即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム |  次の頁→

DSC08028.jpg
おはようございます。西表島で朝を迎えました。今日は朝一番でさがり花が見られる場所に行こうと思っていたのですが、七時近くまで寝てしまったので諦めました。しかし昨日は初日から活動を詰め込んだし、今日は宿を替わらなくてはなりません。だからこれは全く問題なしです。滞在中に一度は見に行きたいと思います。
雲が多めですが晴れています。実は昨日は何度もスコールに見舞われて大変でした。時に無視して走れない程の土砂降りになるのでなかなか進めなかったし疲れました。午後二時頃から晴れ渡ってスコールもなくなったのですが、今日は空が安定してくれることを願います。今日は昨日行かなかった西部の突端まで進んで行きます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08036.jpg
DSC08041.jpg
DSC08037.jpg
昨日世話になった宿を紹介します。上原にある民宿、カンピラ荘です。建物は古くくたびれており、安いものです。しかし隅々まで清掃と手入れが行き届いていて快適なのです。十日町の商人宿「信江」に偶然泊まって以来、新しいだけで持っているようなビジネスホテルよりもこういった宿に泊まりたいという思いを強くしてきました。しかし現実はたまに奮発しても泊まるのは画一的なビジネスホテルばかり。移動を繰り返す忙しい旅の道中では宿を探す時間も環境も限られている故、仕方のないことでした。西表島まで来てやっと再び叶った気がします。

DSC08046.jpg
DSC08042.jpg
トイレやシャワーも清潔で、部屋の冷房もよく効きます。そして印象的だったのは、部屋の鍵にディンプルキーが奢られていることです。古くて薄い木の扉とディンプルキーの取り合わせは可笑しいですが、直せるところは直して大事に使い続けるという姿勢が象徴されています。また食堂がとても広く、夕食の提供はないのですがここを自由に使って飲食出来ます。食器なども乱れなく整然と置かれていて、気持ちのよい空間です。

むろん欠点もあります。壁が薄いので隣室の音が筒抜け、早朝からのテレビの音や年寄りの咳払いには少々参りました。またシャワー室は脱衣室というものがなくそのままロビーに面していて、中で服を着なければなりません。足が濡れたままで服を着なければならず不都合でした。

DSC08043.jpg
しかし欠点はこのくらいで、大いにすすめられる宿です。そして立地は極上です。上原港から歩いて三分、目の前がスーパーなのです。そのスーパー川満は地元の人で賑わっており、酒類にパン、揚げ物など一通りのものは揃います。これで冷房が自由に使える個室で一泊三千円とは実に良心的、ここに連泊出来ないのは残念ですが、これならば満室の人気も当然でしょう。ちなみに風呂トイレ付きの部屋は千円高く一泊四千円となります。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08047.jpg
本日の朝食は、そのスーパー川満で買ったパンと豆乳です。離島で宿の朝食を辞退して安く済ませようとしているのだから、これで上出来の内容と言えるでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08049.jpg
DSC08050.jpg
浦内川の畔に来ました。展望台に上ると、見渡す限りの広大なヒルギ林が広がっています。奄美や沖縄でこれまで何度かヒルギの群落を見てきましたが、規模がまるで違います。流石は西表島という風景です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08051.jpg
DSC08052.jpg
一周道路をさらに走って南へ進むと、子午線モニュメントなるものが現れます。東経123度45分6.789秒を示す碑です。我が国の標準時を定めている地点から11度以上も西にいるわけであり、国土の果てを旅している実感が湧きます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08053.jpg
星立の集落にある西表島郵便局を再訪します。上原港周辺に局がないのが意外でもありますが、こちらの方が民家は多いようです。ひんぷんに乗ったイリオモテヤマネコの像が印象的だった西表大原郵便局に対して、こちらは何の変哲もない局舎です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08054.jpg
DSC08055.jpg
西表島の西側の道路の行き止まりである白浜まで来ました。こちらは南風見田と違ってささやかながら集落があります。その集落の真ん中が一周道路である県道215号の起点でした。そして白浜には港があります。これより白浜港から船でしか行けない集落、船浮に向かいます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08056.jpg
DSC08059.jpg
DSC08058.jpg
白浜港は小さな集落には似合わないくらい広々としていて、風が吹き抜けて気持ちのいい所です。周囲を小島や岬に囲まれて水平線が見えない様は八重山離れしていて、内地の海辺のような景色です。

DSC08057.jpg
そして港にある白浜停留所が日本最西端のバス停です。最南端のバス停ばかりに気を取られていて失念していました。こちらも豊原停留所と同じ小さな表記がありました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08060.jpg
DSC08063.jpg
船でしか行けない集落、しかも定期船で誰でも気軽に行けるのは貴重です。僅か10分の船旅で往復960円と結構な料金ですが、ここまで来たからには行かない手はありません。航路の存続に貢献すると思えば高くはありません。

DSC08061.jpg
DSC08062.jpg
乗客は私を入れて十人、この距離、この輸送量にしては立派な船が奢られています。もしかしたら万が一の時に船浮集落の人達全員を輸送するためなのかも知れません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08064.jpg
DSC08069.jpg
DSC08067.jpg
DSC08065.jpg
DSC08071.jpg
DSC08070.jpg
船浮港に降り立ちました。切り立った断崖が海に迫り、人の暮らす土地はイリオモテヤマネコの額くらいしかありません。集落はごく小さなものです。それにしても船浮という名前は船でしか行けない集落としてこれ以上ないくらいに似合っています。

DSC08066.jpg
DSC08068.jpg
港には二台の軽トラが停まっていますが、どちらもナンバープレートが付いていません。これは違法なのでは(笑)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。