即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

おはようございます。八月も今日で終わりです。昨日は朝寝坊をしてしまったからカブで出掛けるのは諦めて町歩きをするのだと言いましたが、結局町歩きすらしなかったのです。折角天気が良くなったというのに何とも勿体ないことをしてしまいました。バイク整備のために買わねばならない部品を調べたり注文したりするのに予想を大きく超えて時間がかかり、あっという間に午後二時近くになってしまった上にぐったりと疲れてしまったのです。

DSC08975_20180831170604726.jpg
今日も空は晴れていて、二日続けてこれを無駄にするわけにはいきません。今日こそはカブで遠出をしたいと思います。残り日数も僅かになった沖縄の風景を心に刻み付けます。カブに火を入れるのは実に八日振りのこと、すんなりとエンジンがかかるでしょうか。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08974_20180831170603e48.jpg
カブで遠出をしようとすると気が逸り、朝食は手早く済ませて早く出発したい気持ちになります。が、追加で買った米をどんどん消化しなければならないので昨日四食分をまとめて炊いたのです。またこの時間に出発したところで那覇の朝の渋滞に巻き込まれるだけです。心を落ち着けていつも通りの朝食を調えていただきます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08977_20180831170607b32.jpg
DSC08976_2018083117060515d.jpg
九時になるのを待って出発しました。先ずは沖縄本島南部を東西に貫く動脈である国道329号を東へ走ります。そして休憩がてらモスの南風原店に立ち寄っていきます。
この時間なので店内に入って食事をしていくわけではありませんが、再訪する価値が十分にある素晴らしい佇まいです。モスの建物それ自体のみならず、昔ながらの小さな店舗郡と敷地を共有する様や雑然とした駐車場、その敷地内に古い赤白配色の看板が残るなど見所が満載です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08978.jpg
東海岸を北へひた走って海中道路まで来ました。海中道路とその先の島々が今日の目的地です。地図で見た感じとその名前から絶景道路を想像しがちですが、実際には見掛け倒しです。歩道がとても広いこと、大部分は橋ではなく盛り土で、コンクリートでしっかりと護岸されているのがその理由です。海中道路よりもむしろこの道によって結ばれた小さな島の風情を味わうことが目的です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08985_20180831170812d31.jpg
DSC08980_2018083117080878b.jpg
DSC08981_201808311708098b6.jpg
DSC08984_20180831170811a84.jpg
橋を渡って浜比嘉島に来ました。豪快な快走路である海中道路と小さな静かな島の風情との対比が印象的です。道がごく狭い集落の佇まいも秀逸です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08988_201808311709358be.jpg
DSC08986_20180831170932516.jpg
DSC08987_20180831170933b40.jpg
DSC08989_201808311709360b9.jpg
DSC08990_2018083117093825f.jpg
DSC08991_20180831170939686.jpg
DSC08992_20180831170941e3c.jpg
事実上の石油基地と化している平安座島、平安座島と殆ど離れておらず海峡だか川だか分からない宮城島を走り抜けて端っこの伊計島まで来ました。伊計島には主に三つの魅力があります。宮城島から伊計島に渡る橋の上から見る海の美しさ、どこまでも続く直線路とさとうきび畑が織り成す広々とした景色、そして道が狭く古い集落の佇まいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08993_20180831171110566.jpg
今日の昼はここしかないと決めていました。再び海中道路を走って沖縄本島は与勝半島に戻って来たところで、勝連の麺家丸翔を再訪しました。ランチマップに掲載されていたのを理由に以前に一度食べて、その美味を絶賛しました。

DSC08994_2018083117111210a.jpg
屋号を冠した丸翔そばの大750円を注文しました。澄んで上品な出汁がとても良く、自家製の麺は滑らかでもちもちしていながらしっかりしたコシがあり、他店とは次元の違う味わいです。本ソーキ、軟骨ソーキ、スーチカーが乗りますが、どれも食感、味わいともに最高です。また、着色した紅生姜を使っていないのもたいへん好印象です。
沖縄本島各地や宮古、八重山でもそばを食べ歩きましたが、この店がダントツの一位だと言い切ります。非の打ち所がない美味とはこれを言うのでしょう。もしこの店が那覇の市街地にあり、そしてこの値段で出していたなら、連日大行列になってしまうでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
勝連城跡にやって来ました。ここは今帰仁城などと違って見学無料なので、ならば前を通るからには再訪するのみです。

DSC08995_20180831171113edc.jpg
DSC08996_201808311711154b0.jpg
DSC08999_2018083117111883b.jpg
DSC08998.jpg
巨大な遺構それ自体の価値はもちろんのこと、周囲360度の大展望が秀逸です。周りの海や、先程走った海中道路とその先の島々を一望し、それだけでなく沖縄本島も南から北まで一望してその地勢がよく分かるのです。細長く突き出た半島の付け根という絶妙の立地がもたらす絶景です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
約120kmを走って那覇に戻って来ました。一日にこんなに長い距離を走ったのは西表島以来です。ただし交通量が全くなかった西表島と車の多い沖縄本島南部では疲労の度合いがまるで違います。カブで走ってここまで疲れたのは本当に久し振りのことです。

DSC09000.jpg
ちょうどガソリンも空になったので給油しました。それとともにタイヤの空気圧も調整しました。沖縄でカブで本格的な遠出をするのは今日で最後でしょうか。まだあと一日、南部の方を回ってみたいという気持ちもありますが、まだ分かりません。それがなければ次は全ての荷物を積んで移動を始めることになります。
とりあえず空気圧を全積載の時に合わせて前1.9、後2.8の高い数値にしました。最小限の荷物だけを積んで走る沖縄の旅の間は前1.8、後2.2くらいにしていたのです。全積載仕様の空気圧にするのは実に八ヶ月半ぶりのことです。いよいよという感じがします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。