即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム |  次の頁→

おはようございます。与那国島の久部良、日本最西端の町で朝を迎えました。

DSC08483.jpg
一日を振り返って、今日は本当に良い日だった。そう思える日というのは、これだけ長く旅を続けていてもごく僅かしかありません。昨日は夕暮れまではまさにそうでした。快晴で風は穏やか、与那国島までのフェリーは全く揺れず景色も明瞭で、最高の航海でした。与那国の島影が微かに見え始めるところから楽しめたのです。上陸しても天気はそのままでした。記念すべき西崎到達のその時を、快晴の下で迎えられたのです。
宿に入っても良い流れが続きます。予約したのは一泊三千円、トイレ、シャワー無しという部屋だったのですが、宿の側の都合で本来は五千円の部屋に通されたのです。これはビジネスホテルでもよくある事ですが、三千円が五千円とは凄い。ビジネスホテルで4,800円の部屋を予約して行って、8,000円の部屋に通されたらと考えてみて下さい。何が違ったかというと、部屋にトイレとシャワーが付いていたのです。これは天地の差です。
トイレやシャワーのためにいちいち服を着て共用の廊下に出る必要がないのです。特に有り難いのは、シャワーを浴びた後すぐに服を着なくていいことです。全裸のまま汗が引き体が乾くまで涼むことが出来ます。人並外れた暑がりの私にとってこれは本当に大きいのです。

日本で最後に沈む夕日を見に再び西崎へ。依然として快晴で、最西端の碑の向こうに美しい夕焼けが広がります。しかしここから少し歯車が狂い始めました。あんなに晴れていたというのに、まさに夕日が沈んで行こうとする直前になって水平線上の雲が一気に増えてしまったのです。しかしこれは夏の南の海ではよくあること。水平線に夕日が沈むところなど見られる方がむしろ稀なのです。夕映えを見られただけでもよしとすべきでしょう。ところがこの後、最後の最後になって決定的に画竜点睛を欠くことになってしまいました。
夜は勿論日本最西端の居酒屋を訪ねました。中に入るとかなり混雑しています。嫌な感じですが、カウンターのうちの一席がきちんと空いていて整然と箸が置かれています。胸を撫で下ろしてその席に着こうとすると、予約で一杯だと断られてしまったのです。実はここに至るまでに紆余曲折がありました。
与那国への旅程を決めた時点で、すぐにこの居酒屋にも予約の電話を入れたのです。これに対して店の人の返答はこうでした。うちは予約は八時までしか取らない、八時以降は直接来てくれと。日没を見届けてから宿に戻ってシャワーを浴び、居酒屋を訪ねればどうしても八時を回ります。了承して電話を切りました。
そして昨夜この店を訪ねたのはやはり八時を少し回った時でした。だからこそ空いているカウンター席に着けると思ったのです。その事を伝えると、今日は予約が立て込んでいてこれで二回転目なんです、だから…と。話が違うし、全く答えになっていないし説明にもなっていません。ですが、沖縄ではこの程度のてーげーはよくあることです。どのみち断られてしまって座れないものはどうしようもありません。もう一軒の別の店を訪ね、こちらも本日満席の貼り紙がありましたが無視して中に入ったところ、片付け待ちの席が一つ空いていてどうにか滑り込むという結末でした。

