即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム |  次の頁→

おはようございます。昨日は日中に雨が降り、まとまった買い出しをしたり寝床を快適にするための作業をしたりしました。これはこれで充実した過ごし方でした。どっちつかずの中途半端な天気でなかったのがよかったのです。そして今日は朝から晴れています。実に良い流れです。
昨日この先宮古島でやりたい事を列挙したわけですが、それらの中で最も順位が高いのが新城海岸で泳ぐことです。その場合肝心なのは潮位の低い時を狙って行くことです。先日、携帯端末のホーム画面に潮位表の頁を加えたと言いましたが、もっと見易いものがありました。それがタイドグラフと呼ばれる、潮位の変化を連続的に図示したものです。

tg180523.png
これによれば、本日の干潮は午前十時頃。この後朝食の用意をして食べてから始動するわけですから、少々慌ただしいです。そもそも出来れば日が高くて暑い昼間に泳ぎたいのです。では明日はどうでしょうか。

tg180524.png
明日は午前十一時頃が干潮、これならばかなり良いです。となると明日の天気が気になるのですが、今のところの予報では終日晴れとなっています。最高の展開です。新城海岸は明日に回すとして、では今日何をするかです。伊良部か来間島か池間島か。こちらも潮位との相談になりますが、念のため泳ぎの道具一式も積んでカブで走り回るのが予定です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC07079.jpg
DSC07080.jpg
昨日予告しました通り玉子かけご飯です。那覇の時からお馴染みのひじき、それから鯖の缶詰を買ってきました。納豆はなくとも昨日に見劣りすることはありません。
それはいいのですが、このパック入りご飯の不味いこと。味や香りはまだしも、べたべたとした食感が最悪です。この点で誤魔化しが利く玉子かけと相性が良いわけで、巡りが良かったと捉えることも出来ます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC07082.jpg
DSC07081.jpg
宮古上陸の翌日から毎日通っていた伊良部大橋ですが、一度習慣が途切れるとはたと行かなくなり、実に六日ぶりの訪問になりました。天気は快晴、文句なしの最高です。そして今まさに干潮です。浅瀬に出現した砂地に人が立っています。おそらく船で連れていってもらうのでしょう。あれはさぞ気持ちがいいでしょうね。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
伊良部大橋を渡り切ってそのまま二回目となる伊良部、下地島一周に入りました。八年前に宮古に来た時はまだ橋の開通前、フェリーで伊良部島に渡り、ニ島を訪ねるのは一日限りの一発勝負でした。それがこうしてごく気軽に再訪出来るようになったのですから、まさに劇的な変化です。

DSC07083.jpg
そして下地島の西岸にある中の島海岸にやって来ました。ここが泳ぐのによいということだったからです。なるほど多くの車が停まり、シュノーケリングを楽しんでいる人の姿が見えます。しかしここで泳ぐには及ばないと思いました。
岸辺からすぐ近くに多くの珊瑚が見え、手軽に熱帯魚が見られることが容易に想像出来ます。しかしここは小さな入江で狭く、岩も多く、泳ぎやすいとは言えません。着替える場所などもないようで、岩陰で支度をしている人が何人もいます。これならば新城海岸に行った方がよいと思いました。特にあそこの無料で清潔な更衣室やシャワーは絶大な魅力があるのです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC07084.jpg
DSC07085.jpg
伊良部、下地島の代表的な魅力として私が二つ挙げたのが、下地島空港周辺の海の美しさと内陸の道の景色です。17エンドと呼ばれるここの海は果てしなく透き通り、宮古でも一番ではないかという程に綺麗です。空港の滑走路の突端だからコンクリートで護岸されているのですが、それでも思わず泳いでいる人が何人かいるのも十分に頷けます。

DSC07087.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC07086.jpg
先日は通らなかった伊良部の市街地を通っていきます。平日の昼間ながらごく静かな風情が良いです。今回は世話になることはなさそうですが、前回昼食をいただいた民宿まるよしが健在だったのも嬉しい限りです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC07090.jpg
続いてこちらも17エンドと並ぶ待望の、伊良部島の内陸の道を走ります。宮古島の内陸の道もまた良いと言いましたが、やはりこちらが最高です。とにかく真っ直ぐで、景色が広く、交通量が全く無いのです。
ここを走っていると北海道に行きたくなります。数千キロも離れた北の大地と景色の記憶が重なり、憧憬を呼び起こす。旅の浪漫を感じます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC07092.jpg
伊良部大橋を渡って宮古島に戻って来たところで昼時です。一旦ゲストハウスに戻ってパックご飯とレトルトカレー、或いは買い置きしてあるカップ麺というのも考えたのですが、それはそれで時間を食うので手っ取り早くまたファミリーマートの世話になることにしました。代わり映えのないサンドイッチと野菜ジュースです。

DSC07091.jpg
全くの余談ですが立ち寄ったのは宮古下里ぱいぱい店。どうにも気になる店名です(笑)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
平良の市街地から北へ走り出しました。目指すは池間大橋ですが、その前に勿論ここにも寄っていきます。砂山ビーチです。

DSC07094.jpg
DSC07095.jpg
先日ここへ来た際、改めてここで泳がないわけにはいかないと言いました。しかしこれをしません。このビーチは離岸流が発生し易いと聞かされたからです。なるほどそう言われてみれば、珊瑚礁で守られたビーチとは波の高さ、そして速さがまるで違います。しかしここは眺めているだけで幸せになれます。それで十分でしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC07096.jpg
DSC07097.jpg
DSC07099.jpg
DSC07102.jpg
DSC07103.jpg
DSC07104.jpg
池間大橋まで来ました。まさに狙い通り、満潮時刻まで約一時間で、潮位は前回来た時と一目見て明らかな程に違います。袂の浅瀬にあった砂地も消え失せています。これだけ潮位が高くなっても海の色の明るさが変わらず美しいのですから、海底の砂がいかに白いか、水がいかに透き通っているかがよく分かります。やはり絶景です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。