即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

←前の頁  | ホーム | 

DSC08015.jpg
DSC08016.jpg
DSC08017.jpg
DSC08019.jpg
表題のところにやって来ました。ここは一周道路沿いにあり、整備された遊歩道を一分も歩けば簡単に見学出来るのでおすすめの場所です。特徴的な衝立のような板根を間近から見ることが出来ます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08022.jpg
DSC08023.jpg
続いて古見のサキシマスオウノキ群落のすぐ近く、西表野生生物保護センターにやって来ました。無料で見学出来るという天晴な施設です。イリオモテヤマネコを筆頭に西表島の生物についての展示、解説があり、イリオモテヤマネコの剥製は見応えがありました。ちょうどトイレにも行きたかったので一石二鳥でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08024.jpg
一周道路を反時計回りにさらに延々と走って来ました。信号も交通量も全くない道をこんなに長距離、長時間走ったのは、本島北部のヤンバルを訪ねて以来です。そして辿り着いたのが大見謝ロードパークです。目の前を海を一望し、その向こうに鳩間島が真正面に見えるのが素晴らしいです。ただ潮位がかなり低いらしく、近景は海というより干潟になっています。しかし西表島らしい眺めだとも言えます。

DSC08027.jpg
DSC08025.jpg
階段で川辺に下りることも出来ます。流れの激しい川の向こうにヒルギの林が見えます。川上りのツアーには参加しないと言いましたが、このロードパークのお陰で西表島らしい景色の一端に触れることが出来ました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08029.jpg
山に入って滝を訪ねることが西表の旅の真髄だと言いましたが、その筆頭であり象徴であるのがピナイサーラの滝です。断崖を垂直に落ちる滝口まで行くことが出来、また下の滝壺で泳ぐことも出来るのです。今回それは叶わないわけですが、海中道路の袂の駐車帯からこの滝を遠望することが出来ます。それも真正面からかなりはっきり見えます。写真では伝わらないかも知れませんが、水量の多さと水の落ちる速さからくる迫力が遠くからでもよく分かります。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08031.jpg
DSC08030.jpg
上原港や今日泊まる宿の前を一旦通り過ぎて星砂の浜にやって来ました。意外と多くの人が水遊びに興じています。入江の海は非常にきれいで、岸部に立つだけで熱帯魚の姿が見えます。大好きなルリスズメダイ、それからトゲチョウチョウウオの幼魚を見られたのは収穫でした。近くの喫茶店が大音量で音楽を流していて波の音を聞く邪魔になっているのが残念でしたが、西表島は山だけでなく海も良いということを発見出来ました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
上原の西部にあたる住吉地区を周回する道を走ります。ここは西向きに開けた高台から海を見渡す非常に気持ちのいい地区で、前回泊まったふる里荘やサエさん御夫妻が営まれてる店「ぱいしぃず」もここにあります。その突端が宇那利崎です。ここは素晴らしいところです。

DSC08033.jpg
DSC08034.jpg
DSC08035.jpg
きれいな芝生と広大な駐車場が整備され、展望台からは大海原を一望します。八重山は何処にいても周囲を他の島々に囲まれているような景観ですから、島影が全く見えない大海原の眺めは新鮮です。ここから先にあるのはもう与那国島だけで、ただし80km程も離れているのでその姿は見えません。岩肌が見えて垂直に切り立って崖が海に迫る景色も、隆起珊瑚の島では見られないものです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08039.jpg
DSC08040.jpg
本日泊まる宿に到着し、取るものも取り敢えずカブを洗車しました。波が高く船が揺れた割には車体全体に派手に潮を被ることはなくてよかったのですが、ウィンドシールドやヘッドライトを見るとやはり細かい飛沫を浴びた跡がびっしり付いています。長いホースや広い敷地など、存分に洗車出来る環境だったので非常にありがたいです。
この際だからバイクの前部だけでなく徹底的にやらせてもらいました。というのは、美ら宿石垣島は全施設がビルの二階にあるので全く洗車は出来ないのです。だから石垣島に上陸して以来カブが汚れ放題でした。ただ雑巾がないので水を掛けるだけになってしまうのですが、それでも潮や泥汚れを落とせるだけでもかなり違います。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。