即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

Image-1 (54)
DSC07156.jpg
おはようございます。今日の天気は昨日とよく似ています。即ち、予報では晴れとなっていますが実際には雲が多く、それ程の好天ではないということです。そして潮は引き続き海で泳ぐのに不向きです。昨日は完全休養日としたわけですが、今日はまた何をして過ごしたものか思案のしどころです。ただし真っ昼間に一つ用事があります。結局それをするだけで前後の時間が無為に過ぎていきそうな気がしますがorz

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC07157.jpg
DSC07158.jpg
これで確か三度目のことです。本日の朝食は宮古島唯一であり日本最南端の店舗である吉野家でいただきます。
私は大手牛丼チェーン店での注文は原則として完全に固定されています。松屋ではソーセージエッグ定食の豚汁変更、すき家なら牛丼のミニに豚汁玉子セット、そして吉野家では牛丼並のつゆだくに味噌汁サラダセットのごぼうサラダ変更というのがその内容です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC07159.jpg
宮古空港にやって来ました。昼間に用事があると言っていたのはこの事です。沖縄本島から宮古島に来た日、ゲストハウスけらまで仲良くなった日本一周チャリダーと一緒に飛行機に乗ってきて大いに助かったわけですが、何だかんだで上陸後もずっと彼と行動を共にしてきました。昼間は別行動でしたが、たとえば昨日のように前々から予約をして店を訪ねようと思えたのも彼がいたお陰です。
そしていよいよ別れの時が来ました。彼はこの先石垣島に渡ることはせず、今日那覇に戻ります。それを見送りに来たというわけです。

DSC07161.jpg
DSC07162.jpg
私はこの旅を終えたら、老いた母が住む埼玉に戻るでしょう。そして彼の郷里は広島です。互いに旅好きだし、インターネットと携帯端末によって密に連絡を取ることが容易い時代ですから、再会する可能性は多分にあるでしょう。しかし今生の別れとなる可能性もまた否定出来ません。だからこそこうしてわざわざ見送りに来たのです。
そしてこの場を借りて一言礼を述べておきます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC07163.jpg
遅めの昼をモスでいただきます。朝に続いて昼も外食とは珍しいですが、空港に来たついでというのと、島に唯一のモスの店内の雰囲気がどういうものか気になっていたからです。
三角屋根から想像される通りに中央は天井がかなり高く開放感があります。また一部の席では使い込まれた木のテーブルと椅子に味わいがあります。特に上等な部分は何もないですが、全体的に悪くありません。自分で自由に注げる水が置いてあるあたりいかにも沖縄らしいです。

DSC07164.jpg
さて店舗はいいのですが一つ失敗をしてしまいました。折角株主優待券を持っているというのにすっかり忘れていて、全額現金で会計してしまったのです。朝の吉野家では株主優待券を使うのを忘れなかったのですが、頻度が低いモスではつい忘れがちですorz

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC07160.jpg
いよいよ旅は次の舞台へ移るわけですが、ここに非常に大きな問題が立ちはだかります。八年前、前回の日本一周でも宮古島から石垣島へ飛行機で移動したのですが、何ということか、使用機材がかつてのジェット機からプロペラ機に変更されていたのです。揺れが皆無だったジェット機ですら恐ろしくて仕方なかったというのに、プロペラ機に乗るなど生き地獄ですorz
素人ながら推察するに、石垣空港が新しくなって羽田への直行便が就航出来るようになったため機材繰りが変わったことが理由ではないかと思われます。何れにせよジェット機からプロペラ機への変更は許し難いものがあります。

1024_768_q31.jpg
この事を事前に知っていたなら、宮古を切って那覇から直接石垣島へ渡っていたでしょう。しかし後の祭りです。石垣島へ行かず那覇へ戻ることも一瞬本気で考えました。しかし、人生の集大成と位置付けて出発したこの日本一周の旅の、八重山諸島こそが圧巻なのです。それを捨てるわけにはいくら何でもいきません。唯一つの救いは、宮古から石垣までの所要時間が35分とごく短いことです。実際に飛行している時間は15分か20分程度でしょう。そのくらいならばいける、と心を奮い立たせるしかありません。死ぬ気で耐えるしかないようです。

そしてこの事が今後の日程を直接決めることになります。どういう事かというと、どうやら飛行機というやつは雲の中に入ったり雲の近くを通る時に揺れやすいらしいのです。ここから導き出される回答は、雲がない快晴の日に当日その場で決めて乗るということです。ただしバイクを貨物船に預けることも並行してやらなければならないので、曜日が限られます。その巡り合わせがやって来る日まで、宮古島滞在がいつまでも延びることになります。
那覇から宮古へ来た時の飛行機は、搭乗日の一ヶ月も前に切符を買ったものでした。同行者と話が決まった勢いで、ちょうどその時に買えば安かったからなのですが、今思えばあれは本当に無謀でした。結果として当日全く揺れなかったのは奇跡的な僥倖だったと言えます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。