即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

おはようございます。見たこともないような暴風雨の夜が明け、朝がやって来ました。雨はとうに止み、やや強い風が残っているものの、台風は完全に過ぎ去りました。今は薄日が差しています。じきに快晴になるものと思われます。

DSC07975.jpg
昨日の晩酌の時、事前の対処、買い出しが甘かったことを痛感しました。あてがスナック菓子しかないという結果に陥ったのです。しかしよく考えたら二日程度だったら持つものなど幾らでもあります。たとえばトマト。そう、トマトを買っておけばよかったと痛烈に後悔しました。あとは密閉された容器に入ったハムやチーズなどです。スナック菓子だけをつまみながら酒を飲んだので、目を覚ましたところで少々胸焼けしていますorz
昨日の美ら宿石垣島はこれまで見たことがないくらい館内が混んでいました。まあ当然でしょう。一泊、二泊で来ている人は外に飲みに行く人が殆どなのですが、昨夜は開いている店などなく、それどころか一歩外へ出るのも危険な状態でした。談話室の空席を探すのも大変という状況は初めてでしたし、また台風が来ない限りないでしょう。しかしそれで却って良い事もありました。他の宿泊者と楽しくゆんたくが出来たのです。普段は同じテーブルに相席することなどなく、ここまで混んでいたからこそです。

さて今日は、明日から西表島へ行くので今日のうちにまとめられる荷物はまとめ、幾つかの情報を漁るなどして過ごします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC07976.jpg
朝食の用意も何も出来ませんでした。しかしコンビニに行ったところで弁当やパン類の棚がまだ空であろうことは確実です。となると唯一の選択肢はカップ麺ですが、昨晩スナック菓子しか食べなかったことと空腹により少々気持ちが悪く、とてもそんな気になれません。そこでヨーグルトと味噌汁だけをいただきます。朝食に満たない内容ですが、これらが腹の中に落ちていったら救われた気分になりました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC07977.jpg
昼食に平良商店を再訪しました。この店にもう来ることはないと思っていました。それよりも再訪したいのは大城食堂やあさひ食堂であり、何より未訪問で行ってみたい店をまだ全て消化していません。それでもここに来たのには事情があります。
昨晩他の人と楽しくゆんたく出来たと言いましたが、その人が石垣島を去る前にどうしてもこの店に行きたいと言っていたのです。そこで迷わず同行した次第です。今日は朝がごく軽くなってしまい、結果として、お馴染みの昼食を外でしっかり食べる流れになりました。当人が開店一番で入りたいと言っていたこともあり、私にとっても渡りに船の展開だったというわけです。

DSC07978.jpg
前回は初訪問でありながら変化球と言える辛味噌野菜そばを注文しました。今日は普通のそばをいただきます。ただし非常に空腹なのでソーキそばにして、さらに食べ辛いと酷評したジューシーをまたも付けてしまいました。食べてみて、明石食堂のそばと同じ感想を持ちました。即ち、余りに洗練され過ぎていて八重山そばを食べているという感じがせず、熱い満足感がないのです。特に出汁。
しかし、幼い頃から八重山そばを食べ続けてきた地元の人にとっては、これは正常進化とも言える歓迎すべき一杯なのかも知れません。だからこそ賞を獲り、来客が途絶えないのでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
2047.png
明日から西表島へ渡ります。台風も去って漸く島旅が再開出来る、気分も高揚しているわけですが、この段階で縮小計画を発表するなど前代未聞のことです(笑)
とはいってもこの土壇場に来て急遽計画を変えたわけではありません。前回西表島に行った時よりも旅程を縮小する、島の面積や見所の数の割には短めの日程で行くということです。今回は初めからそのつもりだったのです。

まずは金の問題があります。西表島の旅は何かと金がかかるのです。安宿らしい安宿もなく、一泊三千円が最低の線です。活動も然りです。西表島は何といっても山遊びの島です。勿論無人島に上陸するツアーやダイビングなども楽しめますが、そこに西表の真髄、西表の旅ならではの個性はありません。カヌーで亜熱帯のジャングルの中の川を上っていき、山道を歩いて幾つかの滝を訪ねる。これこそが西表の旅です。
然るにカヌーで川を上るには店が催しているツアーに参加するしかありません。これをやるには八千円から一万円もの料金がかかります。前回西表島を訪ねた時は、古い旅仲間であるサエさんを訪ね、彼女とご主人が営まれている店にご厚意で世話になりました。サエさんとは初めて出会ってからそれまでの間、年賀状のやり取りだけで細々と関係を保ってきました。しかし私は親父が死んだのを機に自分から年賀状を出すのを止めてしまい、この関係も途絶えてしまったのです。この期に及んでいきなり訪ねていくなどそんな無礼で図々しいことは出来ないし、高額な料金を払って別の店のツアーに参加する気も起こりません。
ついでに言うと、虫が好きではありませんが、西表島というのはこれが他の土地のものよりも一回り以上大きくて気持ちが悪いのです。しかし山道を歩くには大きな虫との遭遇は避けられません。

カヌーによる川上りや滝探検をしないのなら、西表島の旅の意義の大半を失ったと言っても過言ではありません。実は今回、西表島にはそもそも行くか行かないかで迷っていたのです。しかし、面積も大きくて走り甲斐があり、石垣島から船で簡単に行ける島に行かないというのはいくらなんでもやり過ぎ、西表島の地を踏むという風情は捨て難いものがあります。
そこで山遊びを省略することを前提とした短めの行程で行くことにしたのです。これが縮小計画の全容です。西表島は内陸には一切道がなく、海岸線の道路のみ、それも島の半周分しか道が通じていません。これをくまなく走り、各地の見所をおさえていっても二泊あれば大丈夫でしょう。しかし流石にそれでは慌しいし、雨に降られたら厄介なことになります。また、折角貨客船でカブを運んで行くのに二泊だけで戻って来ては却って勿体ないとも言えます。そこで今回は四泊の行程としました。ちなみに八年前の西表島行の時は七泊でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。