即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC07088.jpg
宮古を去る前にあとやりたい事として、新城海岸で泳ぐこと、伊良部、下地島を一周すること、池間大橋、来間大橋をそれぞれ潮位が高い時に渡ることの四つを挙げました。昨日はこのうちの二つを消化したわけです。そして今日は干潮が午前十一時頃、天気は晴れと実に良い条件です。満を持して新城海岸を再訪します。午後一時頃が干潮ならば理想中の理想だったのですが、そこまで贅沢は言いません。

そして満潮は夕方の五時前です。昼過ぎまで泳いで一旦ゲストハウスに戻り、一息入れてから夕方に来間大橋へ、ここまで欲張る可能性もあります。その時のやる気と天気次第ということになります。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC07113.jpg
昨日と同じようにパック入りのご飯を使い、玉子かけご飯です。那覇にいた時のように、一通りの品数がある朝食ならば前日と全く同じ献立でもさほど気にならないのですが、こう皿が少ないと何から何まで同じなのは虚しくなります。そこで鯖味噌の残りを明日以降に回して、昨日の夕方スーパーで買っておいたコロッケをいただきます。何故玉子がこんな状態になっているのかは想像にお任せしますorz

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC07114.jpg
予定通り新城海岸に来ました。が、一つ残念な事が。先程までよく晴れていたのに空全体が雲に覆われてしまったのです。海に入って魚を見て楽しむのは、晴れでも曇りでも陸から海を眺める時程の差はありません。でも晴れてくれた方がいいには決まっています。
一応西の空は晴れています。準備をしているうちに晴れてくれればよいのですが。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC07115.jpg
DSC07117.jpg
DSC07127.jpg
結局新城海岸で泳ぎました。前半はいま一つの内容でした。空は曇ったままだし、干潮時刻に来るというのは結果として行き過ぎていたようです。十分に足が着くところで熱帯魚が舞い踊る様を見られるのは潮位が高過ぎる時よりは遥かに好条件ですが、潮位が低い時の難点もありました。珊瑚の上を泳いで越せないので動ける範囲が大きく制約され、自由度が低く堅苦しいのです。
しかし後半になると晴れてきて、海の中はえもいわれぬ美しさです。潮位も少しずつ上がってきて実に具合が良くなってきました。無数の色鮮やかな熱帯魚と一緒に泳ぐのは何物にも代え難い体験であり、これはもはや桃源郷と言っても大袈裟ではないでしょう。また昨日ゴーグルの曇り止めを買ったのですが、これが効果てきめん、まさに態勢は万全でした。

惜しむらくは状況が良くなってきた頃に既に泳ぎ疲れ、空腹になってしまっていたことです。しかし今日で最も按配の良い潮位は具体的に何センチくらいなのか、把握することが出来ました。最低でもあと一回はここへ来て泳ぎます。それまでは絶対に宮古島は去れません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC07120.jpg
平良の市街地に戻って来て、少し遅くなってしまいましたが昼をいただきます。前回も来た大和食堂を訪ねました。何もかも変わらずに健在でした。実に嬉しいです。

DSC07121.jpg
注文したのは宮古そば。中が450円、大が500円と50円しか違わなかったので迷わず大を選びました。これで宮古島に来てそばを食べるのは三軒目ですが、一つの共通点を見出しました。沖縄本島、特に那覇では鰹が強く香って濁った出汁が多かったのですが、宮古ではその要素は薄く、薄味仕立てながら塩味が強い出汁が多いということです。ここ大和食堂もそうでした。
そしてこの店の宮古そばも伝統的な盛り付けで、そばの下に具材が隠されています。隠れているのは小ぶりなソーキが三つとかまぼこが二枚。どちらも美味です。麺はぼそぼそした食感で、大分固い茹で上げです。個人的には嫌いではありません。分量も値段に対して気前が良く、大いに満足しました。そばの他にもミニそば付きちゃんぽん600円、ミニそば付きカツ丼650円なども気になります。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC07122.jpg
DSC07124.jpg
DSC07123.jpg
DSC07125.jpg
エンダーには早々に寄ったというのに、モスを失念していました。今日になって漸く宮古島で唯一のモスを訪ねました。個性的な味わいのある素晴らしい店舗です。まず目を引くのが背の高い大きな三角屋根です。全体が緑色に塗られ、真ん中に赤いロゴマークが描かれています。ドライブスルー路には木製の化粧板が奢られ、切り抜き文字のロゴマークがあしらわれています。贅沢な造りです。店内も大いに気になるところですが、如何せんたった今昼食を食べたばかりです。島を去る前に再訪したいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC07118.jpg
DSC07119.jpg
新城海岸からの帰り道でのことです。畑に水を撒くスプリンクラーの水が、完全に道路にまで及んでいるのです。それも水量、勢いともにかなりのものです。言うまでもなく濡れました。南の島の昼下がり、炎天下でのことです。何ら問題はない、というかむしろ歓迎したいくらいなのですが、それは結果でしかないとも言えます。

設定がいい加減なのか、それとも道路を挟んだ反対側の農地にまで水を届かせようとしているのか。何れにせよ無造作に道路にまで撒き散らすとは(笑)
しかもこれは私道や農道ではありません。県道での事なのです。これが大都市だったらとっくに問題になっているでしょう。何とも長閑な離島らしい光景です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC07133.jpg
これまで洗濯は着替えが全てなくなってからまとめてやるのが鉄則でしたが、ここにきて大きく事情が変わってきました。ゲストハウスみやこやは洗濯機も洗剤も無料で、広い屋上もある。こう書くと完璧のようですが、実は致命的な弱点がありました。洗濯物を干す道具が少ししかなくて、全然足りないのです。
こうなれば結論は一つです。簡単な話です。洗濯機が有料で道具が足らないのであれば困ったものですが、無料ならば頻繁に洗濯をすればいいだけのことです。Tシャツとパンツを三枚ずつとタオル、この少量だけを洗濯をしたのはこの旅始まって以来初めてです。それにしても水が貴重な宮古島で勿体ない話です。かといって自分で道具を用意する義理もないのですが。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
屋上に洗濯物を干したところで再びカブで出発しました。そしてこれも朝に予告した通り来間大橋にやって来ました。明日以降満潮時刻はどんどん後ろにずれていき、潮位が高いのは朝のうちか夕方以降という潮になってしまいます。日中の時間帯で潮位が高く、且つ晴天となると事実上今日が最後の機会でしょう。これを逃すわけにはいきません。

DSC07130.jpg
DSC07129.jpg
伊良部大橋や池間大橋に比べると干潮の時との景観の差は少ないですが、その代わりこちらは二つの橋に比べて海面との距離が近いです。伊良部大橋が空を飛んでいるような感じならば、こちらは速い船で海上を駆けるような爽快感です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC07132.jpg
DSC07131.jpg
この流れで当然竜宮展望台も再訪します。前回来た時は辟易するような状況でしたが、今日は何と他に誰もいません。透き通った海の美しさを静かに堪能することが出来て素晴らしいです。夕方四時半と遅かったのがよかったのでしょうか。まあそんな事はともかくとして、やはり宮古の海は何処も本当にきれいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。