むろん日本最西端の居酒屋を訪ねないわけにはいきません。日没を見届けてからでも、八時を僅かに回るくらいで訪問出来ることが分かりました。そこで今日は八時に予約を取ってあります。満を持して再挑戦します。また何か紛れが起こらないとよいのですが。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08500.jpg
DSC08501.jpg
DSC08502.jpg
昨日日本で最後に沈む夕日を見たということは、日本で一番遅い日の出を迎えたということでもあります。昨日の日の入りは19時33分、空が完全に暗くなったのは20時を過ぎてからです。そして今朝の日の出時刻は6時13分でした。東京より一時間半も遅いです。さて、嬉しいことに今日も朝から快晴です。本日の予定は言うまでもありません。与那国島を一周します。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08503.jpg
DSC08504.jpg
DSC08505.jpg
本日の朝食は、石垣島から持ってきたパン、これに日本最西端の商店である大朝商店で買ってきた牛乳を一緒にいただきます。店は久部良港の目の前、看板にはその旨書かれています。規模や品揃え、雰囲気は波照間島の共同売店と似たようなものです。無休で朝六時半に開店するというのも天晴れです。朝から赤い顔をして快活な店のお姉さんも実に魅力的です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08507.jpg
DSC08512.jpg
DSC08508.jpg
DSC08510.jpg
DSC08513.jpg
DSC08517.jpg
DSC08518.jpg
DSC08523.jpg
DSC08525.jpg
初めて、またはかなり久し振りに訪ねる島ではまず時計回りに走るのが定石ですが、今日は敢えて逆打ちをします。久部良の集落から反時計回りに走り始めました。与那国島の南岸が絶景道路で、朝の柔らかい日差しの中ここを走ったら最高だろうと思ったからです。
逆光というのは片手落ちでしたが、景色は非の打ち所がありません。視界が開けた海際の断崖上を延々と往き、山側にカーブを切るところなど海に飛び出すかのような爽快感です。牧場の名が付いているのはヨナグニウマが放牧されているからで、その馬達にも間近で出会えました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08526.jpg
DSC08516.jpg
その南牧場の区間の両端には、馬がこの範囲から出られないようにするテキサスゲートがあります。かなり間隔が大きく溝も深く、タイヤの細いカブでここを通るには細心の注意が必要です。最徐行で通過します。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
少し迷った末、南牧場の区間を往復して久部良まで戻って来ました。順光の景色も楽しめた上、改めて久部良を起点に時計回りで与那国島を一周出来るというわけです。

DSC08527.jpg
DSC08528.jpg
まずは表題の場所にやって来ました。碑が一つあるだけで標高もそう高くなく、残念ながら西崎に比べると格落ちです。しかし西崎を横から見る眺めは良いものでした。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08531.jpg
DSC08533.jpg
久部良バリを訪ねます。人頭税の時代に妊婦にここを飛ばせて人減らしを行なったとされる、深い岩の切れ目です。幅は3mから5m程もあり、屈強な男でもここを飛び越せる人は稀でしょう。傍には慰霊のための菩薩像と、それを安置する祠があります。

DSC08530.jpg
目の前の海岸は洗濯板のような地形をしており、透明な美しい水が洗っています。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08534.jpg
DSC08535.jpg
DSC08536.jpg
引き続き島一周をどんどん進めていこうかと思ったのですが、フェリーよなくにの出港時刻が近いのでこれを見るべく西崎にやって来ました。港に船が出入りする様子を俯瞰するのは実にいいものです。利尻島のペシ岬の頂上でわざわざ三十分程待って同じ事をしたのはちょうど一年前、あの時のことが思い出されます。西の果ての島で北の果ての島のことを思い出すのも、これも実にいいものです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08540.jpg
DSC08538.jpg
時計回りの一周を再開します。まずは与那国空港に立ち寄りました。駅、港、空港があると用がなくとも立ち寄りたくなるのが交通趣味人の性癖ですが、離島においては空港の持つ機能もまた大事になってきます。即ち、空港には食堂があり、土産物屋があるということです。とりあえず与那国島ステッカーが売られていることを確認しました。

DSC08539.jpg
発着するのは石垣行きが一日に三往復、那覇行きが一往復です。札を使った到着案内が残るなど、昭和の佇まいが健在です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08541.jpg
DSC08542.jpg
祖納までやって来ました。港内の海が恐ろしいくらい透き通っています。橋の上からでも底の様子まではっきり分かり、何種類かの熱帯魚が泳いでいるのがよく見えます。殺伐とした港の風景との対比が印象的です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。