即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC08101.jpg
おはようございます。今朝の西表島は雲がたいへん面白い表情を見せています。基本的には晴れていて、予報も好天です。しかしこの雲を見るに何回かの通り雨はあるかも知れません。今日は昨日とは反対に、上陸初日の一昨日も走った島の東部に移動して活動する予定です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08102.jpg
昨日に続いて朝食は予め買っておいたパンです。この豆乳が甘いのが難点ですが、離島の食生活に我慢は付きものでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08103.jpg
DSC08104.jpg
DSC08106.jpg
DSC08105.jpg
今日は東部の仲間川の河口にやって来ました。そして遊覧船に乗船します。往復約一時間の行程で料金は1,800円というのは昨日乗った浦内川の遊覧船と全く一緒で、船の大きさや造りも酷似しています。そして川上りの風情も眺められる景色も大体似たようなものです。しかし、勿論細部には違いがあります。

DSC08112.jpg
DSC08111.jpg
両側に山が迫る浦内川に対して、こちらは川幅がかなり広く開放的な眺めです。浦内川のように景色の変化は楽しめませんが、行けども行けども広大なマングローブ林が続く様は圧倒的です。そしてまるで針葉樹のように細長く、高く、真っ直ぐに伸びているオヒルギが多いのが目を引きます。

DSC08113.jpg
DSC08107.jpg
引き続き干満の差が激しい大潮です。昨日の浦内川の遊覧船でも浅瀬で最徐行したりする場面がありました。こちら仲間川では干潮時は運航不能になるそうで、今は午前九時と九時半の便しかないとのこと。それに合わせてやって来たというわけです。水量たっぷりの川を上るのはまた違った風情があって、こちらもいいものです。そして船はほぼ満席の盛況です。大型バスがやって来て団体が乗り込んできた時にはどうなることかと思いましたが、中国人ではなく日本人だったので本当によかったです。船内は静かなものです。
そして船長に右側と左側どちらがおすすめかと聞いたら右と即答されました。右側の最後尾という特等席をおさえて悠々と景色を楽しみます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08118.jpg
DSC08114.jpg
DSC08115.jpg
DSC08116.jpg
DSC08117.jpg
遊覧船の折り返し地点で一旦上陸し、整備された遊歩道を三十秒も歩くと樹齢四百年のサキシマスオウノキの巨木を拝むことが出来ます。ただただ見事、素晴らしいとしか言いようがありません。この板根が古くは建材にも使われていたというのも納得がいきます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08120.jpg
DSC08122.jpg
DSC08123.jpg
西表島の最東端にあたる野原崎に来ました。道沿いに駐車場と東屋が整備されていて、ここからの眺めが秀逸です。まず目の前真正面に小浜島があります。本当にすぐ近くです。その左に嘉弥真島と、その向こうに石垣島。写真では伝わりそうもありませんが、市街地に建ち並ぶビルの様子もはっきり分かります。小浜島の右側にほんの少しだけ見えている黒島、その右に新城島。宇那利崎とは対照的な、幾つもの島々を見渡すいかにも八重山らしい景色です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08124.jpg
朝がごく軽かったので正午を待たずに早くも空腹です。上原まで戻って来たところで今日も食堂で昼をいただきます。上原港の目の前にあるその名もデンサー食堂です。ここは先日上原に来た時臨時休業でした。

八重山そば、焼きそば、カレー、炒飯、ゴーヤーチャンプルー、豆腐チャンプルー、味噌汁、親子丼、豚丼、豚キムチ丼というのが品書きの全てです。どれも決め手に欠けて迷った末、700円の豚丼ミニそば付きを注文しました。南の島の食堂で出てくる「豚丼」がどういう料理なのか、想像も出来ない面白さがあったからです。豚丼といえばまず思い浮かぶのが厚切り肉を炭火で香ばしく焼いて甘辛いタレで味付けした十勝の豚丼、それから吉野家で牛丼が出せなかった時代に主役を張っていた豚丼、この二つです。何れともまるで違う内容であることは間違いなさそうです。

DSC08125.jpg
焼いた豚肉と玉葱がご飯の上に乗っているという代物でしかありませんでした。ただ汁気が多くご飯全体をねっとりと包み込んでいる食感は悪くありません。味付けは沖縄の多分に漏れず薄ぼんやりとしたもの。やはり私的には七味唐辛子を多めに振りかけて食べるというのが今のところの回答です。コーレーグースよりもピパーチよりも七味が合うのです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08126.jpg
DSC08127.jpg
宿に戻って来て洗濯をします。真っ昼間に洗濯出来るのは連泊の特権です。実は着替えはあと一組残っているので、明日洗濯をしようと思っていました。ところが嬉しいことに洗濯機、洗剤共に無料だったのです。そこで今日のうちに大部分を洗濯しておいて、明日の夕方シャワーを浴びて着替えた後に改めて着替え二組を洗濯すれば、次の島旅の間洗濯をせずに済みそうです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。