即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC07023.jpg
宮古島で滞在する宿を風家に決めました。前回の旅と違うところに泊まりたいという思いは変わらず持っているものの、それでも尚ここしかないと思えたのです。結局は那覇でけらまに滞在したのと同じです。自身の求めるものも宿の有り様も変わっていないのだから、ある意味必然の結末と言ってもいいのかも知れません。

DSC07021.jpg
DSC07022.jpg
特に昨日スタッフと一緒に海に泳ぎに行ったことが決め手となりました。聞けば昨日は込み入った事情があってたまたま宿の主人の車を借りられたそうで、そうそうこういう事はないとのことでした。しかしこの出来事が思い描いていた通りに鮮やかに宮古の旅を彩ってくれたことは事実です。
そして単に海に行けてよかったというだけではありません。海から戻って来て、玄関先にあるホースを使って頭から体を丸洗いし、シュノーケルやサンダルを洗い、それを干し場に掛ける。この風家はその情景がとても似合うのです。この、情景が似合うかどうかというのはとても大事な点であり、みやこやでは海で泳いで帰って来てまず陽気に水で洗う場面が全く想像出来ません。

このようなわけで自分の心は決まったものの、残念ながら事は簡単には進みません。まず、以前はあった連泊割引がなくなっていたのです。これは本当に残念なことです。それでも他の宿よりもやや安い一泊1,800円なのですが、かつては一週間単位で連泊すれば一泊900円だったので、実に倍額ということになります。ただ、みやこやでは一ヶ月の連泊で40,000円ということでした。ならば風家に単発で予約をしても22日分と同等です。そう考えれば気も楽になります。
それはいいのですが、さらには三日後の22日だけが既に満室になっているのです。これで滞在が分断されてしまうことになります。これも残念ですが、どうしようもないこと、仕方のないことです。この日だけは別の宿に泊まってやり過ごし、あとの日は風家に滞在し、そして一ヶ月という単位の縛りがなくなったので宮古島に徒に長居せずに満足したところで次に歩を進める。このような形で最終的な結論が出ました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC07026.jpg
ここのところ簡素で不健康な朝食が続いていますが、やむない事情によりそうなったわけではなく、一時的にそのような嗜好になったわけでもありません。特に深い意味はないのですが成り行きでそういう事が続いているのです。そして今日も朝からカップラーメンとパンです。ただ一つ挙げるとするならば、今日に関しては意図的に朝を軽くしたかったのも事実です。こう書けばこの後の展開を大体予想されたかと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC07028.jpg
皆様ご察しの通り、朝食を軽くしたかった理由とは昼に島の食堂を訪ねたかったからに他なりません。本日やって来たのは平良の市街の中心部にあるじんく屋、宿からはすぐ近くです。ここは以前にも来ました。店が変わらず健在なのは嬉しいものです。看板には製麺所の名が入ります。自家製の麺を出す直営店ということなのでしょう。平日のまさに昼時、満席ではありませんが片付けを待って席に着く盛況で、客層は作業着姿の男から小さな子供を連れた家族まで様々です。

DSC07029.jpg
そば以外にも様々な品がありますが、本日注文したのは宮古そばとチャーハンのセット、650円です。そばは出汁も麺も美味、チャーハンは特にどうということはありませんが、悪くはないです。
チャーハンにもそばにも共通するのは、徒に味が強過ぎず、薄めの優しい味付けながらきちんと食べ応えがあることです。これぞ地元に密着した健全な食堂、ごちそう様でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC07030.jpg
じんく屋で昼食を食べた後平良の市街地を小一時間散歩したものの、その後はゲストハウスに戻って昼寝していました。そして三時間近くぐっすり眠りました。結局今日は完全休養日となりました。
宮古島に上陸して以来晴天続きなのはまさに嬉しい誤算ですが、その結果連日炎天下を走り回ったり海で泳いだりしていい加減疲れが溜まってきました。言うまでもなくこのような日も必要なわけですが、加えて今日は雲が多く晴れたり曇ったりという天気だったし、土曜日でもありました。結果としては何かと間が良かったです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
結局今回の宮古島の旅でも世話になることになったゲストハウス風家をここで改めて紹介します。場所は平良の市街地の中心部にあり、幾つかの飲食店やコンビニなどすぐ近く、スーパーも歩いて十分かからない距離にあって何も不自由がありません。それでいながら細い路地の突き当りにある落ち着いた雰囲気が良いです。

DSC07003.jpg
ドミトリーは一般的な二段ベッドで四人まで。個室の方が多い小ぢんまりした宿です。

DSC07009.jpg
DSC07010.jpg
無料のロッカーが部屋に置いてあるのも嬉しいところです。けらまのロッカーよりも容量が大きく、ノートパソコンをはじめ幾つかの荷物が悠々と収納出来ます。

DSC07004.jpg
DSC07006.jpg
玄関から談話室は小洒落ていて趣味が良く、いかにも南の島の宿という雰囲気です。そして床は石が敷かれていて実に心地が好いです。

DSC07007.jpg
DSC07008.jpg
また台所が広いのが美点で、長く泊まるなら自炊をしたい私にとっては非常にありがたいです。トイレやシャワーも清潔です。何より良いのは、各所の清掃と整頓が行き届いていることで、万事快適に過ごせます。これで宮古島のゲストハウスの中でも特に安い料金なのだから言うことなしです。

欠点がないわけではありません。ドミトリー室が少々かび臭いのです。これは日当たりも風通しもいまいち良くないことが原因と思われます。深刻な程ではなく、毎日風を通せば私など気になりませんが、苦手な人は苦手かも知れません。またこのようにドミトリーに四人しか泊まれないので、前述のように既に満室の日があるのが残念でしたが、こう条件が良ければ仕方のないところでしょう。あとは折角広い屋上があるのにそこで洗濯物を干せないことです。屋上へ上がる階段が一部狭くなっていることが理由だというのですが、何とも勿体ない話です。
しかしあれこれ泊まり歩いた末に結局前回に続いてここしかないと思わせてくれた宿です。あの時と主人が代わっているのですが、宿の良いところが何も変わらず受け継がれているのは素晴らしいことです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC07031.jpg
滞在する宿も決まったところで、明日から自炊すべく色々と買い出ししてきました。納豆に卵、ヨーグルト、インスタントの味噌汁、鰹節などです。昼と夜はこれまでと大して変わりませんが、大きく変わるのは朝食です。
尚米ですが、宿に置いていった人がいるので是非使ってくれと言われました。精米してからそう日は経っていないし冷蔵庫に保管されているし、全く問題のないものです。宿の側としても早く処分してくれる人がいればありがたいのだと思います。利害が一致したまさに僥倖です。これによってひとまずは米を買わずに済みました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。