばでは珍しい味わいです。若者に好まれるラーメンのようなこの味は好みが分かれるところでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC06955.jpg
DSC06950.jpg
DSC06951.jpg
DSC06954.jpg
宮古島の南西端と来間島を結ぶ来間大橋にやって来ました。橋の長さや高さなど、全体的な規模は池間大橋とほぼ同じです。海の美しさについては語るまでもないでしょう。もう形容する言葉も尽きてきました。与那覇前浜ビーチの美しさと、その向こうに伊良部大橋を遠望する眺めが印象的です。
前回ここを渡った時は眼下に海亀の姿を見ました。今回も何処かでそのような幸運があるでしょうか。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC06957.jpg
DSC06958.jpg
来間大橋を一往復半して来間島に上陸したところで、表題の物件を訪ねます。来間大橋と宮古島、その間の海を一望するまさしく絶景です。
景色については言うことがありませんが、一つ残念なことがあります。騒がしくて低俗な観光地に成り下がっているのです。何台もの観光タクシーが次々と乗り付けては大勢の人が降りてきます。中でも中国人の騒がしさは目に余るものがあります。それぞれがかなりの声量で叫ぶものだから、その声が展望台の天井に響き渡っているのです。段々頭が痛くなってきましたorz

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。